“時候の挨拶”って

いつどんな言葉を使えば良いのか

なかなか難しいですよね。

 

少しでも日がずれると

もう使わない言葉だったり,

その時期に合った言葉を

選ばなければ失礼にあたる...

 

そんな時候の挨拶の1つに

“夏至の候”という6月頃に

使う言葉があります。

 

今回は,この時候の挨拶

“夏至の候”に注目して,

・“夏至の候”の時期

・“夏至の候”の使い方・例文

などをまとめました。


スポンサーリンク



“夏至の候”が使える時期はいつからいつまで?

時候の挨拶の一種である

“夏至の候”が使える期間ですが,

6月21日頃~7月6日頃までです。

 

この期間の前や過ぎた後では

また別の時候の言葉が相応しく,

“夏至の候”は不相応

となってしまいます。

 

“夏至の候”が使えるようになる

6月21日頃よりも前の場合は,

“芒種の候”6月6日頃~

使えなくなる7月6日頃以降は,

“小暑の候”~7月22日頃

 

などの言葉を使うことが

正しいとされています。

 

「二十四節気」の中の1つ“夏至”

時候の挨拶を考えるときは

“○○の候”「○○」について

調べると分かりやすいと思います。

 

まずは“夏至の候”,

「夏至」の日について

考えてみましょう。

 

「夏至」は1年の中で

最も昼が長い日とされています。

 

「夏至」という言葉自体は

どんな日を指しているのか,

は大体知っている人が多いと思います。

 

こういった時候の挨拶での

“○○の候”「○○」は,

旧暦で季節を表すために

用いてきた二十四節気の

言葉が使われることが多いです。

 

二十四節気で有名所としては

「夏至」「冬至」「春分」「秋分」

「立冬」「立春」「立夏」「立秋」

の8つではないでしょうか?

 

カレンダーにも書かれていて,

特別な行事もあることが多いので,

 

それが何日頃なのか,

は知らなかったとしても

言葉は良く見ると思います。

 

この二十四節気の言葉は

そのまま“○○の候”とすれば

時候の挨拶として使えるので,

 

それぞれの言葉が指す日にちを

知っておけば,時候の挨拶の

言葉選びも難しいものでは

なくなるでしょうね。


スポンサーリンク


二十四節気の種類と日にち一覧

“○○の候”と時候の挨拶として

そのまま使うことが出来る

二十四節気についてまとめました。

 

今回の中心“夏至の候”のように

“○○の候”と使える

言葉を知ることで,

 

時候の挨拶への抵抗感は

大幅に薄れることでしょう。

 

「小寒」1月5日頃~「大寒」1月20日頃~

「立春」2月4日頃~「雨水」2月19日頃~

「啓蟄」3月6日頃~「春分」3月21日頃~

 

「清明」4月5日頃~「穀雨」4月20日頃~

「立夏」5月6日頃~「小満」5月21日頃~

「芒種」6月6日頃~「夏至」6月21日頃~

 

「小暑」7月7日頃~「大暑」7月23日頃~

「立秋」8月7日頃~「処暑」8月23日頃~

「白露」9月8日頃~「秋分」9月23日頃~

 

「寒露」10月8日頃~「霜降」10月23日頃~

「立冬」11月7日頃~「小雪」11月22日頃~

「大雪」12月7日頃~「冬至」12月22日頃~

 

二十四節気の日にちは年によって

ちょっとずれる事もあります。

 

この大体の目安を見て,

今年のカレンダーを見て,

その上で今がどこに当たるかを

考えるのが良いでしょう。

 

そして“○○の候”として

手紙やハガキで時候の挨拶として

書くことが出来ます。

 

二十四節気という言葉は

昔から大切にされ,

季節を感じる大事な役割があります。

 

この二十四節気が描かれた本は

てぬぐいで出来ているのです。

 

季節の過ぎ去りとともに

和の心も感じられる,

こんな粋な商品を持つことで

二十四節気というものを

身近に考えられるように

なるのではなでしょうか?

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2