犬や猫を飼っていると,

よく虫を捕まえて食べていたりすることがあり,

 

飼い主はヒャ~!!

と驚いちゃいますよね。

 

よくペットたちの餌食(?)

となっている虫に“セミ”がいます。

 

うちの犬や猫がセミを食べる...

 

飼い主が気になるのは

セミを食べても大丈夫なの?

という点ですよね。

 

そこで今回は,セミについて

 

寄生虫などはいるのか,

犬や猫が食べても大丈夫なのか

などの点をまとめました。


スポンサーリンク



セミには寄生虫がいる?その危険性とは?

寄生虫はいろいろな生物に

寄生して生きています。

 

有名所では,カマキリに

寄生する“ハリガネムシ”が

よく知られているでしょう。

 

気持ち悪い!と声を上げたくなる

これぞ寄生虫といった風貌ですよね。

(検索注意!閲覧注意!といった感じ...)

 

そんな寄生虫のなかには

セミに寄生する虫もいます。

 

有名なのは“セミヤドリガ”です。

 

“セミヤドリガ”は蛾の幼虫で

セミに寄生して成長します。

 

寄生虫ときいて想像するような

体内に侵入して体の自由を

奪ってしまう,そんな寄生方法ではなく,

 

外側からセミにくっついて,

外部から養分を吸い取り成長します。

 

セミヤドリガの幼虫は

白い繭に覆われたような

姿をしているので,

寄生されたセミかどうかは

外見だけで判断できます。

 

この寄生虫“セミヤドリガ”

自体には毒もありませんし,

他の生物へ影響を及ぼすような

ことはありません。

 

犬や猫が食べてしまっても

ほぼ問題はないでしょう。

 

ペットが虫を食べている現場を

見てしまって不安に思う飼い主が

多いですが,言ってしまえば...

 

これまでも見ていなかっただけで

虫を食べていたと思いますよ。

 

しかし,寄生されたセミと

分かっているものには

近づかない方が良いでしょう。

 

散歩のときは虫を食べないよう

目を離さず,室内に虫を

入れないように注意しましょう。

 

セミは犬や猫だけでなく,

遊び盛りの子どもたちも

捕って遊んだりするので,

 

遊び盛りの何にでも

興味を持って近づく子どもを

持つ親御さんたちも注意して

見守ることをおすすめします。

 

セミに寄生する生物“冬虫夏草”

セミに寄生する生物として

“セミヤドリガ”が一番

有名で知られていますが,

セミに寄生する生物はその他にもあります。

 

例えば,“冬虫夏草”です。

 

冬虫夏草とはセミやクモなどに

寄生して成長するキノコ類の

一種のことを指しています。

 

このキノコ菌に寄生されるのは

セミが幼虫で土の中にいる頃です。

 

冬虫夏草の菌が土の中で

過ごしているセミの幼虫を

見つけると,体内に侵入して

栄養を吸収して成長していきます。

 

寄生されたセミの幼虫は

地上へ出て行く前に

力尽きてしまいます。

 

セミの幼虫が土の中にいる間に成長を続け,

力尽きたセミの体から芽を出し草となります。

 

セミの幼虫が土の中にいる冬の間に

入り込んで養分を吸い取り

成長する「冬虫」の状態があり,

力尽きた体から発芽して「夏草」となるのです。

 

この寄生生物はセミの幼虫

に寄生するものなので,

犬・猫のセミを食べる問題には

関係しないことが分かります。


スポンサーリンク


セミに寄生する生物“ボーベリア”

セミは“ボーベリア”という

カビの一種にも寄生されます。

 

このボーベリアは虫にとって

最悪の菌で“昆虫病原糸状菌”

の一種に数えられます。

 

この菌はセミだけでなく,

クワガタやカブトムシなど

家庭で飼うこともある昆虫も

菌に侵されてしまいます。

 

何か良く分からない白い物体が

付いた状態の虫のなきがらを

見たことがありませんか?

 

多くは関節部分や口の部分から

白いものが出てきています。

 

そういった虫はボーベリア菌が寄生し,

虫の体から水分を奪い取って

虫の命を奪います。

 

この菌に感染した虫は

水分を奪われ乾燥しミイラ化します。

 

ボーベリアに関しては

虫に対する殺虫効果は高く,

殺虫剤の成分として

入っている商品もあります。

 

今のところ,人間など

に対する害は確認できません。

 

それでもやはり寄生されてしまった虫は

結構悲惨・グロテスクなので,

子どもや犬・猫が近づかないように

気を付けておくことが大切です。


スポンサーリンク



関連記事:ストロベリームーンの待ち受け画像の効果は?願い事がかなう?

セミを食べた!犬や猫は大丈夫なの?

飼い犬や飼い猫がセミを

食べた!と気づいたときに

やはり不安になるのは,

食べて大丈夫なのか?

健康や体に害はないのか?

