金柑の食べ過ぎは一日何個?アレルギーについても詳しく解説!

皆さんは、「金柑(きんかん)」をよく食べますか?

昔は、庭でなった金柑を採って食べていたという方も多かったと思いますが、

最近ではそういった庭も少なくなりましたし、

スーパーでわざわざ買って食べるというほど、ポピュラーなわけでもありません。

 

しかし、実は金柑は栄養にも優れた、健康食材でもあるのです。

小さく、皮ごと食べられるので、非常に手軽に栄養補給ができますし、

冬に旬を迎える果物なので、これからの時期にまさにぴったり。

とはいえ、食べ過ぎると副作用が出ることもあります。

 

そこで今回は、金柑に含まれる栄養素から、

食べるときは一日何個までが良いのか、

アレルギーなどの心配はあるのか、などについて詳しく解説していきますよ。




スポンサーリンク





金柑ってどんな食べ物?栄養や効果は?

金柑とは

これまで、金柑という食べ物にあまり馴染みがなかったという方のために、

まずは「金柑」について解説していきます。

 

金柑は中国が原産で、直径が2cmから4cmほどの小さな果実で、

皮ごと食べることができるという珍しい果実でもあります。

オレンジ色の皮を持ち、「小さいミカン」という認識を持っている方も多いかと思いますが、

細かく言うと金柑は柑橘類ではなく、金柑属という分類になるそうです。

 

俳句では秋の季語として使われる金柑ですが、

実際の旬は、早いところでは11月ごろから、

多くは1月から3月上旬が旬となる冬の食べ物になります。

また、生で食べると苦みと酸味が強いものが多く、

甘露煮などにして食されるのが一般的です。

 

金柑に含まれる栄養素

金柑は皮ごと食べられるという特徴がありますが、

実際には、実が小さいので皮ごと食べないと

食べる部分がほとんどなくなってしまう、という果物と言えます。

ただ、そのおかげで皮に含まれる栄養素までも

残さず摂取できるというメリットも生まれるのです。

 

それでは、金柑に含まれる主な栄養素について紹介していきます。

基本的にはミカンなどの柑橘類と同じような栄養素ですが、

金柑は皮も種も食べられるので、その分たくさん栄養を摂ることができます。

 

ビタミンC

言わずと知れた、美容と健康に欠かせない重要なビタミンです。

金柑には、100gあたり49mgと、レモンと同じくらいのビタミンCが含まれています。

 

ビタミンCは、免疫力の向上や抗酸化作用、コラーゲンの生成、代謝の補助などなど、

まさに全身で常時使用されている万能なビタミンになります。

日常生活で欠かせたくないビタミンですね。

 

ビタミンE

抗酸化作用が高く、アンチエイジングの効果があります。

また、血管を拡張させて滞った血流を良くする効果があるので、

老廃物の排泄などの代謝、冷え性や肩こりの改善効果も期待できます。

 

女性ホルモンの分泌の調節にも必要なホルモンなので、

特に女性には嬉しいビタミンと言えます。

 

ビタミンP(ヘスペリジン)

ポリフェノールの一種で、熱に弱いビタミンCを守ってくれる成分で、

ビタミンCと一緒に取ることで相乗効果が期待されます。

実際、ビタミンCのサプリメントなどにも配合されていることが多いです。

他にも、血中コレステロールの改善や抗アレルギー作用、

発がん抑制作用などの効果も認められている、優れたビタミンです。

 

また、ビタミンPはミカンなどの柑橘類の皮にも含まれていますが、

金柑と同じように皮ごと食べるのは難しいので、

他の柑橘類との差が出る成分でもあります。

 

カルシウム

カルシウムは人体に最も多く含まれているミネラルで、

骨や歯の形成、維持には欠かせない栄養素の一つです。

育ち盛りのお子さんや、ご年配の方にもぜひ摂ってもらいたいですね。

 

食物繊維

便秘解消など、腸内環境を整えてくれる効果があります。

また、食事の最初に食物繊維を摂ることでその後の血糖値の上昇を緩やかにするので、

ダイエット効果も期待できます。

他にも、免疫力の向上や自律神経を整える効果があるとされています。

 

みやざき完熟きんかん「たまたま」

生で食べると苦みや酸味が強いというのが金柑の特徴ですが、

こちらの「たまたま」は糖度16度以上という驚異の甘さ。

皮のほろ苦さとの絶妙な調和が味わえる逸品です。

 

甘露煮や砂糖漬けなどにする手間もなく、

そのまま食すことができるので、非常におすすめですよ。

 

完熟ということもあり、常温なら1週間、冷蔵庫なら2、3週間という日持ちです。

スライスしてサラダや和え物に使うのもおいしいですよ。




スポンサーリンク





続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!