最近普段使いにリュックを使う人が増えました。

さらに今は日常用のものだけでなく、登山用であろうとスポーツ用であろうと

普段使い用として使っている人を多く見かけるので、リュックの選択肢も増えました。

 

ただ、普段使いで使うとなると

あまりに容量が大きいものは使い勝手を考えると不便です。

 

日常のリュックでメジャーな大きさの目安は20lか30lですが、どう違うのでしょうか。

ここでは普段使いに便利なリュックや20lと30lの容量の具体的な違いについて説明します。

普段使い用にリュックの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク


リュックの大きさ(容量)の種類

リュック選びとなると、まず「どんなデザインが良いか」を気にしがちですが、

それと同じくらい大事な要素があります。

それは大きさ(容量)です。

 

リュックの大きさ(容量)を表すひとつの指標として、「l(リットル)」があります。

これは、「そのリュックにどれくらいものが入るか」を表します。

 

どんなにそのリュックのデザインがよくても、

必要なものが入らなければ意味がありませんから、これは重要な指標です。

 

特に今は、「リュック」と一口に言っても

容量はその用途に合わせて幅広いものがありますから、

リュックを選ぶ時にリットルはデザインに並ぶ大切な要素になります。

 

現在販売されているリュックだと、

小さいものだと10l以下、大きいものだと70l以上のものあります。

 

では、どれくらいの物が入るか、大まかに見てみましょう。

 

10l以下小さい子供用です。

子供用の小さな水筒とお弁当、その他ティッシュやハンカチくらいしか入りません。

 

10l子供用にも使えるリュックです。

勿論大人が使ってもおかしくないリュックです。

 

小さくて軽いので移動の邪魔にならず、簡単なハイキングやサイクリングに便利です。

大人用の水筒やお弁当、ペットボトルやその他こまごましたものも入ります。

 

20l通勤・通学で一番見かけるのが多いリュックです。

容量も耐久性もそれなりにあるので、学生の使う重い教科書やノート、

また化粧道具、財布や小物など通勤や通学で必要なものは一通り入ります。

 

30l20lよりもワンランク上の容量ということで、

こちらは見た目がかなり大きくなります。

通学や通勤で使うには少し大きいかな?というイメージです。

 

学校や仕事の関係で重たい本を持ち歩くことが多い場合は、

耐久度的にこちらが良いかもしれません。

 

50lかなり大きく、旅行で2~3泊するくらいの物が余裕で入ります。

旅行する時のボストンバッグをそのまま背負っているようなイメージです。

 

70l以上4~5泊分の服のほか、1人用テントも余裕で入る大きさです。

完全に登山向けです。


スポンサーリンク


関連記事:サングラスのuvカットの確認や見分け方!寿命や選び方も徹底解説!

普段使いのリュックの大きさ(容量)の目安は?

では、普段使いのリュックの大きさ(容量)は

どれくらいのものを選べば良いのでしょうか。

 

成人が使うのであれば、普段使いとしては10l~30lの容量がオススメです。

 

10lは小さいですが、スマートに見えます。

あまり物を持ち歩かない、大げさにリュックを背負いたくないという人は

10lでも良いですね。

 

20lは一番使い勝手が良いです。

通勤や通学にも使えるほか、

休日に友達とどこかへ出かける、市役所や銀行へ用事があるなど

ちょっとした用事も使えるオールマイティな容量です。

 

30lは普段使いとしてはやや大きめのサイズです。

ただ、大きくなる分耐久性も強くなります。

 

入るからと言ってたくさんの荷物を無理して20lに詰め込むと

早く傷んでしまいますので、

 

普段から物をたくさん持ち歩いたり、買い物をした時に手に持たず

リュックに入れるのが好きな方はこちらを選んだ方が良いですね。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2