卒業式の教員の服装!女性・男性別の注意点やネクタイ・ストッキングについても詳しく解説!

3月と言えば、卒業式のシーズンですよね。

卒業式の主役は当然生徒たちですが、式には多くの父兄や関係者、

その市や町の役員方など多くの来賓者が参列しています。

 

そんな中で、気が抜けず悩んでしまうのが教員の服装についてですよね。

卒業生の担任の教員だけでなく、式に参加している他の教員たちも、

どのようなスタイルが望ましいのか、正しいマナーは何なのか、

わからなくて困ることもあると思います。

 

卒業式は子供達がメインとは言え、多くの子供達や父兄の方に見られているわけですから、

綺麗に、または格好よくオシャレをしてハレの舞台に花を添えてあげたいものですよね。

 

そこで今回は、卒業式に教員が着るべき服装について、

女性・男性別に解説していきます。

マナーや注意点についても紹介していきますので、参考にしてみてください。




スポンサーリンク





卒業式の時に着る男性教員の服装は?

学校によっては、古くからの習慣で決められている服装がある場合もありますが、

基本的には校長はモーニング、教頭がディレクタースーツ、

卒業生の担任がブラックフォーマル、

その他の教員は黒、グレーやネイビーなど落ち着いた色のスーツとなっています。

 

ブラックフォーマルウェアと言うと、喪服としても着用されます。

ですから、購入する際はどの季節でも着ることができるよう、

オールシーズンのものを選んでおくと、色々使えるのでおすすめです。

 

ただの黒いスーツとは染め方が異なり

違うものを着用していると一目で分かってしまうので、

購入する際にはきちんと確認しておきましょう。

 

また、卒業生の担任ならばダブル、担任以外であればシングルが定番です。

ダブルやシングルはボタンの並び方の数のことを指し、

ダブルの方がフォーマルな印象を与えるスーツになります。

 

フォーマルダブルスーツ

防シワ性に優れた素材で、パンツもウォッシャブルでお手入れも簡単です。

ウエストも調節可能なアジャスター付きで、非常に着やすく機能的なスーツです。

本格的なダブルスーツながらも手頃な値段なのが嬉しいですね。

 

ネクタイは白が基本ですが、

担任以外であれば、白に近い明るいものであれば問題ありません。

靴も、スーツに合わせた黒や濃茶などが無難です。

目立つのではなく、格式を意識したコーディネートがおすすめです。

 

祝福 白ネクタイ

正装に相応しい白ネクタイでも、無地ではやはり味気ないですよね。

こちらのネクタイは、上品な白ネクタイながらもさり気ないデザインが施されており、

卒業式のような祝いの場でも埋もれることはありません。

4種類の中から選べますので、お好みの物をお選びください。

 

また、最近では卒業生の担任教員の服装として羽織袴を着ることもあります。

ただし、羽織袴は正装であるとはいえすこし派手なので、

主役の子どもたちや校長先生よりも目立ってしまう可能性があります。

 

場合によっては一部の保護者から良く思われないこともありますので、

学校や保護者の雰囲気を考えた上で、着るようにしましょう。




スポンサーリンク





卒業式の時に着る女性教員の服装は?

女性教員の場合の卒業式の服装は2パターンあります。

1つ目は、卒業生の担任の教員が着る袴です。

袴を着る場合には、目立ちすぎない柄や色合いを選ぶ必要があります。

主役は卒業する子どもたちなので、それよりも目立ってしまうような服装だと、

周囲からもあまり良くない印象を与えてしまうかもしれませんよね。

 

袴は黒や紺、紫など落ち着いた色を選び、着物は振袖ではなく、小袖にしましょう。

着物の色も派手な柄物は避け、無地もしくは小さな花柄などがおすすめです。

ただ、袴の色をシックなものにしていれば、着物の色は少し明るめのものでも構いません。

しかし、着物は自分の年齢に合った明るさのものを選ぶといいでしょう。

 

もう1つのパターンは、男性と同様の黒の式服です。

このとき注意すべきなのが、お葬式のように暗い印象になってしまわないよう、

アクセサリーやコサージュを付けることでお祝いの雰囲気を出しておくことです。

 

胸元に付けるコサージュはシンプルなデザインで、かつ大きいと良いです。

色はシルバーやネイビーなどが無難でおすすめになります。

華やかさを出したいときには、ネックレスを付けると良いでしょう。

パールのネックレスは上品で格式高い印象を与えることができるため、

卒業式に付けるべきアイテムとしては特におすすめです。

関連記事:就職祝いのメッセージの例文!友達・後輩や彼氏・彼女など相手別にご紹介!




