厄払いの付き添いの服装や料金は?家族、子供連れで行ってもいいの?

厄年に厄払いする時期に特に決まりはありません。

 

地域での考え方や風習が違ったり

神社やお寺によっても違うからのようです。

 

皆さん、厄年に厄払いはされていますか?

 

厄払いの付き添いや服装、料金、

家族や子供は連れ行ってもいいのか気になりますよね。

今回は厄払いについてご紹介したいと思います。




スポンサーリンク





厄払いをする厄年とは?

 

厄年とは

 

男性:25歳・42歳・61歳

女性:19歳・33歳・37歳

 

こちらの年を本厄といいます。

 

本厄の前の一年にあたる

 

男性:24歳・43歳・60歳

女性:18歳・32歳・36歳

 

こちらの年を前厄といいます。

 

本厄の後の一年にあたる

 

男性:26歳・43歳・62歳

女性:20歳・34歳・38歳

 

こちらの年を後厄といいます。

 

厄年は男女各計9年間の事を指します。

 

全ての厄年を厄払いされる方もみえますが

本厄の歳だけ厄払いをする方が多いようです。

 

中でも男性42歳、女性33歳は

大厄と言われ特に厄が強いと言われます。

 

この年齢と言われるのは社会的にも人生の節目になり

精神的にもストレスが多くなる時で

その歳は昔も今も大きく変わらず厄年として根付いています。

 

男性と女性で年齢が違うのも納得ですね。

 

厄年は数え年で考えます。

 

数え年は生まれたばかりの赤ちゃんを

1歳と考えるので年齢+1歳と数えましょう。

 

基本的に1年中、厄払いは

受け付けて貰え受ける事ができます。

 

一般的に厄払いはお正月から節分までにされるのが

良いとされていますが中には「節分以降に」という

案内をしているところもあるようです。

 

予約が必要な場合もあるので祈祷予定の神社、お寺に

電話で事前に確認すると確実ですね。

 

また厄払いをした翌年は同時期にお礼参りをしましょう。

 

厄払いとは今後の人生を安泰に過ごす為

神様に災いを振り払って頂くことをお願いしているので

厄払いの後に神様に感謝の意を示しましょう。




スポンサーリンク





 

厄払いの服装は正装?付き添いは?

出典:https://img2.mypl.net

厄払いに行く際の服装に決まりはありません。

 

しかし神様や仏様に失礼のない服装に

すべきというのが一般常識とされています。

 

男性:スーツにネクタイ

 

スーツの色は濃い紺色か黒色。

 

ネクタイは派手な色や柄は避け、

ワイシャツは白、靴は革靴にしましょう。

 

女性:スーツやワンピース

 

フォーマルスーツかワンピースで

同じく紺色か黒色でスカートは丈が

短すぎないものを選びましょう。

 

靴はローヒールがいいです。

 

祈祷の会場は靴を脱いで上がり、

他に祈祷を受ける方もみえるので

靴下にも気を付けましょう。

 

短パンや裸足などラフな格好はNGです。

 

付き添いの方も同じく服装に気を付け

ラフな格好は避けましょう。

厄払いの料金は?付き添いも料金が必要?

 

厄払いの料金は祈願料になります。

 

お寺の場合は御布施(おふせ)

神社の場合は初穂料(はつほりょう)といいます。

 

規模の大きな神社やお寺は

ある程度の金額が提示されている事が多いですが

 

「お気持ちでお願いします。」と

書かれている事もあります。

 

その場合厄払いの金額は

3000~10000円が相場となっているので

5000円辺りが妥当かと思います。

 

厄払いの場合付き添いの方も本堂に入って

御祈祷を受ける事ができます。

 

厄年本人の方の祈願料だけで

家族全員御祈祷を受けられるという事です。

 

祈願料を入れる袋は紅白で蝶結びの水引が

かかった通常の熨斗袋を使用します。

 

こちらは無地の紅白水引になります。

 

蝶結び(花結び)は結び目が何度も結び直せる事から

「何度繰り返されても良い」お祝い事やお礼などに使用します。

 

結婚以外のお祝いに幅広く使えるので

ご自宅に常備しておくと便利です。

 

熨斗袋の表面は神社で祈祷を受ける場合は

「御初穂料」お寺で受ける場合は「御布施」と

縦書きで入れ下に氏名を記載します。

 

お札の向きは人物が印刷されている面を

上にして新札を入れましょう。



スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!