マンションの寒さ対策!窓や床の防寒方法を詳しく解説!

マンションは気密性が高いのですが、

部屋の向きが画一化されているため、南向きの部屋はそこそこ暖かいのに、

玄関がひどく寒くて大変ということが良くあります。

 

一戸建ての注文住宅などの場合だと、

最初の時点で断熱がしっかりしてあればいいのですが、

マンションの築年数によっては、断熱材が入っていなかったり、

階数や部屋のある場所によっては、外気温に左右されることもあります。

 

マンションだと冬寒い部屋がある一方で、

冬はそれほど寒くないのに、夏が暑いといった部屋もあります。

温度差が激しいせいで、結露やカビができることも多くなっています。

 

そこで今回は、マンションでの寒さ対策として、

すぐできる防寒対策や、窓や床のお金をかけずにできる寒さ対策をご紹介します。




スポンサーリンク






マンションが寒い!なぜ寒いの?原因は?

断熱性や気密性が高いと、暖房や冷房がそれほど必要ではなくなりますが、

実際にはマンションに住んでいて、

「日当たりがいい南側は暖かいのに、玄関に行くと寒い」ということがあります。

 

これはマンションがコンクリートで作られていること、

そしてあまり断熱性や気密性が高くないことが大きな原因です。

マンションや住宅を建てる際には、地域によって必要な断熱性が変わります。

さらに断熱性が高くても、気密性が低いと温まった室内の暖気は外に逃げてしまいます。

 

目安となる断熱性や気密性の数字はありますが、

実際には厳しい基準が定められていないため、冬になると寒いということが起きます。

特に角部屋や1階、地下が駐車場になっているマンションの1階、最上階の部屋は

外気温に影響されます。

細長い部屋の作りだと、さらに温度差が激しい場所が出てきてしまうのです。

 

断熱性や気密性は、家ができた時点ですでに決まっているものなので、

後からそれを解決することは、リフォームやリノベーションをしない限りは無理です。

また24時間換気として、常に外気とつながっている状態も、

2時間程度で空気の入れ換えをしてしまうため、部屋が暖まらない原因となります。

 

賃貸のマンションやアパートの場合は、築年数によっては、

そもそも部屋だけでなく窓や玄関ドアなども、断熱性や気密性が高くないことがあります。

この場合は、寒さ対策をするしかありません。




スポンサーリンク






マンションの寒さ対策!すぐできる防寒方法とは?

断熱性や気密性が低く、隙間風が入ってくる場合は防寒対策を採るしかありません。

 

服を重ね着する

外に出掛ける時のように、厚手のコートなどを着る必要はありません。

むしろ薄手のものを何枚も重ね着することで、服と服の間に空気の層ができるので、

厚い上着を着るよりは暖かくなります。

 

発熱するヒートテックの下着を着るのもおすすめです。

薄手ですが皮膚から出ていく水蒸気を吸着するため、

肌に触れる部分はヒートテックの服を着るようにすれば、

それほど重ね着しなくても十分暖かくなります。

 

また首回り、手首、足首をしっかり温めることもおすすめです。

この3つの首には大きな血管があり、温めることで血行が良くなるため、

効率的に体を温めることができるからです。

 

なるべく素肌を外気にさらさないようにしっかりと保温することができれば、

寒い部屋でも快適に過ごすことができます。

 

部屋の湿度を高くする

冬は空気が乾燥しやすく、湿度が低くなることも体感温度を下げることになります。

エアコンなど暖房器具によって、さらに乾燥が進みます。

湿度は40%から50%が快適とされていますので、湿度計を使って確認しましょう。

 

また合わせて水分もしっかり取ることが必要です。

温かい飲み物で、コーヒーや緑茶などカフェインが含まれていないものがおすすめです。

カフェインには利尿作用があるので、

飲み過ぎるとかえって体から水分が出てしまいます。

 

暖房を入れる

エアコンだと電気代が心配、という時には、

こたつや電気カーペットがおすすめです。

部屋全体ではなく、自分がいる場所だけを快適にするなら、小さいカーペットで十分です。

ただし体から水分が奪われやすいので、まめに水分補給をするなどして対策しましょう。

 

またエアコンも、気密性が低いと外に暖気が逃げてしまいます。

さらに暖まった空気が上昇してしまうので、床のあたりは寒くなってしまいます。

扇風機やサーキュレーターで空気を動かすようにしましょう。

 

換気扇を止める

お風呂の湿気対策や、トイレの臭い対策で

換気扇をいつもつけているということはないでしょうか。

換気扇は部屋の中の空気を外に出してしまい、外気を取り入れるので、

常に部屋の空気が冷えてしまいます。

必要な時以外は、換気扇を止めましょう。




スポンサーリンク





マンションの寒さ対策!窓の防寒対策は?

