祖父母に包む孫の香典の金額の相場は?夫婦と独身で違いはある?


葬儀において、20~40代の年齢層に多いのは、

祖父母の葬式に、孫として参列するパターンだと

いえるのではないでしょうか。

 

今の日本人の平均寿命から換算していくと、

20~40代の世代が孫となっているとこが容易に

想像されます。

 

祖父母が亡くなってしまうのは悲しいことですが、

避けられない現実ですよね。

 

ところで、祖父母に香典を包むとき、

孫としてどれくらいの金額を包むものなのか、

その相場を知っていますか?

 

やはりお金のことは、後々の親族付き合いにも

悪影響を及ぼすものです。

 

香典の相場にもマナーがあるので、

その辺の常識を押さえたうえで

大切な祖父母を見送ってあげたいですね。

 

訃報は唐突に訪れることが多いので慌てがちに

なりますが、

落ち着いて大人の対応をしていきたいものです。

 

ぜひ皆さんの香典を包む金額の参考になさって下さいね。




スポンサーリンク






祖父母に包む孫の香典の金額はどれくらいが相場なの?

全体的に、祖父母に孫が包む香典の金額は、

10,000~50,000円というところが相場となります。

 

相場の幅が広すぎて、参考にならないですよね。

 

祖父母と孫の関係性、孫の年齢や社会的な立場に

よって、相場とする金額は変動するものなのです。

 

その点を踏まえて、ポイントを押さえましょう。

 

  • 孫が20代の場合

→10,000円

 

  • 孫が30代の場合

→10,000~30,000円

 

  • 孫が40~60代の場合

→30,000~50,000円

 

成人したら社会人として見なされ、孫も祖父母に

香典を包むのが一般的となります。

 

30代から金額に幅がありますが、各自の収入に

合わせた金額で充分です。

 

孫から祖父母に包む香典の金額が

10,000円だったとしても、

失礼にあたることはないので安心して下さい。

 

ただし、結婚している場合は少し相場の事情も

変わってきますので、

結婚している夫婦や家族については次項で解説していきます。




スポンサーリンク






関連記事:忌引きは何親等までが範囲?祖父母や曾祖父母は含まれる?

祖父母への孫の香典の相場は独身と夫婦で違いはある?

孫が結婚している場合は、社会的な立場も

確立されていると見なされます。

そのため、包む香典の金額を多めの包むのが

一般的となっています。

 

前項で20代の孫が祖父母に包む香典の金額は

10,000円だと紹介しましたが、

結婚している場合は多めに包みましょう。

 

さらに子供がいる場合は、家族の分を含めて

多めに包むようにしたいです。

 

そういった場合であれば、

20,000~30,000円くらいが相場になってきますので

覚えておくといいですよ。




スポンサーリンク





関連記事:香典を郵送するタイミングは?宛名や宛先・添え書きについても詳しく解説!

祖父母に孫は絶対に香典を包まなきゃいけないの?

亡くなった祖父母に対して、絶対に孫は香典を

包むべきなのでしょうか。

香典が不要となるケースは2つあるので紹介して

おきます。

 

  • 孫が未成年だった場合

→両親が負担することになっています。

 

  • 孫と祖父母が同居していた場合

→同居していると葬儀を行なう側と見なされます。

 

社会人として収入を得ている場合は、

祖父母に孫から香典を包む必要がありますが、

未成年の場合は収入がないことから、

そもそも包めるお金がないと考えられます。

 

そのため、両親が負担することになっています。

 

前項では夫婦や家族がいる場合には、包む金額を

多めにすると紹介しましたが、

孫が未成年だった場合は孫本人に適用されるのです。

 

孫が祖父母と同居している場合は、

葬儀を行なう側とされるので、

香典を出す方ではなく、

香典を受け取る方だと考えるのが一般的となります。

 

ただし、孫が夫婦で祖父母と同居していた場合には、

孫夫婦も香典を出す必要があるので、

確実に押さえておきたいポイントだといえます。

 

そして、未成年といえども、親から独立して、

収入を得ている場合もありますよね。

 

未成年であれば香典を包む必要はないのですが、

社会人として活躍しているのであれば、

香典を包むべきだという意見もあります。

 

この場合は、ご両親に相談して決めるようにしましょう。

関連記事:葬式の親族のマナーは?香典や服装・親族の範囲についても解説!

