りんごには色々な栄養成分が含まれているので

ぜひ皮ごと食べたいところですが、

皮についた農薬が気になるのも事実…

 

でもやっぱり、りんごの丸かじりって憧れますよね!

一度はやってみたいものです。

 

今回は、りんごを皮ごと食べるのに安心な洗い方をご紹介します。

農薬をしっかり落としつつ、

りんごに含まれる栄養も逃さない!

そんな洗い方でぜひりんごの丸かじりに挑戦してみてください。


スポンサーリンク



りんごを皮ごと食べるのは大丈夫?農薬の危険は?

りんごの洗い方をご紹介する前に、

りんごに含まれる栄養成分などを見てみましょう。

 

りんごの約85%は水分、栄養成分は残りの15%です。

ほとんど水分ですね!

しかし「医者いらず」と言われるりんごは

15%の中に、身体に良い成分がたくさん含まれていますよ。

 

最も多いのはカリウム。

100gあたり110mg含まれています。

カリウムには体内の塩分を排出する働きがありますが、

熱により分解されてしまう成分なので、

加熱せずそのまま食べましょう。

 

次に多く含まれているのは食物繊維。

ペクチンやセルロースなどと言われるものです。

りんごの食物繊維はみかんやバナナよりも多いですから、

便秘改善効果が期待できますし

ダイエット食としてもオススメです。

1個当たりのカロリーは54kcalと少なめですしね。

 

他にもビタミンCやマグネシウムも含まれていますが

カリウムや食物繊維と比べると割合は少ないです。

 

これらの栄養成分は血液をさらさらにする、

肺がんのリスク軽減、虫歯予防、

コレステロール低下など健康への影響はもちろん、

美容にも良い効果が期待できます。

 

また、肝心のりんごの皮と、皮と果実の間には

ポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは生活習慣やがんの予防、

花粉症などのアレルギー症状の緩和、

美白にも良いと言われている成分なので

ぜひ皮ごと食べたいですね。

 

ちなみに、何事もやりすぎはよくありません。

りんごの適量は1日に半分から1個くらいだと言われています。

 

せっかく食べるならシャキシャキのりんごが良いですが、

おいしいりんごは「おしりが黄色」で「手触りが固い」ものです。

とはいえ濃すぎる黄色のものはスカスカになっていることもあるので、

程よい黄色のものを選ぶと良いでしょう。

 

「モソモソしたのは食べたくない、選び方ってあるの?」


スポンサーリンク



関連記事:ピーマンを食べ過ぎると下痢や腹痛になる?吐き気や頭痛がする場合もある?

 

りんごを皮ごと食べても大丈夫?農薬の危険は?

りんごを皮ごと食べるのは

健康面に良い影響を与えることがわかりましたが、

りんごの皮には農薬がついていますよね。

本当に皮ごと食べても大丈夫なのでしょうか?

 

環境保護団体「環境ワーキンググループ」の残留農薬調査によると、

除草剤や殺虫剤、防かび剤など化学物質を含む農薬が多く残っているものは

 

1位 いちご

2位 ほうれん草

3位 ネクタリン

4位 りんご

5位 ぶどう

 

だそうです。

いちごはほうれん草の2倍以上もの農薬が

検出されているのだとか…

 

りんごも4位と、かなり上位ですね。

 

当然、無農薬で栽培されたものもありますが

高価だったりスーパーになかなか置いていなかったりするので、

日々口にするのは現実的ではありません。

 

では、りんごのポリフェノールを諦め、

農薬を口にしないよう皮ごと食べるのは控えた方が良いのかというと

そういう訳ではありません。

 

多くの農薬は水溶性なので、

水で良く洗えば落とすことができます。

30秒以上水でしっかりと洗えば、安心して食べることができますよ。

農薬が水溶性でない場合も、流水に浸け置きすれば大丈夫です。

 

しかし、水洗いだけではなんとなく不安!という方もいるでしょう。

そのような場合は、次で紹介する色々な洗い方を実践すれば

農薬を更にしっかり落とせますよ。


スポンサーリンク


関連記事:グラニュー糖は体に悪い?害があって危険?砂糖はどれがいいの?

りんごを皮ごと食べる時の洗い方!

