たまの休みに、昼間からお酒を飲みながら好きなお肉を焼いて食べるのは、

言い難い幸福を感じるものです。

また、1人だとお店に焼肉を食べに行きにくいという方でも、

ベランダでなら1人焼肉を気軽にできると思います。

もちろん、家族や仲間たちと集まってワイワイ焼肉をするのも楽しいですよね。

 

しかし、お店での焼き肉と違って、

ベランダで焼肉をするときには、近隣の住民に対する煙対策などが必要になってきます。

楽しい焼肉の後にご近所さんから苦情が入ったなんてことは避けたいですよね。

 

そこで今回は、一戸建てのベランダで焼肉をするときに注意したいこと、

そして煙対策に使えるおすすめの道具などを紹介していきますよ!


スポンサーリンク



一戸建てのベランダで焼肉をするときに注意したいこと

煙と臭い

一戸建てのベランダで焼肉をするときに注意したいこととして、

一番に挙がるのが、煙と臭いです。

焼肉をするような暖かい時期なら周りの住民も窓を開けていることも多いでしょうし、

「近くで焼肉をやっているな」と間違いなく気付きます。

 

気付くくらいで終われば良いですが、

「臭いがするから窓を開けていられない」や

洗濯物を干していたりすると「洗濯物に臭いが付いた」などなど、

苦情の原因になってしまうことも珍しくありません。

 

一戸建てのベランダでの焼肉の際には、

煙対策、臭い対策は十分にしておく必要があるでしょう。

 

騒音

1人でしっぽりと焼肉を楽しむ分には気にすることはありませんが、

家族や仲間で集まって焼肉をする際には騒ぎすぎないように注意する必要があります。

小さいお子様が騒いでしまったり、

大人もお酒を飲んでつい声が大きくなってしまうこともありますから、

周りには他に住人がいることを常に念頭に置いて焼肉をするようにしましょう。

 

また、夜に騒がれるのも迷惑ですので、

ベランダでの焼肉は昼間のうちにするのが良いでしょう。

 

そして、ご近所さんには焼肉をすることを事前に伝えておくというのが理想です。

そうすれば、ご近所さんも窓を不用意に開けないようにしたり、

洗濯物を外に干さないようにしたりなどの対策が取れるからです。

また、事前に何か迷惑なことがあればお知らせくださいと言っておけば、

実際に何か起こったときに相手も言いやすいですし、揉めにくいのでおすすめです。


スポンサーリンク



関連記事:砂糖が固まらないスプーンや石・容器などのグッズ!おすすめもご紹介!

一戸建てのベランダで焼肉!煙対策におすすめの道具を紹介!

既に紹介したように、一戸建てのベランダで焼肉をするときには、

まず煙や臭いに気を付ける必要があります。

 

焼肉で出る煙は、肉から出た脂が燃えてしまうことが一番の原因ですので、

煙対策として考えられるのは、「脂身の少ない肉を使う」ことと、

「脂が炭火に触れない焼く道具を使う」ことです。

 

脂身の少ない肉

カルビやトントロなど、脂身の多い肉ほど煙も臭いも出やすいです。

牛肉ならヒレやタン、ロースなどの肉を選ぶと煙対策になります。

鶏肉は皮を除けば脂がほとんどないので、

焼き鳥などをメインにすると煙の少ない焼肉ができます。

 

また、タレが焦げることによっても煙が出るので、

煙対策としてはタレ付の肉は避けるのがおすすめです。

タレの肉が食べたいときには焼いた後に各皿でタレを付けましょう。

 

煙対策のできる道具

肉から出た脂が燃えてしまうのが煙の原因でしたが、

最近の焼き台には、肉から出た脂を燃やさないように焼くことができるものがあります。

いくつか紹介しておきますね。

 

Iwatani スモークレス焼肉プレート

肉から出た脂をスリットから下の水皿に落とすことにより、

脂を焦がさないという煙対策がなされた焼肉プレートです。

脂が落ちるということで、よりヘルシーに焼きあがるというのも特徴です。

 

また、焼き面にはガスコンロでの直火が当たるので、

電気ホットプレートよりもこんがりしっかり焼くことができます。

サイズもコンパクトなので収納時も省スペースで助かりますね。

 

