革靴で足の甲が痛い・きつい!対策は?伸ばす方法はある?

外反母趾、靴ズレなど靴のトラブルはたくさんありますよね。

その中に、足の甲が痛い・きついというものがあります。

 

そんな時、紐付きの靴なら紐を緩めれば良いですし

柔らかい素材の靴ならすぐに広がります。

 

でもそれが固い革靴だったらなかなか難しいですよね。

 

では革靴に足の甲が当たって痛い・きつい場合、

革靴を伸ばす方法はあるのでしょうか。

 

また、ほかに対策はあるんでしょうか。

 

今回は革靴を買ってしまった後に、

足の甲が当たって痛い・きつい場合の革靴を伸ばす方法や対策を説明します。

革靴の足の甲トラブルで悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク





革靴で足の甲が痛い・きつい状態になるのはなぜ?

普通靴を選ぶ時は、ちゃんとサイズを考えて選びますよね。

 

でも、サイズをしっかり確認して買ったはずなのに

その革靴を履き続けると足の甲が痛い・きついという症状が出てくることがあります。

 

これはなぜなんでしょうか。

 

それは「靴のワイズ(ウィズ)が合っていないから」です。

「え?ワイズ(ウィズ)って何?サイズとは違うの?」と思いますよね。

 

それに「でもサイズさえ合っていれば、靴はピッタリじゃないの?」

と感じる方もいると思います。

 

実は靴には2つのサイズがあり、

この2つのサイズがフィットして

初めて「自分の足にあった快適な靴」と言えるのです。

 

足の甲が痛い・きついという人は、1つめのサイズは合っていても、

ワイズ(ウィズ)と呼ばれる2つめのサイズが合っていなかった可能性があります。




スポンサーリンク





関連記事:パンプスのつま先がきつい!広げる方法を徹底解説!

足の甲が痛い・きつい時は、ワイズ(ウィズ)が合ってない

では、靴の2つのサイズとはどんなものなのでしょうか。

 

1つは普通に「サイズ」と言われる、

足の指からかかとまでの直線距離を測ったものです。

 

要は足の裏の「長さ」のことです。

 

個人差はありますが成人女性だとだいたい22.5センチ以上、

成人男性だとだいたい24センチ以上で、

 

このサイズの表記は靴の裏や靴のかかと部分の裏側によく見かけると思います。

 

そしてもう1つが「ワイズ(ウィズ)」と呼ばれる足の「幅」の距離です。

足の幅はほとんどの人が指の付け根あたりを

グルリと囲んだ長さが一番長くなるので、

そこの距離が基準になります。

 

靴のサイズの表記の下に「E」「EE」などと

書いてあるのを見たことはありませんか?

 

実はこれがワイズ(ウィズ)の表記です。

 

サイズが23センチなど数字で表されるのに対し、

ワイズ(ウィズ)はA,B,C,…Gまでのアルファベットで表されます。

 

Gに行くほど幅が広くなり、同じ23センチの靴だとしても

ワイズ(ウィズ)がBの靴とGの靴では大分見た目が変わります。

 

またワイズ(ウィズ)はEの幅に当てはまる人が一番多いので、

Eに関してはE,EE,EEE,EEEEと多い所で4段階ほどの表記があります。

 

サイズが同じだと皆同じような足の形に見えますが、

それだけ足の幅というのは人によって差があるのです。

 

足の甲が痛い・きついというのは、このワイズ(ウィズ)が合っていないせいで

その靴はあなたの足に比べて幅が狭いということなんです。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!