といった点ですよね。

 

基本的に害はありませんし,

そこまで不安を感じる必要はありません。

 

そもそも野性で生きる犬・猫は

虫も食べていますからね。

 

とはいっても,寄生虫に

寄生されているセミもいると

知って,その点について

不安に感じてしまいますよね。

 

セミに寄生する寄生虫は数が少なく,

食べても感染することは少ないです。

しかし,ゼロではないので

犬・猫の体調がおかしい,と

思ったら動物病院を受診しましょう。

 

特に,下痢・嘔吐・肛門の異変

などが見られた場合は,

寄生虫の可能性が高いです。

 

ただし,食べてすぐに

中毒が起きる,命を落とす,

というような毒性はないので

 

虫を食べていて不安に思う場合は

その後の様子を観察しておきましょう。

 

犬や猫はなぜ虫を捕ってくる?

野性に生きる犬や猫は

生きるために虫も捕る,

ということは理解できますが

なぜ飼い犬・飼い猫までも

虫を捕ってきてしまうのでしょうか?

 

飼い犬や飼い猫ならば,

ご飯も十分に与えられていて

虫も捕って食べる必要性が

感じられませんよね。

 

やはりそこは犬・猫の“本能”

としか言うことが出来ません。

 

犬・猫には狩猟本能があり,

セミなど虫が動く様子は

その本能を刺激しやすいそうです。

 

お腹が空いているかどうかに

関係なく狩猟本能が働いて

虫を捕まえているのです。

 

そしてそのまま食べてしまう

犬・猫が多いのです。


スポンサーリンク


犬や猫はなぜ虫を捕って持ってくる?

なかには,虫を捕まえたよ!と,

口にくわえて飼い主の所まで

持ってくる犬・猫もいますよね。

 

これは飼い主へのお土産に

捕ってきてやったよ!

という意味である可能性があります。

 

大好きな飼い主へのお土産だよ!

 

狩りが出来ない飼い主へ

僕(私)が捕ってきてあげたよ!

 

犬や猫が飼い主の元へ

捕まえた虫を持ってくるのは

大体が善意100%です。

 

飼い主としてはすごく反応に

困るお土産ではありますが,

頭ごなしに叱りつけることは

やめた方が良いでしょうね。

 

虫を捕ることをどうしても

やめさせたい場合は,

首輪に鈴をつけるなどして

虫側が犬・猫に気づいて逃げられる

ようにするなどの方法があります。

 

ただし鈴の音がストレスとなる

犬・猫も確かにいるので,

自分の家の犬・猫が鈴の音を

どう感じているかには注意が必要ですよ!


スポンサーリンク


関連記事:バーベキューの煙対策!煙を出ないようにする方法を徹底解説!

注意!絶対食べてはいけない・食べない方が良い虫は?

セミの場合は食べてしまっても

そこまで心配はしなくても大丈夫,

とは言いましたが,そのほか

虫の種類によっては,

危険で注意が必要な虫もいます。

 

①ヒアリ

ヒアリは“殺人アリ”と呼ばれ,

人間ですら命を落とすことがあります。

 

アルカロイド系の毒を持つヒアリは

刺されるとアナフィラキシーショックや

蕁麻疹,強い痛みなどを感じます。

 

ヒアリを食べようとして,

口周りを刺される可能性があります。

 

②ハチ

ヒアリと同様に口周りを

刺される可能性があり危険です。

 

特に強力な毒針を持つ

スズメバチはとても危険で

命を落とすこともあります。

 

③蛾

蛾には食べたら不味いと感じる

物質を持つ個体もいます。

 

そしてその物質によって

嘔吐してしまうことがあります。

 

蛾を食べて健康被害がある

という訳ではありませんが,

不味い物質で吐き出すことがあり

なかには喉に詰まる可能性もあります。

 

④ゴキブリ

ゴキブリはバリバリの歯ごたえで

犬・猫にとっては結構お気に入りの

部類に入る虫なんだとか...

 

ゴキブリ自体を食べることは

飼い主が感じる嫌悪感以外には

問題はあまりないのですが,

殺虫剤やホウ酸団子など

対ゴキブリ退治用のものが

仕掛けられている場合は別です。

 

ゴキブリに殺虫成分やホウ酸が

付着している,体内に残っている場合,

その成分をペットが摂取してしまい

犬・猫にとっても毒となります。

 

特にホウ酸はとても有害で,

少量でも命を落とす可能性があります。

 

人間のゴキブリへの嫌悪感は

とっても高いですよね。

 

ゴキブリ退治用のものは

全く置いていない,

というご家庭は少ないです。

 

そのため,ゴキブリについても

食べない方が良いでしょう。


スポンサーリンク


関連記事:ベランダで焼肉はマンションでもOK?ホットプレートのおすすめは?

最後に

今回は,犬や猫がセミを食べる...

という悩み・不安について,

 

食べても大丈夫なのか?

寄生虫は大丈夫なのか?

などの情報をまとめました。

 

セミ自体を食べる分には

問題はありませんし,

犬・猫の狩猟本能なので

やめさせることは難しいでしょう。

 

やめさせたい場合は,

虫に逃げ切ってもらうことを

考えた対策法を取りましょう。

 

また,犬や猫にとって

絶対に食べてはいけない虫,

食べない方が良い虫がいます。

 

問題のない虫であっても

出来るだけ食べないように

犬・猫をよく見ておきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!