ムカデが家の中にいる原因!どこから入ってくる?巣を作る?

噛まれると腫れ上がってしまうムカデ。

見た目にも気持ち悪いですが、とても凶暴で怖い害虫です。

 

何故か、家の中にいるということも多いですよね。

そもそもムカデはどこから家の中に入ってくるのか?

そんな疑問が湧いてきます。

 

害虫といえば、ムカデよりも有名なゴキブリ。

ゴキブリは巣を作って家の中で繁殖する害虫ですが、

ムカデも同じように、家の中に巣をつくるのでしょうか?

 

ムカデという害虫の姿や形は知っていても、

意外とムカデの習性など知らないことが多いですよね。

 

そんなムカデのことを調べて記事にまとめましたので、

ぜひ記事を参考にして、ムカデ対策に役立てて下さい。

 

おすすめのムカデ対策も併せて紹介させて頂きます。




スポンサーリンク






ムカデが家の中に入ってくる原因は?

ムカデは、ゴキブリとは明確に習性に違いがあります。

 

分かりやすいところでは食べ物で、

ゴキブリは雑食

ムカデは肉食

 

という明らかな違いがあります。

つまり、ムカデは肉食なので、家の中にいる虫を捕食するために

家の中に入ってくるのです。

 

そう聞くと嬉しいことのように思えるかもしれませんが、

ムカデは害虫であり、人に危害を与える生き物です。

 

捕まえようとすると、凶暴なので暴れ狂って攻撃してきます。

人間が噛まれてしまうと患部が腫れ上がってしまいます。

 

ムカデに噛まれたことでの死亡例は少ないですが、

それでも安心することはできません。

少ないというだけであって、全くの皆無ではないのです。

 

免疫の弱い子供は、特に症状が悪化することが多いです。

 

適切に対応して、事前に対策を講じることが大切となります。

素手で対応することは危険なので、絶対にやめましょう。

いざという時のため、ムカデ用の殺虫剤を用意しておくのが

望ましいです。

 

ムカデが虫を捕食するため、家の中に入ってくるのだと

説明させて頂きました。

つまりは、害虫対策を全般的に行うことが、結果的には

ムカデ対策にもなるということになります。




スポンサーリンク






関連記事:ゲジゲジ対策はアロマや薬で!出る時期や原因も詳しく解説!

ムカデはどこから家の中に入ってくるの?

ムカデは、ありとあらゆる隙間から家の中に入ってきます。

僅かでも家に隙間がある限り、ムカデの侵入を阻止することは

できません。

玄関のドアや窓を開け締めする隙を狙って、家の中に侵入して

くることもあります。

 

ムカデは壁を登るのも得意としており、高層階の建物でも、

生活スペースに侵入してくる可能性があります。

 

ムカデの主な侵入経路をご案内します。

 

出入り口(玄関)

天井裏の排気口

床下(畳やフローリングの下など)

台所の排水口

浴室の排水口

トイレの換気扇

 

代表的な経路を紹介しただけで、他にも僅かな隙間から

ムカデは家の中に侵入してきます。

全ての侵入経路を断つのは不可能だといえるでしょう。

 

そして、ムカデは湿気の多いところを好みます。

洗濯機周り、浴室、寝具といった場所にいることが多いです。

他にも、布団、靴、洗濯物の中にいる可能性もあるでしょう。

 

対策がないように思えますが、効果的な対策はあるので、

紹介しておきますね。

 

湿気がこもらないよう風通しを良くしておく

家の周りに殺虫剤を撒いておく

ムカデが隠れやすい場所を排除する

 

ムカデ対策には、ムカデの好まない環境をつくることが

大切になってくるのです。

関連記事:家の蜘蛛の種類!大きいのも小さいのも!対策についても詳しく解説!

ムカデは家の中に巣をつくるの?

