パイナップルはおいしいですが、丸ごと買うと余りがちですよね。

そしてそのパイナップルを放置し過ぎると、当然ながら腐ります。

 

では、もしパイナップルが腐ったらどうなるのでしょうか。

そして、パイナップルの食べられる・食べられないの判断は

どこでつければいいのでしょうか。

 

そこでここでは、パイナップルが腐るとどうなるのか、

傷み始めたパイナップル見分け方をカビや臭いなどから詳しく解説します。


スポンサーリンク



パイナップルの賞味期限は?保存方法は?

パイナップルは日本では割と身近な果物です。

 

どこのスーパーでも大抵パイナップルが売られているのを見る事ができますが、

パイナップルは皮つきの丸ごと売られている場合と

輪切りにカットして売られている場合がありますよね。

 

パイナップルが腐るとどうなるのか、

カビや臭いなど見分け方について解説する前に、

まずはパイナップルの賞味期限や正しい保存方法について見ていきましょう。

 

まずは賞味期限からです。

 

皮つきの丸ごとパイナップルと輪切りにカットされたパイナップルは、

賞味期限が違います。

 

具体的には、皮つきの丸ごとパイナップルは4~5日程度、

輪切りにカットされたパイナップルだと2~3日程度になります。

 

丸ごとの方が少し賞味期限が長くなりますね。

 

次にパイナップルの正しい保存方法について見ていきましょう。

皮つきの丸ごとパイナップルをそのまま保存する場合、常温保存・冷蔵保存が可能です。

 

パイナップルは涼しい所を好むので、

常温の場合は風通しの良いひんやりした場所に置くのがおすすめです。

 

また、皮つきの丸ごとパイナップルは頭の部分とお尻の部分で糖度が異なるので、

甘さを平均化する為に横にして置いた方がより全体に甘みが行き渡ります。

 

さらに、パイナップルについている葉っぱは切り落とさないようにしましょう。

葉っぱがついている事で、パイナップルの鮮度を保ってくれます。

 

パイナップルは乾燥に弱いので、

常温でも冷蔵保存でも新聞紙などに包んで保存するのがいいですね。

 

次に輪切りにカットされたパイナップルですが、こちらは常温保存はできません。

乾燥しないようにタッパーなどに入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

 

長期保存なら冷凍保存

パイナップルの賞味期限は、皮つきの丸ごとでも輪切りにカットされた場合でも

冷蔵したとして1週間もありません。

とっても短いですよね。

 

そんなパイナップルをもっと長く保存したい、という場合は冷凍保存がおすすめです。

 

実はパイナップルと冷凍保存は非常に相性がよく、

賞味期限も2か月近く持つほか、冷凍する事で逆に栄養価が高まる果物なんです。

 

また食べ方も幅が広がり、

冷凍したパイナップルを普通に解凍して食べてもいいですし、

「冷凍パイン」としてかじったり半解凍にして

「シャーベットパイン」として楽しむ事もできます。

 

パイナップルを手に入れたけど、そんな早く食べきれないという場合は

冷凍保存がおすすめです。

 

パイナップルを冷凍保存する場合は、まずパイナップルの皮を剥き

食べやすいサイズにしてからジップロックに入れるか、ラップで包みましょう。


スポンサーリンク


パイナップルは、追熟しない!

ちなみに、パイナップルは「追熟」(果物などを収穫後に一定期間放置する事で、

さらに甘みが増したりおいしくなったりする事)しません。

 

お店に並んでいる時点で、「最高の食べごろ」になります。

ですからパイナップルを「買ってから2、3日は置いておいて~」としていると

熟すどころかすぐに腐り始めます。

 

パイナップルを買ったら、すぐに食べましょう。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2