浴衣を買って来てみると…「ちょっと裾が長い!」

 

最近ではネットやセット販売など安く浴衣を購入できる所も多いですが、

試着をせずに買った場合はこのような事になる事は多いです。

 

裾が長いと困ってしまいますよね。

でも大丈夫です。

そんな時は、裾上げをすればいいです。

 

そこでここでは、子供の場合と大人の場合の浴衣の簡単な裾上げ方法を紹介します。

着たい浴衣があるけど裾が長くて困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



浴衣(着物)を着る時の専門用語をチェック

子供や大人の簡単な浴衣の裾上げ方法のやり方を紹介する前に、

先に浴衣(着物)を着る時の専門用語を説明しておきましょう。

 

今風の言い方とちょっと感覚が違い、勘違いすると大変な事になるので

ちゃんと知っておく必要があります。

 

右前とは?

浴衣を着る時は、「右前」という言い方をします。

これは、「浴衣を羽織った時右側の布が先に前に来る」という意味です。

 

「右側が上に来る」という意味ではなく

「浴衣を羽織った時は右を先に前に合わせてくださいね」という手順を表しているんです。

 

つまり、浴衣を着た時最終的に手前に来るのは左側という事なので、

「右前という事は浴衣を着た時に右が前に来ればいいんだね」と考えてしまうと

全く逆になってしまうので注意が必要です。

 

上前、下前とは?

また、「上前」「下前」という言い方をする時があります。

 

これは、浴衣を着た時に最終的に手前に来るものを「上前」と言い、

逆に下に来るものを「下前」といいます。

 

浴衣は必ず左側の布が手前に来るようになりますから、

浴衣を羽織った時に右側が下前、左側が上前という事になります。

 

おはしょり

おはしょりとは、

浴衣を着て帯を締めた時に帯から1センチほど出ている浴衣の布になります。

 

以上の事を知っていれば、とりあえず浴衣の裾上げの時も大丈夫です。

特に右前・上前・下前は間違えやすいのでしっかり確認してくださいね。


スポンサーリンク



浴衣の裾上げ方法は、「腰あげ」

浴衣の裾上げ方法ですが、

子供の浴衣も大人の浴衣も基本は「腰あげ」という方法になります。

 

裾上げというとズボンの裾を曲げて縫うように

浴衣の裾を折り曲げて簡単にちゃちゃっと縫いたくなりますが、

それでは浴衣全体のバランスが悪くなり見栄えが不格好になってしまうのでダメです。

 

ではどうするかというと、浴衣の裾上げをする時は

浴衣の腰の部分を折り曲げて縫い込む「腰あげ」と呼ばれる方法になります。

 

これなら全体のバランスも取りやすく腰の部分は帯で隠す事もできるので

裾が縫い目で見苦しくなる事もありません。

 

浴衣の裾上げは裾ではなく腰の部分を曲げるという事を覚えておいてくださいね。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2