マンションの部屋の寒さの原因として、窓があります。

外気が入らないように二重サッシになっているものであればいいのですが、

そうでない場合はどんどん窓で空気が冷やされてしまい、部屋が寒くなります。

窓の対策をしっかりすることで、寒さ対策になります。

 

カーテンを変える

断熱効果のあるカーテンに変えましょう。

もしくは断熱効果のあるビニールカーテンを追加するという方法もあります。

部屋の空気が窓に触れ、冷えた状態で部屋に戻らないようにすればいいので、

カーテンは床につくぐらいの長さにします。

そしてカーテンのレール部分をボックスで覆うと、効果がアップします。

 

同じく遮光効果のあるカーテンも、断熱の効果があります。

レースのカーテンも

遮光、断熱の効果があるものにすると、より断熱効果が高くなります。

 

窓に断熱シートを貼る

梱包材のプチプチを直に窓に貼り付ける他、

断熱のビニールシートを貼る方法もあります。

窓を開けることをやめて、窓を覆い隠すようにシートを貼ることで、

隙間から入り込む外気を遮断することもできます。

 

アルミサッシの場合は断熱テープを貼る

 

窓枠がアルミサッシだと、外気が直に伝わり、窓と同じように部屋を冷やします。

サッシに断熱テープを貼るようにしましょう。

断熱テープで、窓の四方を塞ぐことでも、外気を遮断することができます。

 

建て付けが古い建物だと、どうしてもサッシや窓に隙間ができてしまうので、

できるだけその隙間を埋めることで、寒さ対策になります。

 

カーテンを買い替えるのはお金もかかりますが、

このビニールカーテンなら低予算で窓対策ができます。

カットできるので、窓に合わせての調整も可能です。

夏の紫外線対策にもぴったりのカーテンです。

マンションの寒さ対策!床の防寒対策は?

マンションの床がフローリングの場合、

鉄筋コンクリートのコンクリが冷え、フローリングにも伝わるため

底冷えがしてしまいます。

 

床にも、寒さ対策をすることが必要となります。

できればフローリングの床にカーペットや絨毯を敷き詰めて、

冷えた床が脚に伝わらないようにしましょう。

 

カーペットの下にアルミシートを敷く

カーペットや絨毯の材質によっては、十分に断熱の効果が得られないこともあります。

そういった時の場合に備え、アルミシートを下に敷きましょう。

 

電気カーペットやこたつの下に敷いても、同じように断熱効果があります。

 

床にラグマットやマットを敷く

 

カーペットや絨毯を部屋に敷き詰めると、家具を動かすのが大変だったり、

掃除がしにくいのでカビやダニが心配、という時には、

必要な場所にラグマットやジョイントできるマットを敷くのもおすすめです。

 

コルクや起毛タイプのジョイントマットは、汚れた部分だけ取り外して

洗ったり交換が可能なので、子供やペットのいる家庭におすすめです。

寒さ対策だけでなく、防音効果もあります。

 

マットやカーペットを買うのは厳しい、という時には、

窓の下だけに段ボールを敷き詰めると、断熱の効果があります。

またアルミシートの代わりに敷く方法もあります。

ただし敷きっぱなしにせず、定期的に取り替えましょう。

 

場所に合わせてつなげて使えるアルミマットです。

シートと違い、両面が滑りにくい加工がされていて、厚みもあるので

しっかり床の冷気を防いでくれます。

買い足して広げていくこともできるので、色々な場所で使えます。




スポンサーリンク





関連記事:こたつ布団は干すだけでいい?時間や頻度はどうするの?

マンションの寒さ対策!玄関にも防寒対策をしよう

マンションでは北向きに玄関があることが多く、

実はここから冷気が部屋に流れ込み、底冷えする大きな原因となっています。

窓や床の寒さ対策に加え、玄関も対策をしましょう。

 

玄関ドアに断熱シートやプチプチを貼る

玄関は外気を伝えやすいので、玄関全体に断熱シートを貼ることで、

寒さ対策ができます。

見た目が悪くなりますが、断熱効果はアップします。

 

また玄関の四方に断熱テープを貼るのも、隙間防止になります。

 

床のタイルにマットを敷く

床のタイルも冷えやすい場所です。

ただしマットを敷くと、ずれて滑ることもありますので、

滑り止めを貼って固定が必要です。

ジョイントマットを敷くのもおすすめです。

 

お金をかけずに対策する方法としては、段ボールを敷き詰めるのもありです。

関連記事:こたつの電気代はつけっぱなしだと高い?節約する方法は?

 

郵便受けを塞ぐ

完全に塞いでしまうと物を入れられなくなってしまうので、

段ボールなどで覆いを作るのがおすすめです。

ただし賃貸の場合は、注意しないとテープ跡が残ってしまうことがありますので、

養生テープを使うなどして工夫しましょう。

 

玄関や階段などにのれんをかける

床につくぐらいの長さののれんをかけると、

冷気を防ぎ、暖まった空気が逃げるのをある程度防ぎます。

ビニールカーテンをかけるのもおすすめです。

 

玄関の通路や部屋の出入り口に立てるだけで、冷気を防ぐことができます。

自立式で持ち運びも楽にできるので、

冷気が出ている所に置いたり、テーブルの足下に置いて使えます。

使わない時にも場所を取らないコンパクト設計です。




スポンサーリンク





関連記事:加湿器を和室で使うとカビが出る?ふすまや障子・畳への影響は?

最後に

マンションでの冬の寒さ対策についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

 

マンションはその作りや間取りから、どうしても底冷えしやすいため、

冬になると寒いといったことが起こりがちです。

賃貸の場合は、窓ガラスを変えたり床に断熱材を入れることもできませんので、

道具などを使って寒さ対策が必要です。

 

今回ご紹介した方法は、賃貸でも十分に原状復帰が可能なので、

ぜひ寒さ対策に活用してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク

サブコンテンツ