気温が高くなると食べたくなるのがきゅうりですよね。

たたききゅうりに漬物などさっぱりする料理が多いので

暖かい時には人気の食材です。

 

そんなきゅうりですが冷蔵庫に入れっぱなしにしていると

すぐに腐ってしまいませんか?

見た目は普通のきゅうりなのに切ってみたら色が変わってる!

なんてこともよくあると思います。

 

きゅうりは足が早い野菜の代表的なものです。

でもどんな状態が傷んでいるのか

詳しい情報を知らない方もいらっしゃいますよね。

 

今回はきゅうりの傷みの見分け方を詳しくご紹介します!


スポンサーリンク



きゅうりの特徴や栄養素など!なぜ傷みやすい?

夏野菜の代表的なきゅうり。

きゅうりは95%が水分と非常に多く、とても傷みやすい食材になっています。

また水分が抜けてしまったりすると味や食感も変わってきてしまうため

新鮮なうちに食べなければならない食材です。

 

5月6月に出荷される冬春のきゅうりは味がいいきゅうりが多く

夏物のきゅうりは7月8月に多く出回ります。

 

暖かい時期によく出回る食材で水分量も多い野菜なので

身体を冷やしてくれる効果があり夏の日射病や熱中症の緩和、

水分補給などにうってつけの食材です!

 

またきゅうりに含まれるピラジンという成分は

血液をサラサラにする効果があり血栓予防にもいいそうです。

その他にもカリウムも含まれておりむくみやだるさが解消され、

高血圧の予防にも効果があります!

 

栄養がないような一見シンプルな野菜にみえるきゅうりですが

水分の他にもしっかり栄養はあるんですよ!

しかし95%が水分なので栄養補給というよりは

水分補給感覚で食べるのも良いかもしれませんね!


スポンサーリンク


関連記事:砂糖が固まらないスプーンや石・容器などのグッズ!おすすめもご紹介!

きゅうりの芯が赤い!?黄色や茶色にも!傷みの見分け方!

見た目は普通のきゅうりなのに切ったら色が変!

こんな経験したことがある人は結構いるのではないでしょうか。

芯の部分が赤茶色くなっている場合は

寒さが原因で劣化してしまっている証拠です。

 

きゅうりは寒さが苦手な野菜なので冷蔵庫に入れっぱなしで放置しておくと

このような色の変化がすぐに起きてしまいます。

 

その他にも芯の部分(種の部分)が

黄色くなっている場合は追熟しているサイン。

 

色が変化している場合すこし不安かもしれませんが

食べる分には問題はありません。

 

しかし買ったばかりで冷蔵庫にも入れていない状態で

きゅうりを切った際に赤茶色く変化している場合は

輸送中で変色したと考えられるので

店舗などに問い合わせてみると良いかもしれません。

 

こんなきゅうりは腐っています!食べないでください。

きゅうりは傷んでくると見た目や臭いなどが

新鮮なときとは全然変わってきます。

腐ったきゅうりを食べないように

しっかり身につけておきましょう!

 

ぶよぶよしている

萎びている

見た目が黄色に変色している

芯に空洞ができている

カビている

見た目が白っぽくなっている

臭い

味が苦い

ぬめぬめしている

変な液体が出ている


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2