静電気対策にはハンドクリーム!効果やおすすめのハンドクリームをご紹介!

毎年、乾燥が気になる季節になると、もうひとつ気になるのが静電気!

ふとした瞬間に、バチっとくるあの感覚と痛さにはうんざりしますよね。

気をつけていても防げるものではないので、

ドアノブに触れる時などには、いつも少し緊張してしまいます。

 

こんな些細なことですが、イライラの原因になることもあるので

静電気を防止できるなら嬉しいですよね!

そこで、今日は簡単にできる静電気対策についてご紹介したいと思います。

身近なものだけでできるので、すぐに実践できますよ!




スポンサーリンク






静電気が起こる原因は?対策にはハンドクリームがおすすめって本当!?

ドアを開けようとする瞬間や、思いがけず他の人と手が触れてしまった瞬間など

痛いほどの静電気に見舞われることは、

乾燥が気になる季節や冬にはよくあることですよね!

 

そもそも静電気ってなに?どうして起こるの?と疑問に思っている方も

いるのではないでしょうか。

そこで、静電気の原因をまずは知っておきましょう。

 

静電気が起こる原因は?

静電気の起こる原因は、人体が持つ電荷にあります!

人体だけでなく、全ての物体はプラスもしくはマイナスの電荷を帯びています。

この電荷が動いている状態を電流と言うのですが、

電荷が止まった状態になることで起きる現象を「静電気」と呼んでいます。

 

日常の現象に置き換えて説明すると、

体内の電気が、ドアノブという伝導体に触れた時に

体内にたまった電子が一気に放出されることで静電気が発生しているのです!

 

ちなみにこの現象は、気温が25度以下、湿度が20%以下で

起こりやすいことがわかっています。

そのため、冬は静電気の季節というイメージになっているんですね。

 

そして、もうひとつ原因が!

冬はどうしても重ね着をしたり、衣類の素材も化学繊維のものが増えますね。

ポリエステルのスカートにウールのセーター、ナイロンのストッキングなど

どうしても静電気が発生しやすい組み合わせになってしまうのも

冬の静電気の発生理由になっていたんですね。

 

どうしてハンドクリームが効くの?

では、なぜ静電気対策にハンドクリームが有効なのかというと、

その保湿効果にあります!

 

ハンドクリームのパッケージには、「尿素配合」とか「ヒアルロン酸配合」

といったような表示をよく目にしませんか?

この成分が非常に大切なんです!

尿素もヒアルロン酸も保湿や保水の効果が非常に高く、体の水分が蒸発するのを防ぎ

潤いを与えてくれる効果があるのです。

 

人間の肌が乾燥していると、自然に行われるべき放電がうまくいかず

あのバチっとした痛みを伴う静電気現象につながっているのです。

逆を言うと、保湿されている肌なら放電が自然と起こっていて

体に帯びる電気の量も少ないので、静電気が起こりにくくなるんですね!

 

このように乾燥と密接な関係がある静電気なので、

ハンドクリームに含まれている成分が非常に有効だったということなんですね!

しかもハンドクリームは持ち歩きがしやすく、使うのに手間もありませんし、

保湿をするのに非常に効果が高いアイテムなので、

静電気対策におすすめなんです!




スポンサーリンク






ハンドクリームの効果的な使い方とおすすめが知りたい!

静電気対策にはハンドクリームがお手軽で効果が高いことが分かりましたが、

適当に塗るだけでは、効果が十分に得られないことも。

そこで、塗り方のポイントやおすすめのハンドクリームをご紹介したいと思います!

 

ハンドクリームの塗り方は?

まず下準備として、手の水分をしっかり取り除いておくこと。

柔らかい素材のタオルやペーパータオルなどで、手を拭いておきましょう。

ちなみに気になる方はハンドクリームを塗る前に

ハンドソープで手を洗ってもOKです。

その場合、お湯は必要な脂分まで洗い流してしまうことがあるので、水にしましょう。

 

その後、ハンドクリームを手に適量出して、体温で少し温めます。

このワンステップだけで、クリームの伸びがよくなり浸透力もアップ!

ほんの数秒のことだからこそ、忘れてしまいがちな動作ですが

意識して行うようにして、自分のクセになるようにしましょう。

 

そして、女性ならハンドクリームをつけた手で

ストッキングを履いた足を太ももから膝くらいまでひと撫でしておきましょう。

これで足にまとわりつくスカートの不快感も軽減できます!

 

また髪の毛の乾燥も静電気を招きますし、静電気のせいで髪が広がり

ボサボサに見えてしまうのも恥ずかしいですよね。

これを防ぐのにもハンドクリームは有効。

ハンドクリームを塗った手で、毛先にも少しハンドクリームをつけるように

髪を整えましょう!

 

これだけで髪の乾燥はずいぶん抑えられます。

出先で髪の乾燥が気になるときの応急処置としても使える方法ですよ。

ただし、塗りすぎは髪がベットリするだけ!

ヘアケア用品のような効果があるわけではないので、あくまでほんの少量にしましょう。

 

おすすめのハンドクリームをご紹介!

