自分宛てに封書が届いた時に、

中に返信用封筒が同封されていることがありますよね。

 

送られてきた相手が企業だと、そういうことはよくあります。

 

わざわざこちらで封筒や切手を用意しなくて済むのでラッキーですが、

返信用封筒は普通の封筒に比べちょっと特殊な場合が多いので

宛名や自分の住所を記入場所など書き方にちょっと困ることがあります。

 

そこでここでは、返信用封筒が入っていた時の差出人の住所や宛名の書き方、

御中や様がついていた場合の直し方、裏側はどうすれば良いかなどの

返信の仕方について説明します。

 

返信用封筒の書き方で困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


返信用封筒は、中身が空の状態で書こう!

返信用封筒の返信の仕方についてですが、

まず一番基本的なことを抑えておきましょう。

 

それは、「封筒の中身が空の状態で書く」です。

 

返信用封筒は中に入れる書類が大事なので、

先に書類の記載をすると思います。

 

そして、「うっかり中身を入れ忘れて封をしないように」

中に書類を入れてから返信用封筒の宛名などを書く人がいます。

 

ですが、それでは返信用封筒が中の書類で膨らんで

字が書きづらくなってしまいます。

 

返信用封筒で大事なのは中の書類なので

書類さえしっかりしていれば問題ないですが、

宛名などの文字ががぐにゃぐにゃよがんでいるとそれはそれで失礼です。

 

ですから、返信用封筒に宛名などを書く時は

書きやすい中に何も入っていないぺったんこの状態で書きましょう。


スポンサーリンク


関連記事:返信用封筒とは?サイズや色は?購入場所についても解説!

返信用封筒の宛名の「御中」・「様」の直し方

返信用封筒と普通の封筒で一番違うのは、

「すでに宛名が印字されていること」です。

 

ですが、印字されているからと言って

「だったら宛名については何も書く必要ないね」と思うのは早急ですよ。

 

予め指定して書いてある宛名には、とある部署名だったり個人名だったりしますが、

ほとんどの場合その部署名や個人名の下に「〇〇行」と書いてあります。

 

普通、宛名の下には御中や様をつけますよね。

 

でも、送り主が自分宛ての郵便に御中や様と書くのはおかしいので

印字では「行」と書かれてあるんです。

 

ですからこちらから送る場合は当然「行」のままでは失礼になりますので、

御中や様にしなければいけません。

 

でも、すでに「行」と書いてあるのに

どうやって御中や様に変えるのでしょうか。

 

ではここではすでに印字されている行を

御中や様に変える直し方を説明します。

 

まず「行」の上にボールペンで2行線を書き、行を消します。

 

この場合横線で消すのか縦線で消すのかという問題ですが、

基本的にはどちらでもかまいません。

 

ですが行という字は縦線が多いので、

縦線で消すと字に紛れ込んでしまい消しているのか分かり辛いという欠点があります。

 

相手に分かりやすくするなら、横線で消す直し方がオススメです。

 

また、2行線はフリーハンドではなく

定規などでキレイに平行に書くのがマナーです。

 

行の字を消したら、次は御中か様を書きます。

 

ここで注意ですが、御中と様はどちらでも良いという訳ではありません。

 

「御中」は、係や部署、会社など組織や「グループ」の宛名に送る時に使う言葉です。

一方「様」は、個人名など「個人宛て」に送る時に使います。

 

ですから印字された宛名を見て、

組織名だったら行を消して御中に、

個人名なら行を消して様を書き足すのが正しい直し方です。

 

ちなみに「〇〇担当者」という宛名もありますよね。

 

これは組織の宛名なのか個人の宛名なのか迷う所ですが、

「担当者」だけなら組織ということで「御中」にする直し方になります。

 

もし「担当者」の後ろに「〇山〇太」のような具体的な名前が来れば、

当然「様」の直し方になります。

 

また、返信用封筒の宛名が縦書きの場合と横書きの場合がありますが、

縦書きの場合は消した行の左側か下側に、

横書きの場合は消した行の右側か下側に書くのが無難な直し方です。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2