どの家にも必ず1つはあると言ってもいい「お菓子」ですが、

安売りのときにまとめて買っておいたお菓子が棚に眠ってしまっていて、

気が付いた時には賞味期限が切れていた…なんてことはありませんか?

 

また、お菓子と言ってもスナック菓子や焼き菓子など、さまざまな種類がありますよね。

それぞれ、賞味期限切れでも食べられる?いつまで大丈夫?

などなど、疑問に思うこともあると思います。

 

そこで今回は、お菓子の賞味期限について、

特にスナック菓子や焼き菓子を中心にお話していきます。

あなたの家のお菓子の賞味期限切れ問題も、これを読めば解決です。


スポンサーリンク



そもそもお菓子の「賞味期限」って?

お菓子と一口に言っても色々な種類があるため、

賞味期限もバラバラです。

また同じようなお菓子でも、メーカーによって賞味期限は異なります。

短いものだと数日程度のものや、長いものなら年単位で日持ちするものもありますよね。

 

そこで、お菓子を購入するときに気にして見てほしいのが、

その表示が「賞味期限」か「消費期限」か、ということです。

似たような言葉ですが、この違いは結構重要です。

 

消費期限というのは、安全に食べることのできる期間を示しており、

その期限後5日以内に品質が著しく劣化するものとして決められています。

一方、賞味期限は、メーカーの推奨する美味しく食べることのできる期間を示しています。

また、賞味期限は消費期限に比べて

品質が劣化しにくい食品に表示されていることが多いです。

どちらも、示されている期間は開封前が前提となっているので、注意しましょう。

 

ちなみに、賞味期限の表示があるもので、

年や月までしか記載されていないものを見たことはありませんか?

それは、賞味期限が製造日から3ヶ月を超える場合、

その表示は年や月だけで良いという決まりになっているからです。

細かい日にちの記載は不要ということですね。

その場合には、賞味期限はその記載されている月の末日までということになります。


スポンサーリンク


関連記事:豚肉は腐るとどうなる?色や臭いなど見分け方を詳しく解説!

お菓子は賞味期限切れでも食べられる?一体いつまで大丈夫?

賞味期限はおいしく食べられる期間の目安ということを紹介しましたが、

それでは賞味期限切れのお菓子を食べるなら、一体いつまで大丈夫なのでしょうか。

 

基本的に、お菓子は各メーカーで日持ちのテストを行っており、

賞味期限の約1.5倍までの期間であれば安全に食べることができると考えられています。

 

ただ、生菓子の場合は製造して5日以内で品質が劣化するのがほとんどなので、

生菓子に関しては賞味期限切れのもの食べるのはお勧めいたしません。

賞味期限切れでも、数日以内であれば見た目や匂いの変化がないことも多いですが、

なるべく食べない方がいいでしょう。

 

一方、ポテトチップスなどのスナック菓子や焼き菓子は、

賞味期限が切れてから1.5倍程度の期間であれば食べてもほぼ問題ありません。

テレビでも、そのように紹介されていたようです。

 

また、チョコレートに関しては基本的に腐ることはありませんので、

賞味期限切れのものでも問題ない場合がほとんどです。

理由としては、チョコレートは製品自体に水分をあまり含んでいないからです。

 

とはいえ、長く放置していると味は劣化しますし、腐らないとは言え

開封済みの場合には脂分が固まって白くなってしまうことがあります。

賞味期限切れでも大丈夫なものは多いですが、

やはりどんな商品であっても、おいしく食べるには

賞味期限内に食べることがオススメされます。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2