食事制限によるダイエットは手っ取り早くカロリーを抑えられますが、

お腹が空いて辛く長続きしないことが多いですし、

なにより栄養が不足するので肌荒れや便秘などの新しい悩みが出てくることも。

そこでおすすめしたいのが、「もち麦」という食材です。

 

もち麦は空腹感をあまり感じること無くカロリーを抑え、

かつ食物繊維が豊富で便秘にも効くという嬉しい効果がある食材なのです。

 

聞いたことくらいはあるという方も少なくないかと思いますが、

実際のところもち麦はどのくらいのカロリーなのか、

そして白米と比べてどのくらいカロリーを抑えられるのかが気になりますよね。

 

今回は、もち麦のダイエット効果について解説していきますが、

実際のもち麦のカロリーについてもまとめています。

大さじ1・1合・100gとそれぞれ細かくみていきますので、

ダイエットの参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク



もち麦のカロリーは大さじ1・100gでどのくらい?

もち麦のカロリー!

ダイエット食品としての人気も高いもち麦ですが、

実際にカロリーはどのくらいなのか見ていきましょう。

分かりやすく、100gあたりのカロリーを他の穀物と比較してみましょう。

 

・もち麦:240kcal

・白米:356kcal

・玄米:165kcal

 

いかがでしょうか。

ダイエット食品として知られているもち麦ですが、

100gあたりのカロリーは、意外とそこまで低くはないですよね。

 

また、実際にはもち麦だけでご飯にするのではなく、

白米に対して少しもち麦をブレンドするという食べ方が多いと思うので、

100gも一気にもち麦を食べることは少ないと思います。

ちなみに、混ぜ方の例としては

白米1合に対してもち麦を30g~50gという感じが多いです。

 

それをお茶碗1杯分のもち麦に換算すると大体15g~20gで、

このカロリーは35kcal~50kcalになります。

これは約大さじ1杯のもち麦にあたりますので、

白米と混ぜて炊くときには大さじ1杯で数えながら混ぜていけば、

カロリー計算も楽にできますね。

 

もち麦のダイエット効果

もち麦はそこまでカロリーが抑えられているわけではないので、

ダイエットには向いていないのでは?と感じるかも知れませんね。

しかし、もち麦はしっかりダイエット効果のある食材なのです。

ここからは、もち麦のダイエット効果についてみてみましょう。

 

食物繊維が豊富

もち麦には、白米にはほとんど含まれない食物繊維が含まれています。

もち麦100gあたりの食物繊維は12gで、白米の0.5gの実に約25倍にも及びます。

大さじ1のもち麦でも1.5g以上の食物繊維が取れる計算になりますね。

 

また、もち麦には「不溶性食物線維」と「水溶性食物線維」の両方が含まれています。

不溶性食物線維は腸内をキレイにし、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の餌になるので、

便秘解消にダブルの相乗効果が期待できるのです。

 

ダイエットをすると便秘になるという方も少なくないですが、

もち麦ダイエットならむしろ便秘解消に繋がるということです。

 

血糖値の上昇を抑える

もち麦にはβグルカンという食物繊維が含まれていますが、

このβグルカンには血糖値の上昇を抑えるという効果があります。

 

同じカロリーを取るのでも、血糖値の上昇が緩やかになるだけで

体に脂肪として蓄える割合が少なくなります。

同じ食事のままでも、白米をもち麦ご飯にするだけで太りにくくなるということですね。

 

満腹感が持続する

もち麦ご飯は食物繊維豊富で腹持ちが良いので、間食を防ぐことにつながります。

また、プチプチとした食感を楽しみながらよく噛むことで、満腹感も生まれます。

小腹が空かなくなるというのも、ダイエットに効果的ですよね。


スポンサーリンク



 

もち麦ご飯1合のカロリーはどのくらいになる?

もち麦ご飯1合のカロリー!

