珪藻土バスマットは「お手入れが簡単」なのも人気の1つです。

ですが、「あまり洗う必要がない」と逆に

「衛生面は大丈夫?」と心配になりますよね。

 

せっかく体を洗ったのに、不衛生な珪藻土バスマットを使ったせいで

足に臭いがついたり汚れたり水虫になったりしたら

いくら「手入れが簡単」と言っても本末転倒です。

 

そこでここでは、珪藻土バスマットの臭いや汚れ・水虫などの雑菌についてなど

珪藻土バスマットの衛生面にスポットをあててみようと思います。

 

珪藻土バスマットの衛生面について気になる方は、

ぜひ読んでみてくださいね。


スポンサーリンク



珪藻土バスマットって何?

 

珪藻土バスマットの臭いや汚れ・水虫などの衛生面について説明する前に、

「珪藻土バスマットとは何なのか」について少し説明しておきましょう。

 

珪藻土バスマットって最近よく聞くワードですけど、どういうものなんでしょうか。

珪藻土バスマットはその名の通り、

「珪藻土」というものでできている「バスマット」です。

 

珪藻土というのはあまり聞いたことのない言葉かもしれませんが、

七輪やレンガの原料にも使われている、古くから利用されてきた素材です。

 

では珪藻土は何からできているのかというと、

珪藻土は植物プランクトンが化石になったものから作られています。

 

プランクトンからできている珪藻土の表面には

目に見えない小さな穴が無数に空いており、

その穴が水分をよく吸収し、さらにその水分を蒸発させやすいという特徴があります。

 

ですから、風呂上りでビショビショの足元の水分をすぐに吸収してくれ、

さらに吸い込んだ水分は溜め込まずすぐに空気中に放出し

 

バスマットがカビるのを防止してくれるので、

珪藻土は重宝されているのです。


スポンサーリンク


関連記事:珪藻土バスマットのカビの取り方!カビキラーがいい?原因と予防法についても解説!

珪藻土バスマットの衛生面で気になること①臭いは大丈夫?

「あまり洗う必要がない」と言われている珪藻土バスマットですが、

あまり洗わないでいると臭くなることってないのでしょうか?

 

基本的には、頻繁に洗わなくても珪藻土バスマットが臭くなることはありません。

 

まず「臭くなる」原因ですが、臭くなる主な理由は雑菌の繁殖です。

 

水虫を含むいろんな菌が増え、

その菌が出す排泄物や分泌物が「臭い」と言われる臭いの元になります。

 

では、その雑菌の繁殖は何が原因でしょうか。

それは「湿気」です。

 

水虫などの雑菌はじめじめした湿っぽいところが大好きなので、

濡れたまま放置しやすいバスマットは本来雑菌の宝庫になりがちです。

 

逆にカラカラに乾燥した場所は雑菌にとってとても居心地が悪く、

増殖するどころか全滅してしまいます。

 

そこで珪藻土バスマットですが、珪藻土バスマットは特に干さなくても

すぐに自分の力で自分をすばやく乾燥させることができます。

つまり、雑菌が嫌いな「乾燥地帯」になりやすいのです。

 

乾燥した場所に雑菌は増えにくいので、

雑菌は増殖できず結果臭いもしません。

 

ですから、珪藻土バスマットをあまり洗わないからと言って

臭くなるという事はないんです。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2