祖父母に包む孫の香典におすすめの香典袋3選!

祖父母の葬儀で、孫が包む香典に使いたい香典袋を

紹介させて頂きます。

香典袋10枚セットで売っているパッケージを見る

ことがありますが、基本的はそんなに必要としない

はずです。

 

単品で売っているものを購入するようにしましょう。

 

最近では代書きサービスを扱っている業者もあります。

香典袋を購入することで、無料サービスで代書きを

引き受けてくれるのです。

 

筆ペンを扱い慣れている人は少ないですよね。

自分の書く字に自信がある人も少ないでしょう。

筆ペンを使うことが不慣れな人にとって、

無料の代書きサービスは見逃せないポイントです。

 

ぜひ皆さんが購入する香典袋の参考になさって下さい。

 

 

ネット通販で購入できる香典袋で、代書にも無料で

対応してもらえます。

香典に包む金額が30,000~50,000円の場合、

香典袋そのものも中身の合わせて立派なものに

するのが一般的です。

 

こちらの商品は、渡した親族にも、良い印象を

与えられる香典袋だといえるでしょう。

 

DM便を用いて発送依頼をすれば、

送料も100円に安上がりで済み、

急ぎのときにスピード対応することも可能です。

 

 

亡くなった祖父母の葬儀を神式やキリスト教に則り、

行なうのであれば、

一般的な香典袋よりもこちらの商品を選ぶべきです。

 

包む香典の金額は30,000円までとなっているので、

20~40代の年齢層の香典におすすめとなります。

 

もちろん代書サービスにも対応しているので、

自分の名前まで格好良く書き込んでもらうことが可能。

香典袋そのものから上品さが漂い、

亡くなった祖父母に気持ちよく送ってあげることが

できそうですよね。

 

 

一枚単位で購入できる簡易型の香典袋となり、

10,000円ほどの金額を包むときに重宝するものだと

いえるでしょう。

 

代書サービスには対応していませんが、簡易的な

香典袋に上品さを感じさせます。

 

封筒の色も白・茶の二種類から選ぶことができて、

ユーザーに選択肢が与えられていることも魅力的。

般若心経がデザインされており、

そのデザインも「かな」「漢字」の二種類があり、

計四種類のバリエーションから選べます。

 

 

最後に香典袋ではありませんが、

香典袋に自分の名前を簡単に記すことができる

スタンプを紹介します。

 

これさえ作っておけば、どんな香典袋にもパッと

名前をスタンプできて便利です。

便利さだけではなく、香典袋を格好良く仕上げる

ことが可能です。

 

書体を選ぶことができるので、

毛書体を選ぶことで、

香典袋に名前を書き入れるときに重宝しますよ。




スポンサーリンク





関連記事:義祖父・義祖母の葬式には出席するのが常識?香典やマナーについても解説!

最後に

祖父母に包む孫の香典の金額の相場について、

理解してもらえたでしょうか。

夫婦と独身で違いはあることも分かってもらえた

ことでしょう。

 

香典な亡くなった遺族に対して、少しでも負担を

してあげるものです。

葬儀には莫大なお金がかかるものです。

唐突な金額の大きい出費をすることになるため、

可能なかぎりで香典を包んであげましょう。

 

最近では香典をお断りする親族も増えてきました。

その場合は、無理に手渡す必要はありません。

 

親族にとっては、香典返しに余計な負担をかける

ことも考えられるのです。

先方のことを考えて香典を包むようにしましょう。

 

記事では一般的な相場を紹介しましたが、

実は香典の金額に地域差があることもあります。

確実さを求めるのであれば、

ご両親やご親族に相談するのがベストですよ。

 

香典に関わるマナーは祖父母に関わらず、

社会人としても、絶対に押さえておくべき常識。

 

失敗することがないように、相談できる人には

確認をしておくことが望ましいです。

ただし、相談するべき親族を見誤らないことも

大切なので、絶対の信頼がおけるような親族に

相談するようにしましょう。

 

失礼かもしれませんが、いい加減なアドバイスを

言う人も多いです。

相談する親族の人物像にも気をつけましょう。





スポンサーリンク


サブコンテンツ