スポンサーリンク





卒業式の服装にアクセント!おすすめのネクタイやストッキングも紹介!

卒業式の服装で男性・女性ともに共通しているのがブラックフォーマルですが、

暗いイメージになりすぎて、卒業式のお祝いの雰囲気を台無しにしてしまっては困ります。

そのため、卒業式に適したネクタイやストッキング選びなどもとても重要になります。

ここからは、おすすめのコーディネートを紹介していきますよ。

 

まず男性教員ですが、漆黒のフォーマルスーツで出席する場合でも

ネクタイやベストにアクセントを加えることで、華やかさを出すことができます。

特に卒業生の担任教員であれば、

なおさら少しオシャレをして生徒を見送ってあげたいものですよね。

 

そこでまずおすすめなのが、

ジャケットの下にシルバーやネイビー、グレーなどのシャツを着るということ。

ハズレにくいですし、ただ着るだけで良いので難しいことはありません。

さらに、白いチーフや胸元にコサージュをつけることで、

ワンポイントアクセントとしてさらにオシャレ度は増します。

 

ネクタイでのオシャレも可能ですが、結婚式のような派手な装いは避けましょう。

具体的には、赤や青など、カラフルな物は避けるべきと言えるでしょう。

ただ、暗すぎる色合いにならないようにする必要もあるため、

白やシルバー、グレー、白、黒などを組み合わせたストライプ柄が良いでしょう。

 

シルバーライン入りネクタイ

少しゴージャスな雰囲気を出したいときにはこちらのネクタイがおすすめです。

白を基調としながらもシルバーのラインがさり気なく豪華な演出をしています。

ただ、当日の周りの教員達の格好をさり気なく聞いておき、

浮かないようなネクタイ選びをしましょうね。

 

女性の場合、ストッキングの色はベージュがおすすめです。

ストッキングの色を派手なものにしてしまうと、目立ちすぎてしまい、

保護者や来賓の方の目に変にとまってしまう可能性がありますし、

かといって黒のストッキングだと暗いイメージになってしまいます。

 

厚さは30デニール以下が良いでしょう。

防寒対策も兼ねてタイツを履く方もいるようですが、

カジュアルになってしまうのであまり良くありません。

 

ほどよい透け感 シアータイツストッキング 30デニール

ほどよい透け感の30デニールで、縦横に良く伸びるのでフィット感が良いです。

足首のたるみや横縞にもなりにくく、綺麗に履くことができます。

卒業式のようなフォーマルな場にもピッタリのストッキングです。

 

OMERO シルキーストッキング 15デニール

世界トップブランドでもあるイタリアのOMEROから出ているストッキングです。

耐久性と極上のフィット感が特徴で、

激しく動いてもズレたり下がったりしないと評判です。

 

フラットシーム設計で、アウターにも響かないのが嬉しいですよね。

マチ部分がコットン仕上げで、直履きも可能です。

一段階上のオシャレストッキングとして、1つ持っておくのが良いでしょう。

関連記事:祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?




スポンサーリンク





最後に

いかがでしたでしょうか。

教員たちにとって卒業式は、何度も経験する行事の1つですが、

卒業生を送り出す度に、えも言われぬ何かを感じるものでしょう。

そんな大切な行事が毎年行われるわけですから、服装に悩んでしまうのも当然です。

いつも同じ服装で参列するわけにもいきませんし、

周りと同じになってしまうのも考えものですよね。

 

少しでもオシャレをして生徒の卒業を祝福するためにも、

まずは基本的なマナーを理解して、服装を決める参考にしていただければ幸いです。

 

いつかその卒業式を振り返った時、子供たちにとっても教員方にとっても、

素敵な思い出となるよう、服装にも気合を入れて参列することができると良いですよね。

関連記事:就職祝いのお返しの相場やおすすめの品物!のしなどのマナーについても詳しく解説!





スポンサーリンク


サブコンテンツ