ここまで、100gあたりや大さじ1でカロリーを換算してきましたが、

実際には炊飯器で1合単位で用意することが多いですので、

ここからは1合でのカロリーを考えて見ましょう。

 

もち麦ご飯の作り方は簡単で、

白米1合をいつも通りに炊飯器にセットしたら、

もち麦を入れて、その倍量のお水を入れて炊くだけです。

もち麦を50g入れたなら、追加で100mlのお水を入れるという感じです。

 

ここでは、もち麦を50g入れた1合のカロリーを考えてみます。

 

白米のみ1合でのカロリーは約534キロカロリーで、

もち麦50gのカロリーは約120キロカロリーですので、

もち麦ご飯1合のカロリーは約650キロカロリーになります。

 

カロリーが気になるときは

もち麦ご飯が1合で650キロカロリーというのを見ると、

意外と高カロリーだな、と感じるかも知れません。

お茶碗1杯分にしても約200キロカロリーくらいになってしまうので、

1本80キロカロリーのバナナや1個40キロカロリーのトマトなどに

置き換えた方が痩せるのでは?と思う方もいるでしょう。

 

ただ、ダイエットはカロリーだけを考えれば良いという単純なものではありません。

もち麦は、圧倒的な食物線維量で便秘を改善してダイエットをはかります。

食べて痩せるというのがもち麦のメリットではあるのですが、

やっぱりどうしてもカロリーが気になるという方は、

もち麦の割合を増やしたり、白米を大麦に置き換えたりすることで

カロリーも減らすことが可能になります。

 

国産もち麦「ダイシモチ」 1kg

やや固めでプチッと感の強い噛み応えが特徴の国産もち麦です。

もち麦ダイエットしたいけど、外国産のもち麦はちょっと不安という方には、

こういった国産のもち麦をおすすめします。

 

こちらのダイシモチというもち麦は、香川県善通寺市の農業試験場で育成され、

2000年に登録された比較的新しい品種になります。

茶色い模様が特徴で、これは脱穀し忘れではありませんのでご安心ください。


スポンサーリンク


関連記事:グラニュー糖は体に悪い?害があって危険?砂糖はどれがいいの?

おすすめもち麦レシピを紹介!

もち麦の整腸効果は、継続して食べることが大切ですが、

いつも同じようなもち麦ご飯ではどうしても飽きてしまいますよね。

最後に、おすすめのもち麦レシピをいくつか紹介しますので、

ぜひレパートリーに加えて、楽しくもち麦ダイエットに取り組んでください。

 

もち麦のスープ

材料(4人分)

・もち麦 50g

・トマト缶 1缶(400g)

・たまねぎ 1個

・人参 1/2本

・しめじ 1パック

・コンソメ、塩コショウ

 

作り方

野菜を角切りにし、しめじは食べやすくほぐしておきます。

鍋にトマト缶と水200mlを入れて火にかけ、野菜を煮込みます。

野菜に火が通ったらもち麦としめじを加えてさらに煮込みます。

コンソメ、塩コショウで味を調えれば完成です。

 

野菜は、じゃがいもやキャベツなど、何を入れても美味しいです。

気軽に味を変えながら作り続けられますし、

冷蔵庫の余り物の処理にも使えるので、おすすめのレシピですよ。

 

もち麦のリゾット

材料

・もち麦 100g

・きのこ 200g

・玉ねぎ 1/2

・ベーコン 2枚

・牛乳 10ml

・ブイヨン 20ml

・粉チーズ

 

作り方

きのこを炒め、別の皿に置いておきます。

ベーコンと玉ねぎをみじん切りにして炒め、そこへキノコを混ぜ、茹でたもち麦を加えます。

ブイヨンと牛乳を加えて煮て、頃合いを見て粉チーズを入れて完成です。

 

カロリーが気になりやすいリゾットですが、

白米の代わりにもち麦を使えば罪悪感も軽減されますね。

 

もち麦ダイエットレシピ お腹いっぱい食べても、しっかりやせる!

実際にもち麦を食べて1年で14kg痩せたというシェフが考案した

もち麦レシピが70以上も掲載されています。

 

基本のもち麦の美味しい炊き方、腸活朝ご飯レシピ、

もち麦を使ったメイン料理、そしてスイーツまでと、

しっかり食べて痩せるための心強い味方になってくれるでしょう。


スポンサーリンク


最後に

いかがでしたでしょうか。

もち麦のカロリーは100gで240キロカロリーと、

思ったよりカロリーがあるなと感じた方も多かったのではないでしょうか。

しかし、もち麦のダイエット効果は、白米の20倍にも上る食物線維によるものです。

 

もち麦なら食事制限によるダイエットでは不足しがちな食物繊維がたっぷり取れるので、

無理なく健康的に痩せることができるのです。

また、食材によるダイエットは飽きが来やすいのがデメリットですが、

今回紹介したレシピを参考にしながら、

味を変えてもち麦を食べるようにすると良いでしょう。