近年、お手入れ簡単で使い心地のいい珪藻土バスマットがとても人気を集めています。

オシャレで機能的なので、使ってみたいという方も多いはず。

カビが繁殖しにくいのが珪藻土バスマットの特徴ではありますが、

中には珪藻土バスマットにカビが生えてしまった…という方もいるようです。

 

普通のバスマットよりは少し値段も高めですし、当然洗濯機で洗うこともできません。

カビが生えたらカビキラーなどの漂白剤を使っても大丈夫なのか、

そもそもカビを予防するにはどうしたら良いのか、カビの取り方は?など、

今回はそんなお悩みを解決するための情報を紹介していきます。

珪藻土バスマットを使っている方も、これから購入を考えている方も

ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク



珪藻土バスマットにカビが生える原因!予防法は?

まず、珪藻土とは一体何なのかというところから紹介していきます。

珪藻は膿や湖で繁殖している藻類の一種で、死滅すると海底や湖底に沈殿します。

時間が経つと、沈殿物から有機物が少しずつ分解され、

二酸化ケイ素が主成分の殻のみが残り、言わば珪藻の化石のような状態になります。

これが、珪藻土です。

 

その珪藻土を切り出して加工し、プレート状にしたものが珪藻土バスマットになります。

珪藻土バスマットは圧倒的な吸水性が特徴で、濡れても短時間で乾きます。

そして、普通のバスマットのように洗濯する必要がなく、

薄いシート状になっているので収納にも便利です。

 

また、水虫の伝染もしにくいと言われています。

水虫は湿った場所で繁殖するので、

短時間で乾く効果のある珪藻土バスマットでは繁殖しづらいというわけです。

デメリットとしては、衝撃に弱く、割れてしまうという危険性があることくらいです。

 

珪藻土バスマットは乾燥しやすいのが特徴なので、

あまりカビに悩まされることはなさそうに思いますが、

使い方によってはカビが生えてしまうことがあります。

 

珪藻土バスマットにカビが生える原因は、

珪藻土バスマットの内部に溜まった水分が外に放出することができないでいることです。

珪藻土バスマットは、湿気の多い場所では空気中の水分を吸収し、

乾燥している場所では内部の水分を放出するという性質があります。

 

ですから、珪藻土バスマットが使用したあとは、

乾燥している場所で珪藻土バスマットの水分を充分に放出させてあげる必要があります。

そのため、常に湿度が高くなりやすいような場所で使い続けると、

お風呂上がりに吸収した水分を充分に放出することができず、

内部にどんどん水分が蓄積されてカビが生えてしまう原因になってしまうのです。

 

特に注意が必要なのは機密性の高いマンションなど、

コンクリートでできた建物内で使用する場合です。

木造の住宅とは違って通気性が悪いため、

換気を怠ってしまうと湿気を溜め込み続けてしまいます。

 

また、新築のマンションは湿気が溜まりやすいので、注意が必要です。

マンションなどのコンクリートの建造物は、

出来てから1年程かけてコンクリートの水分が抜けていきます。

そのため、建物の中の湿度が比較的高くなります。

そういったマンションなどの場合は、

24時間換気を続けることがカビの予防法としては大切です。

 

他にも珪藻土バスマットにカビを生やさないための予防法があるので紹介していきます。


スポンサーリンク


関連記事:珪藻土バスマットは臭いや水虫・汚れなど衛生的に大丈夫?

 

珪藻土バスマットを使用したあとは立てて置く

珪藻土バスマットと床が接している部分は、特に湿気がこもりやすくなっています。

使用後は毎回、壁に立てかけておくことで、

表と裏の両方から水分を放出させることができるので、カビの予防になります。

 

ただし、珪藻土バスマットは強い衝撃で割れてしまうこともあるので、

立て掛ける際には、滑って倒れてしまわないよう、

滑り止めや専用のスタンドに立てかけておくとよいでしょう。

 

脱衣所の換気

なにより湿気を溜めこまないようにすることが大切ですので、

カビの予防のためにはなるべく窓を開けるなどして風通しをよくするようにしましょう。

お風呂あがりの脱衣所はとても湿度が高くなっています。

窓がない場合には換気扇を回すなどして、室内の空気を循環させることで換気しましょう。

こまめに換気すれば藻土バスマットだけでなく、

風呂場のカビ予防法としても効果がありますよ。

 

石鹸や洗剤で洗わない

もし珪藻土バスマットが汚れたとしても、

石鹸や洗剤で洗ってしまうのは絶対NGなので気をつけましょう。

石鹸の成分が珪藻土の微細孔に詰まってしまうことで、

逆に水分を放出することができなくなってしまい、カビの原因になります。

 

また、汚れが微細孔に詰まってしまうことでもカビの原因になりますので、

表面が汚れてきたり、水分が吸収しづらくなってきたと感じた場合には、

紙やすりなどを使用して表面を削ってあげましょう。

新品同様に汚れも落ちて吸収力も復活しますので、

1ヶ月~2ヶ月に1回くらいの頻度でケアしてあげましょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2