町内会を運営にする為には、町内の各家庭から町内会費を集めなければいけません。

ただ、集金というのは中々神経を使いますよね。

ですが、回覧板などで情報を事前に告知しておくと、

集金する人も集金される人もやりやすくなります。

 

そこでここでは、町内会費の集金がスムーズにいく方法やお知らせの例文、

また留守時の手紙の例文や時間についても詳しく解説します。

 

町内会費をスムーズに集金したい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


スポンサーリンク


町内会費は、何に使われるの?どうして金額に差があるの?

町内会費の集金がスムーズにいく方法やお知らせの例文、

また留守時の手紙の例文や時間についても詳しく解説する前に、

まずは「町内会費とは何なのか」ついて軽く見ていきましょう。

 

町内会費とは、その町に住んでいる人が払う会費です。

 

ただ、町内会費を払った事がある人なら分かると思いますが、町内会費を払う時、

例えば実家の町は年1000円だったのに、就職先の町は年5000円だったなど

金額の差に驚いた事はありませんか?

 

実は町内会費は町でかなりの金額の差があります。

それは、その町の特色に拠るところが大きいからです。

 

町内会費として集めたお金は、その町の運営やイベントに使われます。

 

例えば町に設置する公共の看板やごみ集積所の維持費、

町内で行われる子供会のイベントや運動会などです。

 

さらにその町で毎年大きな祭りが開かれる場合、

お祭りの準備などで色々お金がかかりますから会費が高くなる事があります。

 

一方、イベントも何もない町だと支出がそれほどないので町内会費は

安くなる事があります。

 

このように、町内会費は「その町を運営したりイベントを開いたりするのに使われるお金」であり、

またその運営方針やイベントの多さによって

町内会費の金額は町によって金額に大きく異なります。

 

「町内会費の高さで引っ越し先の町を選別する」という人もいるくらいですよ。


スポンサーリンク



町内会費の集金のお知らせは、回覧板が便利!

町内会費は、町の運営の為の大事なお金です。

できればトラブルなく、スムーズに集金したいですよね。

 

もし町内会費をスムーズに集金したいなら、重要なのは「事前告知」です。

 

集金はお金を集めるという事ですが、

集金する為にいきなり町内の家庭を回っても、

住民の手持ちがなくて空振りする事があります。

 

また、相手に細かい金額がなく大きいお金ばかりもらってしまい、

お釣りの小銭が足りなくなって会費を受け取れない事もあります。

 

そうなるとお互いに二度手間ですよね。

 

でも、事前に「〇日の〇時頃集金に伺います」など知らせておけば、

住民の方もきちんとお金が用意できますし、

さらにきちっとした人なら会費ぴったりの細かいお金を準備する事もできます。

 

では、町内会費の事前告知をスムーズにするにはどんな方法を取ればよいのでしょうか。

町内会費の事前告知でおすすめなのが「回覧板」です。

 

回覧板は必ずその町内に住んでいる人全員に回すものですので、

町内の人に知らせるには簡単で確実な方法です。

 

また情報弱者であるお年寄りも、町内を回る回覧板は必ず目を通す方がほとんどなので、

若者からお年寄りまで色んな人が住む町内の人全員に告知するには

回覧板は最も有効な手段だと言えます。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2