財布の寿命、風水では?運気を上げる変える頻度は?

最近は加工技術の向上で、

財布だけでなく色んな物の物持ち(寿命)がよくなりました。

大切に使えばどんなものでも10年20年使える事も少なくありません。

 

ですが、例え壊れたり汚れたりしなくても、

買い替えた方が良いものもあるんですよ。

 

その1つが財布です。

なぜ財布かと言えば、

財布には物としての寿命もありますが、運気の寿命もあるからです。

 

ですから財布は適度に買い替えるのが理想ですが、

では財布を変える頻度はどのくらいが適当なんでしょうか。

 

ここでは財布の風水的な運気の寿命や、財布の変える頻度について説明します。

財布の運気を上げたい方はぜひ参考にしてくださいね。




スポンサーリンク





物には運気の寿命がある!

「物を大切にする」というのは大事な事です。

ですが、だから「古いものをいつまでも使い続ける」という事には良し悪しがあります。

 

特に日本人は物を大事にする人が多いですから、

物が大して汚れていなかったりどこも壊れていなかったりすると

どうしてもそれを捨てて新しいものに買い替えるというのは難しい事が多いです。

 

ですが、物には「道具としての寿命」の他に「運気の寿命」というものもあります。

 

例えば新しいカーテンを買って家に初めてつけた時は、

そのカーテンを見るだけでウキウキしますし

何だか部屋が生まれ変わったような気がしますよね。

 

これは運気がマックスの状態だからです。

 

こういう部屋だと家に友達を呼びたくなりますし、

カーテンを汚さない為に部屋の掃除をしよう!と人に思わせる効果もあります。

1枚のカーテンが、あなたや部屋の運気を向上させているんです。

 

でもそのカーテンも10年も経つと、破れたりそこまで汚れたりしていなくても、

なんとなくぼやけているような印象になりますよね。

 

カーテンを見ても進んで掃除しようとは思いませんし、

目新しさもありません。

これは、このカーテンの運気が尽きていることを示します。

 

昔は物も粗悪なものが多かったので、

道具としての寿命が尽きる時に一緒に運気も尽きてしまう事が多かったのですが、

最近は技術が向上して道具としての寿命が運気の寿命を

かなり上回ってしまうことが多々あります。

 

そうなると物としてはまだまだ使えても、運気の寿命がなくなってしまうので

持っていても運気を吸い取られるだけであまり良いことはありません。

 

ですから運気が切れたものは、まだ捨てる程汚れたり壊れたりしていなくても

買い替えた方が良いのです。




スポンサーリンク





関連記事:財布の使い始め寝かせる効果は?日数や金額・場所について詳しく解説!

財布の運気の寿命が過ぎると、お金が逃げていく!?

物には運気の寿命があることが分かりました。

その中でも特に大きな影響を受けるのが「財布」です。

 

お金は人が生きる為に必要不可欠なものですが、

そのお金を管理する財布は運気がかなり関係してきます。

 

運気は目に見えないものなのであまり信じられない方もいると思いますが、

例えば買い物をしていて

 

「なんか甘いもの食べたいなあ。チョコ買っちゃおうかな!」

「あんまり欲しいものじゃないけど、ちょうど半額だし買っちゃおうかな」

と思う事がありますよね。

 

そういう時、皆さんは買う派ですか?買わない派ですか?

例え買わないと思っていてもつい欲に負けて買う事もありますよね。

ここで無駄な出費を控えさせるのが財布の持つ「運気」なのです。

 

財布はただの道具ではなく、

お金の出入りを一緒に見守る門番のようなものなのです。

 

そして財布の運気が尽きてくるとこの門番的な役割が弱くなり、

財布のひもが文字通り緩み散財しやすくなります。

 

ですから、財布にはしっかりお金を守ってもらう為に

運気の寿命も考えて定期的に変えるという事が必要なのです。



スポンサーリンク



関連記事:古い財布の処分方法!風水では?保管や再利用についても詳しく解説!

財布の運気の寿命、風水では?