ゴキブリは巣をつくり、家の中で繁殖をする害虫ですが、

ムカデは屋外に生息する習性の害虫です。

その点においても、ゴキブリとは異なるといえます。

 

家の中のゴキブリや蜘蛛などを捕食するため、家の中に

入ってきているだけで、巣をつくることはありません。

 

家の中で産卵を繰り返し、増殖していくことがない点は

少し安心できる材料ですね。

 

ムカデが捕食するゴキブリや蜘蛛の対策を講じることが、

結果的にはムカデ対策になるでしょう。

エサとなる害虫がいない環境をつくるのを徹底することこそ、

ムカデ対策として有効な手段となるのです。

 

ムカデの繁殖は5~6月の梅雨時期となり、活動そのものが

活発になります。

その時期を押さえて対策を講じたり、対策を強化することも

効果的な方法といえるでしょう。




スポンサーリンク





関連記事:カメムシを寄せ付けない方法!ハッカ油やミントが効果的?

ムカデのおすすめ対策グッズ3選!

ムカデ対策を講じたいけれど、小さい子供がいるから、

イタズラされるのが心配だという方は多いでしょう。

虫を殺すほどの成分が人体に無害なわけはありません。

 

しかし、対策を講じないわけにはいきませんよね。

 

自宅にムカデがいたことがあるのなら、尚更に対策を

講じるべきです。

人体への影響が少なく、ムカデ対策に効果を発揮する

グッズを紹介させて頂きます。

 

虫よけグッズから、ムカデを発見したときに触れずに

殺せるような殺虫剤をご案内しますので、

ぜひムカデ対策の参考にしてみて下さい。

 

 

殺虫成分を含まない虫よけグッズとなり、小さなお子さんや

ペットのいる家庭におすすめです。

檜の香りを害虫は嫌う傾向にあり、その習性を虫よけに

活かしたものとなります。

どんな家庭でも安心して使えるのが魅力的です。

 

屋内用の虫よけとなり、屋外では効果を発揮しない点も

購入する前に押さえておきたいポイントです。

 

毒性は弱いですが、人体に無害ということはないです。

口に入れたり、飲み込んでしまっては絶対にいけないので、

取扱いには気をつけましょう。

 

 

こちらも上記の虫よけグッズと同じように、檜を主成分に

した屋外向けのスプレータイプです。

効果が60日間も持続するのも見逃せないポイントです。

 

人体への影響が極めて少ないことから、公共の交通機関の

虫よけに採用されている実績を誇ります。

ムカデだけではなく、害虫全般に効果を発揮します。

 

吹きかける量にもよりますが、一般家庭であれば、

一本(350ml)もあれば、一年は使える量といえるでしょう。

 

 

殺虫スプレーとなりますが、殺虫成分を含んでいません。

それでムカデを殺せるの?と思われるかもしれませんが、

マイナス85℃の気体を噴射することで殺すのです。

 

成分には安心できるぶん、人に向けるのが危険なので

取扱いには注意しなければなりません。

しかし、小さい子供がいる家庭でも、成分には安心して

使えるのは嬉しいポイントですよね。

 

こういった特性のある殺虫スプレーなので、対象となる

害虫も幅広いです。

まずは最初の噴射で動きを止め、更に数秒噴射を続けて

止めを刺しましょう。




スポンサーリンク





関連記事:アリの駆除方法!室内の蟻退治に重曹や酢は効果的?

最後に

ムカデの習性から掘り下げて、ムカデ対策に効果的なことを

紹介させて頂きました。

侵入経路を少なくすることは可能でも、

家の中に入ってくるのを完全に防ぐことはできません。

 

それよりも小まめに換気を行って、ムカデが好まない環境を

つくるのが大切だということを分かってもらえたと思います。

 

記事の中でご紹介した3つの対策グッズも、

できれば購入して、ぜひ有効に活用して下さいね。

 

今回は殺虫成分を含まない殺虫グッズを中心に紹介しましたが、

もちろん殺虫成分を含んだものの方が強力です。

 

どうしても問題が改善されずにお困りのようなら、

害虫の専門家に相談してみるのも良いでしょう。

きっと更に適切なアドバイスを受けられるはずです。

 

意外とプロによる害虫の駆除作業も安いですよ。

10,000~20,000円で引き受けてもらえるはずです。

本当に害虫・ムカデに困っているようであれば、

その金額を払うことを高く感じることもないでしょう。

 

虫が苦手な方にとって、ムカデは恐怖の対象ですよね。

なかなか勇気のいることだと思います。

 

ぜひ記事で紹介したことを実践してみて下さいね。





スポンサーリンク


サブコンテンツ