教育実習を終えた後、

お世話になった学校や

校長先生にお礼状を書くことになります。

 

感謝の気持ちや自らの近況

伝えたいことはたくさんあると思います!

 

しかしいざ書くとなると

どのような形式で書くべきなのか

なにを書けばいいのか

迷う人がほとんどですよね。

 

今回は校長先生に宛てた

失礼のない一般的な

教育実習後のお礼状の書き方を

詳しく解説していきます!


スポンサーリンク



校長先生宛の教育実習のお礼状の書き方

書きたいことは色々あると思いますが

思いついたことから書いていくと

文章にまとまりがありませんし

読みにくいお礼状になってしまいます。

 

まずは基本的な文章構成を確認しましょう!

 

1.時候の挨拶

 

2.自分の簡単な近況報告および、お礼

 

3.教育実習を終えての感想、何を学べたかについて

(なるべく具体的、かつ簡潔に)

 

3.今後のこと(進路や決意、意気込み等)

 

4.結びの時候の挨拶

 

5.結語

 

6.日付、自分の氏名

 

以上が一般的なお礼状の構成です。

特に相手が校長先生の場合

よりあらたまった文章で書くべきでしょう。

 

校長先生からの直接的な指導はなく

どのようなことを書いていいか

わからないということもあるかと思います。

 

その場合、学校や実習全体の印象

学校自体の取り組みになどついて触れると

書きやすいのではないでしょうか?

 

また基本的なことですが

お礼状は手書きで、ペンや万年筆を使って

書きましょう。

 

便箋は縦書きのものを使用するのが一般的ですよ!


スポンサーリンク



関連記事:教育実習のお礼状の封筒の書き方!便箋や宛名・入れ方についても詳しく解説!

校長先生宛の教育実習のお礼状の例文

では具体的にどのような文章を書くべきなのか

例文を見ていきましょう!

 

例文

 

拝啓

 

初夏の候、皆様におかれましては

ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

さてこの度は○○学校にて

教育実習を通して貴重な体験を

させて頂いたこと

心より御礼申し上げます。

 

教育実習中は、校長先生をはじめ

多くの先生方に貴重なお教えや

励ましの言葉をいただきまして

誠にありがとうございました。

 

おかげで大変有意義な教育実習を

終えることが出来ました。

 

長いようで短かった実習の中で

さまざまな体験がありました。

 

指導案が不十分であったときは

いくつもの助言の言葉を頂き

自分自身の未熟さや、教職に対する覚悟の甘さを

痛感いたしました。

 

また生徒ひとりひとりに対して

根気強く指導を行う姿に感銘を受け、

生半可な覚悟では教職はつとまらないことや

自らが教職を志す理由や熱意を

あらためて考え直すきっかけになりました。

 

○○学校での教育実習を通して

教師になりたいという願望が益々強くなりました。

 

今後は採用試験に向けて

ご指導いただいた校長先生や多くの先生方の

ご厚意や教訓を活かし

合格目指して頑張ろうと思います。

 

最後になりますが

学校の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。

 

敬具

 

平成△△年△月△日

教育 太郎

(□□県立□□大学教育実習生)

 

○○学校 校長

  • ● ●●殿

 

以上が例文です。

 

具体的なエピソードがある場合は

その体験を通して学んだことや

今後への活かし方について書くと

より一層感謝の気持ちが伝わると思います!

 

また校長先生から頂いた

お言葉や助言などはぜひ

心に留めて置きましょう。

 

そのお言葉や助言をお礼状に盛り込むと

相手側も指導したかいがあったと

次年度の教育実習生の受け入れも

前向きに検討してくれることでしょう!

 

また教職を目指さない場合も、

自身の今後について書くとき

「教育実習での経験を活かし

就職活動に励みたいと思います。」など

正直に書いて大丈夫です!

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2