運気と言えば風水が一番有名ですが、

財布の運気の寿命はどれくらいなのでしょうか。

 

風水にも色々考え方がありますが、

基本的にはだいたい3年が財布の寿命とされています。

 

3年だと、財布なら汚れたりするこはありますが

「使えなくなるほど壊れている」という事はあまりないですよね。

 

ですからつい多くの人が3年過ぎても同じ財布を使い続ける事が多いです。

 

しかし、3年も経つと買った時ほど財布を大事にしなかったり

財布を見ても嬉しくてトキメク、という事はなくなったのではないでしょうか。

 

これは、財布の運気が尽きている印です。

最近欲しいものを我慢できなくなったりよけいなものを買い込んだりしていませんか?

 

3年過ぎて自分の行動が金銭的にダラけてきたなと思ったら、

ぜひ財布を買い替えてみて下さい。

関連記事:新しい財布を買ったらすること!使う前にすることを詳しく解説!

運気を上げる財布を変える頻度は?

財布の運気の寿命は約3年です。

ですから財布の変える頻度は3年ごとというのが理想です。

 

ですから、お気に入りの財布があるなら別ですが

普段使いにとりあえず財布が欲しい場合は

あまり高すぎるものは買わず、「3年はそこそこ持つ」ものを買うのが理想です。

 

10年持たせたい!と思うと当然高い財布になりますし、

そうなると財布を1つ買うのも悩みに悩んで疲れてしまいますよね。

 

でも普通、新しいものを買う時ってウキウキするものです。

安くても、デザインが可愛い物がありますよね。

 

そう言うものは「デザインがかわいいけど、長持ちしそうにないなあ~」と

諦めてしまう事も多いですが、財布は3年持てば良いんです。

 

3年経てば、次の財布に買い替えていいんです。

 

「良いものを長く使う」というのも大切ですが、

新しいものを選ぶ・買う・空気を変えるなどトキメキも人生には大事です。

 

「どうせ3年経ったら買い替えるんだし」と思うと

「じゃあたまにはこういうデザインも買ってみようかな?」という勇気も生まれ

「使ってみたら意外と便利だし好きかも!」と

新たな自分の趣向も発見できるかもしれませんよ。

 

人生にトキメキを失わない為にも、

ぜひ財布を変える頻度を3年ごとにしてみてください。

関連記事:財布に入れておくといいものや金額は?入れてはいけないものも詳しく解説!

財布の柄や色で向上する運気も変わる!

財布は新しくするだけで運気が向上しますが、

実はデザインによってさらに運気があがるんです。

どうせなら、自分のあげたい運気に合わせてデザインを選んでみませんか?

 

まず財布の色を見ていきましょう。

 

「黄色い財布は金運を呼び込む」というのは聞いたことがあると思いますが、

その通り風水では黄色は金運を意味し、

黄色い財布を選ぶことでさらに金運をアップさせる事ができます。

 

ただ黄色はかなり特徴的です。

買い物をする時などに人に見られるのが恥ずかしいという方は、

外側ではなく内側だけが黄色の財布でも大丈夫ですよ。

 

白色は清潔さをイメージさせるので、よくない気を近寄らせません。

 

黒色は手堅くしっかりと財布の紐を閉めてくれるので

散財を防止して運気をアップしてくれます。

 

茶色は家計の事を考えやすく、お金を貯めやすくして運気をアップしてくれます。

 

次に財布の柄です。

風水で金運を呼び込む柄は、金運に縁があるとされている

 

蛇、虎、フクロウの模様が入った柄です。

これらの動物は財布だけでなく、

金運アップの為のお守りやキーホルダーにもよく使われますよね。

財布にも効果があるので、ぜひ試してみてください。

運気を上げるオススメ財布①

小さいチョコ、コンビニのレジに置いてある安いお菓子…

その時は「安い!」と思って購入しても、

それが毎日、1週間、1ヶ月と続くとかなりの出費になります。

 