消煙グリラー ヘルシートーク

こちらも、余分な脂を下の水皿に落とすことで煙対策ができる焼肉プレートです。

1200Wとハイパワーなので、電気ホットプレートながら火力も十分です。

可変式の温度調節ができ、着脱式のプレートでお手入れもラクラク。

かなりお手頃価格なので、おひとり様にも丁度良いおすすめの道具です。

 

遠赤外線グリル

セラミックバーナーによる遠赤外線効果でお肉を焼きあげます。

こちらの道具は熱源を上部に設置することで、

脂が熱源に触れず焦げないという煙対策をしています。

煙も出ず、また外はコンガリ、中はふっくらジューシーに仕上がります。

 

コンパクトサイズなので置き場に困りませんし、一人用としてもおすすめです。

ちなみに脂は下に落ちるので、プレートの上でギトギトになることもありません。

 

溶岩プレート

煙対策として最近注目を浴びているのが、溶岩プレートです。

溶岩プレートとは、その名の通り溶岩を切削した板なのですが、

そこに肉を置いて焼くことで、溶岩の気泡の穴に脂が吸われ、

臭いや煙が出なくなるという効果があります。

 

また、遠赤外線効果によって焼き上げるため、

お肉がふっくらジューシーに美味しく焼けるというメリットもあります。

プレートが暖まるまでは多少時間がかかりますが、

煙も臭いも出づらく、また脂が落ちてお肉をヘルシーに食べられます。

ホットプレートのように脂が飛び散らないので、周りもキレイに済みます。

お洒落に見えるというのもポイントが高いですね。

 

高耐久溶岩プレート

一般的な溶岩プレートは、切り出したそのままであることも多いですが、

こちらの商品はプレートの側面に独自のベルトを付帯しており、

割れやヒビに強い高耐久な溶岩プレートを実現しました。

他のプレートでは真似できないような長期の使用にも耐えうるのが特徴です。

 

赤みの強い硬めな肉でも、溶岩の低温調理で驚くほど柔らかく仕上がります。

餅やパン、大根ステーキ、干物などなど、アイデア次第で様々な調理が可能ですので、

ぜひ一枚購入してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


関連記事:バーベキューの炭で煙が少ないのは?おすすめの種類はコレ!

ベランダで焼肉をするときにあったら便利なグッズを紹介!

LEDライト

一戸建てのベランダでの焼き肉は、なるべく日中にするのがマナーではありますが、

日が暮れてからでも、周りの迷惑にならないよう静かにやる分には

問題がないとする声も多いです。

夜の焼き肉には明かりが必要になると思いますが、

そこでおすすめなのがLEDライトです。

 

中には部屋からの蛍光灯の明かりがあれば十分と思う方もいるでしょうが、

蛍光灯の明かりには虫がたくさん寄ってきてしまいます。

せっかくのお肉に虫が付いてしまったらがっかりですよね。

 

LEDライトには虫が反応する紫外線が含まれていないので、

明るいのに虫が寄ってこないのです。

LEDライトで快適なベランダ焼き肉をしましょう。

 

虫除けスプレー

野外での焼き肉には、蚊がつきものです。

明かりをLEDにしても、蚊はお酒や汗の臭いに釣られて近くにきます。

焼き肉をするときは、虫除け対策も同時にしておきたいですね。

自分の体だけでなく、椅子などの道具にも掛けておくと効果が出やすいです。

 

サラテクトミストリッチリッチ30

高濃度タイプの医薬品虫除けスプレーで、

しっかりとした虫除け効果が5時間から8時間ほど持続します。

ヒアルロン酸やビタミンCなど、4種の潤い成分配合なのでお肌にも優しいですよ。


スポンサーリンク


最後に

いかがでしたでしょうか。

一戸建てのベランダで焼き肉をするときには、

煙対策、騒音対策をしっかりして、

周りの住民に対する気遣いを忘れないようにしましょう。

 

焼き肉の煙は脂が焼けることによって出ますが、

最近は煙対策もできる焼き肉プレートがたくさんあるので、ぜひ使ってみてください。

 

お酒も入ってついつい盛り上がってしまいがちですが、

その後もそこで暮らし続けるということを考えてくださいね。