正しく水洗いするだけでも農薬は落ちますが、

全ての農薬を落としきれるかというと正直難しいでしょう。

そこで、更にしっかりと農薬を落とすための

おすすめの洗い方を4つご紹介します。

 

りんごを皮ごと食べる時の洗い方①重曹

まずは重曹です。

重曹を溶かした水は弱アルカリ性。

アルカリのマイナスイオンで

農薬や汚れなどのプラスイオンを引き離します。

 

洗い方はまず、大きめのボウルに水と小さじ1~2杯の重曹を入れ、

よく混ぜて溶かします。

次に、出来上がった重曹水の中にりんごを入れます。

1分ほど浸したら取り出し、流水でよく洗いましょう。

 

ただ水洗いするだけよりも確実に農薬を落とすことができますよ。

 

ちなみに、15分ほど重曹水に浸けると

農薬を100%除去できるという実験結果もありますが、

あまり長く浸していると栄養成分まで流れ出てしまうので注意しましょう。

 

りんごを洗うのにオススメの重曹はこちらです。

 

 

純度99%以上、国内生産の重曹です。

重曹は料理だけでなく掃除や脱臭、

更には美容にまで使える万能な成分ですが、

用途によって純度が異なることもあります。

 

りんごを洗うのに使用するということは口に入れるものになりますから、

純度の高いものを選ぶと良いですね。

 

こちらの商品は、広島県の食品添加物製造許可を得た工場で製造されたもので、

お料理はもちろん、ペットの汚れ落とし、

子供やワンちゃんが触ったりなめたりしてしまう場所やものの掃除にも

安心して使用することができますから、

りんごを洗うのにも最適ですね。

 

りんごを皮ごと食べる時の洗い方②野菜洗い洗剤

「お米を洗剤で洗う」という伝説的な話を耳にしたことがある人も

少なくないと思いますが…

食器用の洗剤などではりんごを洗ってはダメですよ!

 

野菜や果物を洗うことができる洗剤というものが存在します。

コレを使ってりんごを洗うと、農薬を落とすことができます。

 

野菜や果物が洗える洗剤は食品衛生法で

ヒ素や貴金属、メタノールを含まないこと

中性であること

酵素や漂白剤をふくまないこと

などの条件が満たされたものと定められています。

 

ですから、食器を洗う洗剤の中にもりんごを洗うことができるものはあります。

野菜などを洗える洗剤は、泡立ちがあまり良くない印象です。

また、赤ちゃんの哺乳瓶などを消毒する液体にも、

野菜や果物を浸け置きできると記載されているものがありますよ。

関連記事:塩が固まらない方法!スプーンや容器などのグッズのおすすめもご紹介!

りんごを皮ごと食べる時の洗い方③アルカリイオン水

重曹水もph値約8.2とアルカリ性が高いですが、

ph12以上の高アルカリイオン水を使用することで

更にしっかりと農薬を落とすことができます。

 

ph12以上の場合、農薬を落とすだけでなく、

大腸菌や細菌などの除菌も行うことも可能です。

ph9を超えるとこれらの菌は生存できなくなりますからね。

 

高アルカリイオンでおすすめしたいのが「ベジシャワー」です。



ph12以上の高アルカリイオン配合。

99.9%の純粋と、0.1%の炭酸カリウムでできているので、

安心して食べ物にスプレーすることができますよ。

 

りんごの皮の農薬を落としたい場合は、

りんごの表面にまんべんなくスプレーを吹きかけ1分程置きます。

その後流水で洗えばOK。

重曹と同じです。

 

しかしベジシャワーの場合そのままスプレーするだけで、

薄めたり溶かしたりという手間がありません。

重曹よりも手軽に使用でき、

更に農薬を落とす力も強く、除菌までしてくれるのは非常に嬉しいですね。

 

りんごを皮ごと食べる時の洗い方④お酢

お酢を使って農薬を落とす方法もあります。

 

ボウルに水を入れ、そこにお酢を半カップ程入れ混ぜて

「酢水」を作ります。

酢水にりんごを1分程浸け、流水で洗いましょう。

 

お酢の場合も重曹と同じく、長めに浸ける方が農薬もよく落ちますが、

長く浸けると栄養成分も流れ出るので1分ほどがオススメ。

 

お酢には殺菌効果、防腐効果、食中毒予防効果などがあるので、

昔から酢のものや保存食品、お寿司など色々な食品の調理に

使用されてきました。

 

普段から口にすることが多いお酢なので、

安心して使用できる重曹やアルカリイオン水よりも

更に抵抗なく使用することができるのではないでしょうか?

 

ちなみに、お酢につけると独特の臭いが残ったり

味が付いてしまうのでは?と思うかもしれませんが、

そのような心配は一切なく、

りんごの香りや味はそのまま楽しむことができますよ。


スポンサーリンク


関連記事:ポメロとはどんな果物?栄養や食べ方も詳しく解説!

最後に

りんごを皮ごと食べる時の洗い方をご紹介しました。

りんごは残留農薬の多い果物ですが、

流水でしっかり30秒以上洗えば皮ごと食べることができます。

 

更に安心して口に入れたい場合は、

重曹、野菜用洗剤、アルカリイオン水、お酢などを使用しましょう。

水で洗うだけよりも確実に落とすことができますよ。

 

低カロリーで嬉しい成分がぎっしり詰まったりんご。

きれいに洗って皮に含まれる成分までしっかり摂取してくださいね。