教育実習をさせてもらった学校には、後でお礼状を書くのがマナーです。

 

お礼状の中身については書き方を大学で教えてもらえるので大丈夫だと思いますが、

お礼状を入れる封筒の宛名の書き方やお礼状を書いた便箋の選び方や入れ方などは

よく分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、

教育実習のお礼状の封筒の宛名の書き方や便箋の選び方、入れ方について

スポットをあてて説明していきたいと思います。

 

教育実習のお礼状が心配な方は、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



教育実習のお礼状の便箋の選び方

まずは、教育実習のお礼状を書く時の便箋の選び方から見ていきましょう。

 

教育実習のお礼状と言うと、宛名は校長先生か指導教官、

または担当した生徒という事になります。

 

生徒宛てに送る場合はまた別ですが、

校長先生や指導教官へお礼状を贈る場合は社会人のマナーがあります。

 

ですから友達に送るような普通のレターセットではいけません。

 

教育実習の校長先生や指導教官宛てのお礼状の場合は、

こちらのようなスタンダードな縦書きの便箋を選びましょう。

 

便箋は縦書きと横書きがありますが、

日本の正式な手紙のマナーは縦書きが標準なので、

きちんとしたお礼状なら縦書きがおすすめです。

 

さらにこちらの便箋なら付録として中心線の入った下敷きがついてきますので、

「字をまっすぐ書くのが苦手」という方もその下敷きをして便箋に書けば

上手に字を書く事ができますよ。

 

このような便箋なら今回のような場合でなくても誰に送っても間違いはありませんので、

とりあえず用意しておくと安心ですね。

 

もし担当したクラス宛てなど直接生徒宛てに贈る場合は、

こちらのようなかわいいレターセットでも大丈夫です。

 

上で挙げたような格式高い便箋でもかまいませんが、

子供にとっては逆にこちらの方が親しみやすい印象を受けますよ。

 

同じ行先の封書でも宛名によって便箋や封筒を変えるのは

失礼かもと心配する人もいるかもしれませんが、それは全く問題ありません。

むしろ「配慮してくれている」と受け取られますので、安心していいですよ。


スポンサーリンク



関連記事:教育実習のお礼状で校長宛の例文や書き方を解説!

教育実習のお礼状の封筒の宛名の書き方は?

では、次に教育実習のお礼状の封筒の宛名の書き方を説明します。

 

まずは表面です。

表面の書き方ですが、表に必要な情報と書く順番は

 

学校の住所

学校名(〇〇高等学校、など)

相手の役職(校長、〇年〇組担任 など)

相手の名前+先生(山田太郎先生 など)

 

となります。

 

手紙ではよく相手の名前の後に「様」や「殿」を付けますが、

教育実習のお礼状の時は「先生」を付けるようにしましょうね。

 

次に裏面です。

裏面の書き方ですが、

裏面には誰から来た手紙なのか分かるように自分の情報を書きましょう。

 

必要な情報と書く順番ですが

 

自分の郵便番号

自分の住所

大学と所属名(〇〇大学 教育実習生)

自分の名前

 

となります。

 

学校には毎日色んな所から郵便物が届きます。

 

その中で「○○大学 教育実習生」という記述は

相手にとってとても分かりやすい情報ですので忘れないように書きましょう。

 

下に郵便番号を書く四角の欄がある時は、そちらに郵便番号を書きますので

上の部分に郵便番号を書く必要はありません。

 

さて、お礼状の封筒の書き方が分かったところで、

まずはお礼状の封筒を用意しないといけませんよね。

お礼状を入れる封筒ですが、こちらの封筒がおすすめです。

 

 

便箋はB5サイズですが、こちらの封筒は長形4号という

B5サイズの便箋が3つ折りでスマートに入る定形郵便物になります。

 

こちらはお礼状に適した真っ白でしっかりした封筒なので、

ぜひ教育実習のお礼状を贈る時はこちらの封筒を使う事をおすすめします。

 

また、郵便番号を書く四角がついているものがいいという方には

こちらの封筒がおすすめです。

 

こちらは先ほどの封筒とは違い郵便番号を書く欄が印字されていますので、

宛名のバランスもとりやすく書きやすいですよ。

 

また内側は2重包装になっている丁寧な作りなので、お礼状にもぴったりの封筒です。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2