パンプスのつま先がきつい!広げる方法を徹底解説!

仕事にもプライベートにも、様々な場面で活躍するパンプス。

履く機会も多いため、できるだけ快適に使えるようにしたいですよね。

購入するときに自分にぴったりのものを選ぶのが一番ですが、

ときには、脚のむくみなどのコンディションの差や、

デザインを優先した結果など、

つまさきがきつくなってしまうときもあります。

 

そんなとき、「つまさきがきついから…」という理由で履くのをやめてしまうのは、

とてももったいなく感じます。

なんとかしてパンプスのつま先を広げることができれば、

快適に履いてすごせるのに…。

そう思ったことのある方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、パンプスのつま先を広げる方法について、

一般的な方法から、ちょっとした裏ワザまで、徹底解説していきます。




スポンサーリンク






パンプスのつま先がきついままだと、どんな影響がある?

パンプスのつまさきがきついままで放置して、

そのまま履いていた経験、みなさまにもありませんか?

そのまま履いてしまうと、どんな影響があるのでしょうか。

 

まず第一の影響は、「痛い」ことです。

脚には全体重がかかります。さらに、パンプスの場合、

形状からつま先にその体重が集中することになります。

つま先がきついだけでも痛いのに、歩いていると体重でさらに圧迫されてしまう。

最初に予想していた痛みよりも痛い!

ということが多いのは、このためです。

 

この痛みを放置していると、その他の影響も出てきます。

代表的なのは、靴ずれです。

きつい靴をむりやり履いていると、普段は生じないような強い摩擦が

何度もおきることになり、これによって脚が腫れたり、皮が向けたり、

出血や水ぶくれになることもあります。

 

さらに、無理な体勢を続けることで、

関節痛や外反母趾などの影響があることも。

特に外反母趾は、足の親指が人差し指の方向に曲がってしまうもので、

放置していると、他の靴を履くときもどんどん痛みを増していき、

最終的には歩くことそのものが苦痛になってしまいます。

 

これらの影響を避けるためにも、

パンプスはできるだけ自分にあった形で、

きつくないものを選ぶようにするのが良さそうですね。




スポンサーリンク






パンプスのつま先を広げるのに大活躍のアイテムは?

パンプスのつま先を広げるのに活躍するアイテムとして

代表的なアイテムは、「シューズストレッチャー」です。

 

このシューズストレッチャーは、

靴の中に器具を入れて、外側に力を加えることで、

靴の大きさを大きく変形させてくれるものです。

 

丈夫な材質でできているため、壊れることも少ないですし、

シューズストレッチャーの各所についている穴に突起をつけることで、

「このポイントだけ特に大きくしたい」という場合にも対応できます。

 

使い方はとても簡単。

つま先を広げたいときは、靴の中にシューズストレッチャーを入れ、

ハンドルを回せば良いだけです。

最初は一気に広げるのではなく、少しずつ様子をみながら広げるのがコツ。

また、一度セットしたら、最低2日ほどは様子を見てから試し履きしましょう。

 

逆に、1周間以上しっかり広げた場合は、

「広げすぎて大きくなってしまった…」という場合もあります。

最初のうちは様子をみながら少しずつ、というのを意識してくださいね。

 

このシューズストレッチャーは、

皮製品以外にも、合皮素材やそれ以外の素材でも無理なく使うことができます。

最近のパンプスは様々な素材でできているので、

いろいろな素材で試せるのは良いですよね。

 

とはいえ、このシューズストレッチャーの仕組みは

「力を加えて少しずつ変形させる」というものです。

力を加えすぎると、当然パンプスは破損してしまいます。

「広がりすぎ」の問題と同じように、最初は様子を見て少しずつ、というのを

忘れないようにしてください。

 

ところで、シューズストレッチャーを使っても

なかなか大事なポイントを広げることができない…

という場合の対処方法はないのでしょうか?

 

シューズストレッチャーには特定の部分のみを広げられるような

ダボ付きのものも売っていますが、

ダボつきでないシューズストレッチャーを利用したり、

一番広げたいポイントにちょうどそのダボがない、という場合も

あるかもしれません。

 

そんなときに活躍するのが、ポイントストレッチャーです。

これは部分的に靴を伸ばすことのできる器具で、

自分にあった場所をピンポイントで伸ばすことができます。

 

自分の手で直接ポイントを見つけられ、

調整も直接触りながらできるので、「広げすぎた」ということもあまり多くありません。

「このポイントが特に伸ばしたいけど、

シューズストレッチャーだけではちょっと不安」

という場合には、こちらのポイントストレッチャーもぜひ試してみてください。

 

また、この他につま先がきついときにおすすめされるアイテムとして、

皮革柔軟剤というアイテムがあります。

 

これは文字通り皮をやわらかくするスプレーなのです。

特に使い始めのパンプスなどは、皮が固く、履きづらかったり、

ストレッチャーで伸ばすときも伸びが悪いことが多いです。

 

そんなときにこの皮革柔軟剤を使えば、

ストレッチャーで伸ばすときも、より楽に靴を伸ばすことができます。

また、皮革柔軟剤を使った靴であれば、素材が柔らかくなっているので、

何もしなくても普段より少し履きやすくなります。

つま先がきついときには、ストレッチャーとあわせて利用するのがおすすめです。

 

なお、こちらは「皮革」柔軟剤という文字通り、

革製品にしか使うことができません。

他の素材、特に最近多い合皮素材などのパンプスの場合は、こちらのアイテムは

使用できませんので、ストレッチャーを利用するなどして

つま先を広げてくださいね。




スポンサーリンク





シューズストレッチャーがないときにも! パンプスがきついときの裏ワザは?

