絶叫マシン“フリーフォール”。

遊園地で人気のある

絶叫系アトラクションの1つに属します。

 

絶叫系の代表,ジェットコースター

とはまた一風変わった

怖さがあるアトラクションです。

 

しかし,絶叫系が大好き!

という人以外には

まだあまり知られていないという現状があります。

 

そこで今回は,

“フリーフォール”について

 

・その怖さの秘密

・日本一怖いフリーフォールはどこ?

などをまとめました。


スポンサーリンク



絶叫マシン“フリーフォール”が怖いワケ!

“フリーフォール”は

新たな絶叫マシンとして

頭角を現しています。

 

“フリーフォール”では

一体どんな怖さがあるのでしょうか?

 

「フリーフォール」という

名の通りに「自由落下」,

「垂直落下」が絶叫マシンとして

怖さを発生させます。

 

その構造は単純で,

高いところから重力のままに

落下する運動が怖さを生みます。

つまり,フリーフォールの

高さ=怖さと結びつけて

考えることが可能なのです。

 

地点が高ければ高いほど

落下速度も速くなり,

落下時間も長くなります。

 

そのぶん,恐怖も大きくなる

ことは分かりますよね...

 

また,フリーフォール落下中は

その重力の力によって,

身体の自由が効かず

変な浮遊感に包まれます。

 

この感覚が気持ち悪くて

恐怖を感じる,という

人も多いです。

 

高さがあればあるほど

その浮遊感に包まれる時間も

長くなり,恐怖は増します。

 

フリーフォールの高さが

イコールで怖さへと

直結していることが良く分かります。

 

そしてフリーフォールに

怖さが生まれるもう一つが

足元の不安定さです。

 

一部のものを除いて,

多くのフリーフォールは

足元が宙に浮いている,

足がプラプラした状態です。

 

この足元の不安定さが

高所が苦手な人にとって

踏ん張ることも出来ず

とても恐怖感を煽るようです。

 

相当の高さに足がプラプラした状態,

これを想像するとその怖さが

ちょっと想像できるのでは

ないでしょうか?


スポンサーリンク



 

フリーフォールの高さランキング!日本一はどこ?

フリーフォールの恐怖=高さ!

 

ということが良く分かったので,

フリーフォールの怖さの指標

“高さランキング”を見ていきましょう。

 

ちなみに・・・

 

日本で一番有名な

フリーフォールであろう

東京ディズニーシーの

“タワーオブテラー”は

高さ38m程となっています。

 

高さランキングで言うと

7位くらいになります。

 

タワーオブテラーは

また一般的なフリーフォールとは

異なる工夫と演出で恐怖を煽っています。

 

そのため高さも思ったほど...

といった印象でしょうか?

 

それでは“フリーフォール”

高さランキングの発表です!

 

高さがあればあるほど

落下時間は長くなり,

絶叫ポイントが長くなります。

 

また上昇時間も長くなり

この後落ちてしまう,

という恐怖感が高まっていきます。

 

日本で一番高いフリーフォールは

一体どこなのでしょうか?

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2