ここでは、保湿効果が高いおすすめのハンドクリームを

いくつかご紹介してみたいと思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

尿素に重点を置いたハンドクリーム。

乾燥で硬くなった肌も、潤いを与え柔らかく復活させてくれます。

大容量なのでふんだんに使えますし、オフィスのデスクや

自宅用として常備しておくのがおすすめです。

 

手だけでなく、かかとのヒビ割れにも効果があるので、

お風呂上りなどに足にしっかりと塗れば、ストッキングの伝線も改善されますよ。

 

こちらはヒアルロン酸を配合したものです。

シアバターも含まれているので、保湿効果がさらに高くなっています。

また、香りにもこだわっているので女性らしさが際立つ

甘く優しい香りで、練り香水としても使う事ができるハンドクリーム。

 

サラッとした付け心地なので、パソコンを使ってもOK。

リラックスした気分で仕事もはかどりますよ。

 

最後は、敏感肌の方にもおすすめできるハンドクリーム。

温泉水を成分としたアベンヌのコールドクリーム成分配合なので、

非常に肌に優しく、手荒れやあかぎれ、しもやけにも効きます。

 

さらに付け心地がとっても軽く、肌への浸透のスピードが非常に速いので

ハンドクリームのベタつきが気になる方にもイチオシです。

私も何年も愛用しており、冬には欠かせないアイテムになっています。




スポンサーリンク





静電気は体質にも原因があった!

異常に静電気が起こりやすい人がまわりにいませんか?

これはいわゆる「静電気体質」ということになるのですが、

それには本当に体質が関係していたんです!

心当たりのある方はぜひ改善していきましょう。

 

静電気がたまりやすい原因はこれかも?

静電気体質の人には、共通点が見られるのですが、

先にご紹介した、衣類の組み合わせもそのひとつです。

 

そのほかには、こんな特徴が・・・

体調不良が続いている

栄養状態が良くない

慢性的にストレスがかかっている

 

これだけ見ると、単純に健康状態が悪いだけでは?と思ってしまいますが、

身体や心が不健康であると、マイナス電子が奪われていきプラスの活性酸素が増えます。

これはつまり老化現象のことなのですが、冬場の乾燥と相まって

プラスの活性酸素が増えることにより、静電気体質になってしまうのです。

 

体質改善で静電気とサヨナラできる!

心当たりのある方はちょっと心配になってしまったかもしれませんね。

日常生活を見直すことで、改善ができるので、簡単なことから実践してみましょう。

 

まずは、水分!

ハンドクリームで肌の水分は補えたとしても、身体の中はどうでしょう?

とくに冬は乾燥しがちなので、喉が渇いたと感じる前に水分を摂ることが重要。

水でもいいですし、電解質を含んだスポーツドリンクなどでもいいですね。

 

そして、つぎにストレス対策。

体が疲れているときは、体内のイオンバランスが崩れやすくなっています。

その日の疲労はその日のうちに解消することを心がけ、

ゆっくり湯船につかるとか、十分な睡眠をとるなど

基本的な体の休め方をひととおりやってみるのもOK。

 

ストレスが積み重なったり、日常的な不健康が続いていると

アレルギーや冷え性、肩こり、偏頭痛などが起きやすくなってきます。

そういった慢性的な不調を感じている方は、体内の老化がすすんでいる

可能性もあるので、適度な運動も取り入れることを意識しましょう!

関連記事:マンションの寒さ対策!窓や床の防寒方法を詳しく解説!

他にもある?静電気の予防、対策をご紹介!

先ほどの項目で静電気体質の改善をご紹介しましたが、

そういった体質の改善は今日、明日に効果が出るものではありませんね。

そこで、今すぐにでもできる静電気の予防や対策法もご紹介してみたいと思います!

 

柔軟剤

まずは、柔軟剤を使うこと。

柔軟剤には静電気を予防する効果があるので、柔軟仕上げは必ずしましょう。

 

ニットやデリケートな作りのオシャレ着などは、手洗いをする事もあると思いますが、

その場合には、ぬるま湯に柔軟剤を入れて衣類に

柔軟剤を染み込ませるように押し洗いします。

20回ほど押したら、洗い流さず脱水にかけるだけで完了ですよ!

 

素材の組み合わせ

そして次に、素材の組み合わせを考慮してコーディネートすること。

静電気が起こりにくい素材である、綿、木綿、麻をうまく取り入れましょう。

しかし冬はどうしてもウールやアクリルのセーターなどを着ますよね。

 

そういった場合には、セーターの下には綿のシャツやカットソーを着ましょう。

静電気が起こりにくい素材を1枚はさむことで、ずいぶん抑えられますよ。

とくに一番肌に触れるインナーはよく素材を確認して、上に着るものを決めましょう!

 

もしくはマイナスの電気を帯びる素材は、同じ性質をもった素材と組み合わせることで、

静電気の発生を防ぐこともできます。

例えば、ウールはプラスの電気を帯びるので、仲間であるナイロンと組み合わせ、

ポリエステルならマイナスの電気なので、同じ性質を持つアクリルと相性がいいのです。

このように電気の性質を利用した組み合わせができればコーデの幅が広がりますね!

関連記事:スカートの静電気除去対策!応急処置も詳しく解説!

静電気除去グッズ

最後に、静電気除去用品を使うことです。

これもやはり効果があり、静電気除去スプレーやキーホルダーなど

持ち歩きに便利なものが多いので一つもっておくと安心です。

 

しかし、オフィス内での移動の際や、家の中で過ごしている時など

どうしてもそういった製品が手元にない時もありますよね。

そんな時の最終手段としては、コンクリート、レンガ、木などの

電気を通しにくい素材にタッチしてから、ドアノブに触れることも有効。

数秒で済む動作なので、試す価値アリですよ!




スポンサーリンク





関連記事:こたつのほこりで火事になる?掃除方法について詳しく解説!

最後に

今回は静電気の起こる原因からハンドクリームの有効性などをご紹介しました!

静電気は必ず人体に存在する電荷に起因しているので、

静電気自体をなくすのではなく、静電気が起こる原因を防ぐことで

冬でも快適に過ごすことができそうですね!

 

そして静電気が起こりやすい静電気体質の人は

健康バランスが崩れているサインかもしれないので、

疲れやストレス、日常生活に無理がないかなどを見直すきっかけとして捉え、

健康な体を作る努力をしましょう!



スポンサーリンク

サブコンテンツ