さて、先程はシューズストレッチャーや皮革柔軟剤など、

靴がきついときにそれを伸ばす、代表的な商品をご紹介しました。

 

これからも靴選びの機会は多いですし、

一つあればずっと使える便利なアイテムではありますが、

「ストレッチャーを買っている時間はないけれど

とにかくつま先をなんとかしたい!」という場合もあるかもしれません。

 

そんなときに、手軽にできる

パンプスがきついときの裏ワザをご紹介します。

ドライヤー

1つ目は、「ドライヤー」を使うことです。

ドライヤーは、強力な熱風を一箇所に向けて吐き出します。

革製品は熱をうけるとやわらかくなりやすいので、

皮のパンプスを広げるときにドライヤーを用いることができます。

 

方法は簡単。

1.少し厚手の靴下を何枚か履いて、パンプスを履きます。

つま先を重点的に伸ばしたい場合は、爪先部分が分厚くなるように工夫してください。

2.その状態でパンプスに外側からドライヤーの熱風を広げたい所にまんべんなく当て、

まんべんなくパンプスが温まったら一度ドライヤーを止めます。

3.脱がずに履いたまま、パンプスが冷めるまで待ちます。

4.2~3を何度か繰り返します。

 

これだけで、パンプスを少し広げることができます。

この方法は革製品の特徴である、

熱をうけるとやわらかくなるという特徴を利用したものです。

ですので、合皮製品などには使うことができません。

 

また、熱を与えすぎたりすると、色落ちをはじめ、皮をいためる様々な原因につながります。

裏ワザで手軽な方法ですが、

パンプスを痛めてしまう可能性も高くなることを理解した上で試してみてください。

関連記事:パンプスで親指や爪が痛い!対策や靴擦れ防止法を詳しく解説!

ジップロック

2つ目の裏ワザは、

「ジップロックに水を入れて、凍らせることでふくらませる」という方法です。

水は氷になるとき、体積が増えるというのを

理科の時間に勉強した記憶はありますか?

 

水は氷になるとき、水だったときよりも少し大きくなります。

この特徴を利用して、冷凍庫でパンプスを広げることができます。

方法はこちらもとても簡単。

1.ジップロックなど、密閉できるビニール袋を用意する。

2.ビニール袋に水を入れる。

3.パンプスの中に水を入れたビニール袋を入れる。

このとき、膨らませたいところにきちんとフィットするように調整する。

4.冷凍庫にパンプスを入れて、水を凍らせる。

5.水が凍ったら外に出し、ビニール袋を取り出す。

凍っていてうまく取り出せない場合は、常温解凍をする。

これだけです。

 

冷凍庫のスペースの問題や、

冷凍される時に水滴がついてしまい、素材にダメージが入るなどの

リスクがありますので、そこは承知の上で、ということになりますが、

手軽にためすことができる方法です。

 

こちらは皮製品に限らずいろいろな素材で試すことができますので、

水に強く、色落ちなどの心配がなければ、試してみてください。

関連記事:革靴で足の甲が痛い・きつい!対策は?伸ばす方法はある?

耐震マット

3つ目の裏ワザは、つま先を直接広げる方法ではありません。

つま先の痛みを軽減する方法です。

それは、「耐震マット」を使うこと。

 

耐震マットを使って、

靴の中で、つま先に体重が全部かかるのをふせぎ、

脚の途中で支えられるようにするという方法です。

 

100円ショップなどで販売している耐震マットを購入し、

パンプスを履くときに、足の真ん中より少しだけかかとよりの場所になるよう

耐震マットを張り、それから靴を履きます。

 

こうすることで、普段はすべての体重がつま先にかかっていたのが、

耐震マットが滑り止めの役割をして、足の裏全体に体重がかかるようになります。

結果的に、つま先の負担が減って、痛みが和らぐんですね。

 

こちらの方法は「ためしてガッテン」などでも紹介された裏ワザです。

靴のサイズが合っている場合でも、これでずいぶんと歩きやすくなるので、

ぜひ試してみてください。




スポンサーリンク





関連記事:エナメル靴のお手入れ!傷やひび割れの修理方法や汚れの落とし方は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

パンプスがきついままだと、どこにでかけるのにも少し憂鬱になりがちです。

また、痛みを放置して歩くのに慣れてしまうと、

外反母趾をはじめとしたいろいろな身体への影響が出てしまうことも。

 

今回ご紹介した方法は、

器具などを用いてつま先を伸ばし、痛みを軽減できる方法です。

どれも手順は難しくありませんので、今回ご紹介した方法をぜひ利用して、

自分の足の形に合ったパンプスで、お出かけを楽しめるようにしてくださいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