煮物に、炒め物、汁物、揚げ物、サラダ。

どんな料理にもOKな、じゃがいも。

 

日持ちもすることから家には常にじゃがいもがあるという

ご家庭も多いかもしれません。

 

そんなじゃがいもが「ピンクに変色していた!」

という経験はありませんか?

 

今回はピンクに変色した

じゃがいもについて徹底的に調べてみました!

 

ピンクに変色する理由は?

ピンクに変色しているじゃがいもは

食べられる?

変色を防ぐ方法は?

 

一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



じゃがいもって変色しやすいの?

じゃがいもといえばどんな料理が思い浮かびますか?

 

肉じゃが、カレー、コロッケ、ポテトサラダ、ジャガバター

ポテトフライ、ポテトチップス

 

などなど、日本人が誰しも好きなメニューばかり!

 

そう、じゃがいもはみんなに

愛されている食材ではあるのですが

実はじゃがいもって変色しやすい野菜だってご存知でしたか?

 

今回は、ピンクに変色したじゃがいもについて

詳しく解説していきますが、ピンクの前に、

 

要注意!

 

ちょっと注意が必要なじゃがいもの変色について

触れておきたいと思います。

 

その変色の色とは、緑!

まず、緑に変色したじゃがいもは

食べることが出来ませんので注意をしてください。

 

その理由としては、緑に変色したじゃがいもは

 

腹痛

下痢

めまい

 

などの中毒症状を起こす原因となる

「アルカロイド」と呼ばれる物質を

たくさん含んでいる可能性があるそうです。

 

また、この変色は

 

長い期間保存していた

日光に当たりすぎた

 

などが原因で起こり、

じゃがいもの芽に毒があるというのは

聞いたことがありますよね?

 

このアルカロイドはじゃがいもの

芽に含まれる毒と同じ系統の物質になるそうです。

 

じゃがいもの芽であれば

芽の部分をとって調理に使うことはできますが、

じゃがいもが緑色に変色している場合は

そうはいかないそう。

 

「変色している部分だけカットすれば食べられるのでは?」

 

と、思ってしまいますが緑に変色したじゃがいもは

じゃがいも自体の味もすでに落ちてしまっているので

食べても美味しくないそうです。

 

「じゃ、火を通せば食べられる?」

と、思いたいところですがこれもNG!

 

アルカロイド系の毒は加熱調理をしても分解されないので

食べてはいけないそうです。

 

緑に変色したじゃがいもを発見したら

勿体なくても丸ごと処分するようにしましょう。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2