鶏肉は豚肉や牛肉と比べると値段が安く、家計に優しい食材です。

特にモモ肉なんかは、塊のまま焼けばちょっとした贅沢なステーキになりますよね。

 

ですが、鶏肉は火が通りにくい食材です。

外はしっかり焼けていても、中はかなり生焼けという事も多いんです。

 

そこでここでは、鶏肉の火の通り具合の確認方法について、

色や時間などから詳しく解説します。

鶏肉を安全に食べたい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


スポンサーリンク



鶏肉は多少生でも大丈夫!?

鳥刺しというのを知っていますか?

鳥刺しは多少手は加えてあるものの、生のままの鶏肉でできています。

 

ですから、「鳥刺しがあるくらいだから、鶏肉って生でも大丈夫でしょ?」と考え

鶏肉が生焼けの状態でも食べようとする人がいます。

 

ですが、それは絶対にダメです。

なぜなら、鶏肉はほかの肉に比べて食中毒を引き起こしやすい肉だからです。

 

鳥刺しを作る鶏の生肉は食中毒に気を付けてかなり新鮮なものを使用し、また

寄生虫や細菌が付かないように特に厳重な管理や取り扱いを行っています。

 

しっかりしたプロの目の管理があるからこそ、生の鶏肉でできている

鳥刺しは安全に食べる事ができるのです。

 

ですが、「加熱用」として売られている鶏肉は事情が全く違います。

 

もともと食中毒を起こす危険性のあるものは、

しっかり加熱すれば全て死滅させる事ができます。

 

ですからその分、加熱用の鶏肉は鳥刺し用の肉ほど

厳重に管理がされている訳ではありません。

 

生で食べる前提ではないので、それも当然です。

 

そんな鶏肉を生で食べたら、当然食中毒を起こします。

 

鶏肉を安全に食べられるのは、「鳥刺し」として出されているものだけです。

加熱用の鶏肉とはもはや全くの別物といってもいいでしょう。

 

普通に売られている加熱用の鶏肉は生食用ではないので、

例え一部でも生の部分が残っているのなら、

そこはしっかり加熱し直してから食べてください。


スポンサーリンク



生の鶏肉で怖いカンピロバクター

加熱用の鶏肉を、例え一部分でも生で食べる事は危険です。

 

そこでここでは、生の鶏肉を食べる事で感染する

カンピロバクターという細菌について紹介しましょう。

 

カンピロバクターは牛や豚や鶏などの家畜だけでなく、

犬や猫などペットにもよくいる細菌の一種です。

 

食肉に加工させる時点できちんと除菌はされますが、管理が甘いとすぐ増殖し、

特に鶏肉から見つかる事が多い細菌です。

 

カンピロバクターに感染すると、2~7日の潜伏期間を経たのち、

カンピロバクター腸炎という病気を引き起こします。

 

このカンピロバクター腸炎というのはいかにもな食中毒の症状を引き起こし、

激しい腹痛・下痢・嘔吐・頭痛・眩暈・発熱などを発症させます。

 

だいたいは数日で自然治癒しますが、

体調が悪い時に感染すると敗血症や髄膜炎などの合併症を引き起こしたり

手足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群という別の病気を発症させたりします。

 

カンピロバクターから発症する食中毒は怖いですが、

そこから副作用として発生する病気もとてもやっかいです。

 

副作用として発生した病気は、治るのもかなり時間がかかります。

 

ですから、焼いた鶏肉に少し生焼け部分があった場合、

「ま、いっか」と言って気軽に食べないようにしてください。

 

生の鶏肉、鳥刺しならコチラで!

鶏肉は「レアで食べる」という食べ方ではなく、

生なら生、加熱なら完全に加熱とくっきり分けて食べるのが大事です。

 

ですが、カンピロバクター腸炎など怖い病気の話を聞くと、

生の鶏肉を食べるのも怖くなってしまいますよね。

 

でも、生の鶏肉もきちんと「生食用」のものとして

管理されているものであれば大丈夫です。

 

そこでおすすめなのが、こちらの鹿児島の鳥刺しです。

 

なぜ鹿児島がおすすめなのかと言えば、

鹿児島の郷土料理のひとつが鳥刺しだからです。

 

県として鳥刺しをおすすめしているからこそ、鳥刺しで食中毒などを起こさないように

他の所よりかなり厳重な取り扱いをしています。

 

ですから、こちらの店ならより安心して鳥刺しを食べる事ができますよ。

生の鶏肉が食べたい!と思ったら、ぜひこちらから購入してみてくださいね。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2