お店で買ったキウイが当たりだった、外れだったという経験はありませんか。

産毛のような毛の生えたキウイは、見た目で美味しさが分からないので

安売りでたくさん買ったけど、食べてみたら美味しくなかったということもよくあります。

これはメロンと同じく、まだ熟していない状態だったことが大きな理由です。

 

野菜や果物は、収穫する時に未熟な固い状態のものを選んで出荷することがほとんどです。

これは収穫しても野菜や果物は呼吸をしているため、

完熟してから収穫してしまうと、時間の経過と共に腐ってしまうからです。

トマトなどが青いものが多いのは、そういった理由によります。

 

また収穫する時期になっても、完熟しない果物もあります。

メロンやキウイ、アボカドやマンゴーといった南国のフルーツの多くはそうで、

熟した状態にするため、追熟といって室温で数日保存して熟すのを待ちます。

ただ追熟したまま忘れて放置していると、いつの間にか柔らかくなってしまいます。

中が見えないので、完熟して食べ頃なのか、腐っているのか判断が難しいですよね。

 

特にキウイは、柔らかいものの方が甘味が増して美味しいのですが、

いつの間にか中身が傷んでしまうこともあるため、注意が必要です。

今回はキウイの食べ頃の柔らかさと、腐ってしまった時の柔らかさには、

どんな違いがあるのか、また腐った時の臭いや判別方法を詳しくご紹介します。


スポンサーリンク



キウイは腐ると臭い?その判断方法は?

キウイは他の果物と同じように、腐ると異臭がしますが、

腐る前に表面にカビが生えるなど見た目に変化が現れます。

 

実はキウイは収穫したばかりの時は固く、

収穫から1週間から2週間過ぎないと美味しくなりません。

そのためお店で買う場合は、熟していないものが混じっている可能性があります。

ただし室温でも放置していると追熟が進むため、

夏場など気温が高いと、1週間ほどで腐ってしまいます。

 

また熟していないのに悪臭がすることもあります。

これはキウイが低温障害を起こしている時や、

汁を吸う虫が入り込んだり、噛みついたりすることで中が腐っている時です。

 

熟していて腐っていなくても強い臭いが出ることもあるため、

一概に臭いから腐っているとは判断できません。

 

食べない方がいいキウイの状態とは

表面にカビが生えている

キウイは酸味が強いため、腐りにくい果物です。ただ水分が多いため、腐る前にカビが生えることがあります。

 

表面がべたべたしている

中が発酵して腐り始め、中の汁が外に染み出していることで、触るとべたつきます。

 

表面がしわしわになっている

水分が抜けてしまっている状態です。買った時に皮に傷があると、だんだんとそこから水分が抜けてしまいます。

 

表面が変色している

中が腐っていると、表面の色が一部だけ黒くなったり茶色くなったりと変色します。

 

腐ったような臭いと共に、

上記のような変化が見られる時には、食べるのをやめておきましょう。

また食べた時に味がおかしいと感じた場合も、食べるのはやめましょう。

酸味が強かったり、アルコールのような苦みがある場合は、腐り始めています。

胃腸が弱い人や、子供やお年寄りはお腹を壊しますので食べさせないようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事:パイナップルは腐るとどうなる?カビや臭いなど見分け方について詳しく解説!

キウイは腐ると柔らかい?食べ頃を柔らかさで判断する方法

買ってきたキウイをまとめて袋に入れていると、

皮の臭いが強く感じられることがあります。

 

キウイの表面を覆っている皮は、キウイの果実を守るためのものです。

店頭で販売されているキウイの多くは輸入品なので、

農薬などで殺菌してから箱に詰められた状態で輸送されており、

店頭で購入した時に、臭うことが多いのです。

 

こういった場合、洗えば臭いはほとんど気にならなくなります。

ただしいくつものキウイをまとめてビニール袋に入れて、

追熟させると、袋の中で臭いの逃げ場がなく、袋を開けた時にまた臭いが強くなります。

追熟させる場合は袋に小さな穴を開けるようにすると、臭い防止になります。

 

キウイが食べ頃かどうかは、手で持って判断します。

こちらでも紹介されていますので、参考にしてみてください。

 

柔らかいキウイの方が酸味が少なくて甘いのですが、

この状態を見極める場合は、

キウイの頭(へたの部分)とお尻の部分を指ではさんで持ちます。

ちょっと力を入れて、柔らかさ具合を確かめます。

キウイは真ん中の白い部分が一番甘いため、ここが柔らかいとほぼ完熟の状態なのです。

 

ただし柔らかくても、ぐずぐずした状態であったり、

汁がもれている場合は注意が必要です。

柔らかい部分を取り除けば食べられないこともないのですが、

悪臭がある、また汁が酸っぱいといった時には、食べない方がいいでしょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2