お金がなくなる理由って、意外とこんな細々とした買い物だったりするんですよね。

そんな時にオススメなのが、このエレガント系の財布です。

 

「形から入る」という言葉がありますが、意外と人というのは単純で

ガサツな恰好をすると行動もガサツに、

エレガントな恰好をすると行動もエレガントになるんです。

 

そこで、毎回毎回ちょこちょこよけいなものを買いたくない時は

エレガントな財布にしてみましょう。

 

エレガントな財布を持つと気分もエレガントになり、

安売りしているお菓子なんかがあっても財布を手にすると

「ちょっと貧乏くさいかな…」と歯止めが聞き、抑止力になりますよ。

小さい出費を抑えたい方は、ぜひエレガント系の財布を試してみて下さい。

関連記事:風水で玄関の正面に鏡がある場合の対策は?形や向き・位置はどうすればいいの?

運気を上げるオススメ財布②

黄色い財布は金運を呼び込むのに最適な財布です。

 

「次の新しい財布は、思い切って黄色いやつにしようかな」と

考えている人もいると思います。

 

でもいざデパートなんかで黄色い財布を見てみると

「ちょっとあからさま過ぎない?」と思う事はありませんか?

 

黄色は黄色なんですが、黄色過ぎて悪目立ちしているということはよくあります。

風水では黄色は金運を呼び込むというのは有名な話ですから、人に見られたら

「あの人金運をあげたいのかな」なんて思われるとなんとなく恥ずかしいですよね。

 

そんな時は、この「外側は黒で、内側だけが黄色」の財布がオススメです。

これならぱっと見黄色の財布には見えませんから安心ですよね。

 

勿論家に置いておくだけならどれだけ黄色でピカピカしていても

見るのは自分しかいませんから問題ありませんが、

黄色い財布を持ち歩きたいという方にはぜひオススメの財布ですよ。

関連記事:財布の使い始め2018年はいつがいい?天赦日・一粒万倍日のカレンダー!

運気を上げるオススメ財布③

金運をしっかり呼び込みたいなら、本革の財布がオススメです。

上の説明で、「財布はそこまで高くないものを3年の頻度で買い替えるのが良い」と

書きました。

 

3年さえ持てばよいと考えると、購入する財布はしっかりした本革ではなく

ビニール製でも合皮製でも良いような気がしますが、

 

ビニールや合皮は3年も使うと、捨てる程ではないものの

必ずどこか破れたり中のゴミが見えて野暮ったくなります。。

 

財布は3年持てばよいとはいうものの、

それは「とりあえず3年間財布として使えればよい」というのではなく、

「3年間トキメキを失わない財布」というのが重要です。

 

例えるなら「デビューから引退まで人気絶頂のアイドル」でしょう。

途中で野暮ったくなると、それはもう運気がかなり落ちています。

 

そう考えると、最初から最後までトキメキを失わないのは

やはり本革が一番適任になります。

 

本革は破れたりすることはめったになく、

汚れたとしてもそれはそれで味が出ます。

 

ただ、本革だと高いというイメージがありますよね。

ですが実は今はこちらのように安い本革財布もたくさん売られているんです。

 

本革の財布を3年間使う事で、

金運を呼び込みお金もバッチリ溜まりますよ。

お金を貯めたい方は、ぜひ試してみてくださいね。



スポンサーリンク



関連記事:宝くじが当たる人はどんな人?特徴や共通点・手相は?

 

最後に

風水では財布には布や革などの作られている素材の寿命とは別に、

「運気の寿命」というものがあります。

 

財布の運気の寿命は3年なので、

できれば財布の変える頻度は3年周期が良いでしょう。

 

古いものを長く使うというのも良い考えではありますが、

新しい物を購入するとやる気が出たり、

ダラけた気分が引き締まるので「定期的な物の入れ替え」というのは必要です。

 

財布は色や柄によっても呼び込む運気が少し変わってきますので、

その時の経済状況や気分に合わせて相性の良い財布を選ぶと良いですね。

運気の良い財布でバッチリ家計管理をしちゃいましょう。



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!