塩ってすぐ固まって

かたまりになってしまいますよね。

 

料理中のイライラ事件簿に

「塩が固まっている」

という出来事が入っている

人は多いのではないでしょうか?

 

使おうとするたびに

ゴリゴリと塩のかたまりを

削らなければいけない...

 

結構,こんな状況になっている方

多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は,そんな

悩みの種である“塩”について,

 

固まらずに保存する方法

おススメの容器やスプーンなどの商品

などをまとめました。


スポンサーリンク



塩はなぜ固まってしまう?

塩が固まってしまうのは

湿気を吸ってしまうからです。

塩にとって湿気は最大の敵であり,

固まってしまう原因になりなます。

 

塩は“にがり”の特徴もあって

湿気を吸いやすい性質があります。

 

空気中の湿気に触れてしまうと

塩は溶けて,飽和塩水となります。

 

そしてこの飽和塩水の結晶は

結晶同士でくっ付き合い,

塩は固まってしまいます。

 

この現象は“塩の団結”

といって,少しの湿気でも

起こりうるので,

注意が必要になります。

 

そのため,塩が湿気に

触れないように保存することが

第一に大切なことです。

 

塩を購入時の袋のまま

使ったりする行為は,

塩を湿気に明け渡している

ような状態なので絶対にNGです!

 

まあ,塩の袋は大きいですし

そもそも使い勝手が悪いので

さすがにいないとは思いますが...

 

また,塩は冷蔵庫保存もNGです。

 

冷蔵庫内は乾燥しているし

良いのでは?と思って

保存している人は結構いらっしゃいます。

 

しかし,冷蔵庫保存は

外気との急激な温度変化で

湿気が発生し固まりやすくなります。

 

塩を使うときに冷蔵庫から

出した途端に,湿気の

恰好の的になっているのです。

 

塩が固まる大きな原因である

湿気から塩を守ることが

塩を固めずに保存するために

必要なことなのです。


スポンサーリンク



関連記事:グラニュー糖は体に悪い?害があって危険?砂糖はどれがいいの?

塩が固まらない方法とは?固まった塩はどうすればいい?

塩の天敵が湿気だと

分かりましたが,

実際に湿気から塩を守る方法は

どんな方法があるでしょうか?

 

密閉性の高い容器に入れる,

というのは当たり前のこととして

それでも塩を湿気から守るのは

なかなか難しいことです。

 

塩を購入するときは,基本的に

塩の袋は大体大きいサイズですよね。

 

普段使う分は塩の容器に入れて

残りは別に保存している,

という人が多いでしょう。

 

塩を固めないで保存するためには

使う用と保存用のそれぞれの

塩によって異なる固めない方法を

とることが必要になります。

 

普段使う用の塩が固まらない方法

まず,普段使う分の塩は,

天敵の湿気に対して

“触れさせない”ではなく

“取り除く”方法を重視しましょう。

 

普段使う分に関して,

湿気に触れさせないように

注意するのは正直無理です。

 

普段使う用の塩は

すぐに使えることが最大の目的なので,

 

湿気を防ぐためだからといって

硬く厳重に密閉していては

実際塩を使うときに

すぐに使うことが出来ません。

 

そのため,使う用の塩は

“湿気を取り除く”方法が

塩を固めないために最適なのです。

 

湿気を取り除いて

固まるのを防ぐ方法は

何通りもあります。

 

ちょっとした方法で

塩を固めない知恵ですね。

 

①冷蔵庫でなく冷暗所

冷蔵庫での塩の保存は

急激な温度変化をうみ,

湿気の元となります。

 

また,塩は周囲の臭いを

吸収しやすい性質もあるので,

色々な臭いが住増する

冷蔵庫内は大変危険です。

 

塩の保存は近くに臭いの

強いものがない冷暗所にしましょう。

 

②乾燥剤を入れる

塩を入れた容器に

乾燥剤を入れておけば

入り込んだ湿気を吸い取って

塩が固まるのを防ぎます。

 

乾燥剤は,お菓子などに

入っているやつを

再利用してOKですよ!

 

③乾煎りした米粒を入れる

普段使う用の塩の容器に

乾煎りした米粒を入れると

湿気を吸い取ってくれます。

 

米の主成分であるデンプンは

加熱すると水分を吸収する

性質を持っているんですよ。

 

塩を固めないためには

5~10粒くらいの煎り米を

塩と一緒に入れておきましょう。

 

煎り米の作り方を簡単に

説明しておきます。

 

1.熱したフライパンに

米粒を入れ乾煎りする。

(弱火~中火)

 

<注意点>

・煎る米粒は水で洗う必要はない

・洗った場合はしっかりと水気を切る

・フライパンに油は引かない

 

2.米粒がきつね色になったら

火を止め米粒の熱を冷ます。

 

<注意点>

・米粒はしっかりと冷ます

 

このようにして完成した

煎り米を塩の容器に入れると

湿気を吸収してくれますよ。

 

加熱したデンプンの働きなので

煎り米のほか,パスタなどでも

同様の効果を発揮するみたいですよ。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2