葬儀において、20~40代の年齢層に多いのは、

祖父母の葬式に、孫として参列するパターンだと

いえるのではないでしょうか。

 

今の日本人の平均寿命から換算していくと、

20~40代の世代が孫となっているとこが容易に

想像されます。

 

祖父母が亡くなってしまうのは悲しいことですが、

避けられない現実ですよね。

 

ところで、祖父母に香典を包むとき、

孫としてどれくらいの金額を包むものなのか、

その相場を知っていますか?

 

やはりお金のことは、後々の親族付き合いにも

悪影響を及ぼすものです。

 

香典の相場にもマナーがあるので、

その辺の常識を押さえたうえで

大切な祖父母を見送ってあげたいですね。

 

訃報は唐突に訪れることが多いので慌てがちに

なりますが、

落ち着いて大人の対応をしていきたいものです。

 

ぜひ皆さんの香典を包む金額の参考になさって下さいね。


スポンサーリンク



祖父母に包む孫の香典の金額はどれくらいが相場なの?

全体的に、祖父母に孫が包む香典の金額は、

10,000~50,000円というところが相場となります。

 

相場の幅が広すぎて、参考にならないですよね。

 

祖父母と孫の関係性、孫の年齢や社会的な立場に

よって、相場とする金額は変動するものなのです。

 

その点を踏まえて、ポイントを押さえましょう。

 

  • 孫が20代の場合

→10,000円

 

  • 孫が30代の場合

→10,000~30,000円

 

  • 孫が40~60代の場合

→30,000~50,000円

 

成人したら社会人として見なされ、孫も祖父母に

香典を包むのが一般的となります。

 

30代から金額に幅がありますが、各自の収入に

合わせた金額で充分です。

 

孫から祖父母に包む香典の金額が

10,000円だったとしても、

失礼にあたることはないので安心して下さい。

 

ただし、結婚している場合は少し相場の事情も

変わってきますので、

結婚している夫婦や家族については次項で解説していきます。


スポンサーリンク


関連記事:忌引きは何親等までが範囲?祖父母や曾祖父母は含まれる?

祖父母への孫の香典の相場は独身と夫婦で違いはある?

孫が結婚している場合は、社会的な立場も

確立されていると見なされます。

そのため、包む香典の金額を多めの包むのが

一般的となっています。

 

前項で20代の孫が祖父母に包む香典の金額は

10,000円だと紹介しましたが、

結婚している場合は多めに包みましょう。

 

さらに子供がいる場合は、家族の分を含めて

多めに包むようにしたいです。

 

そういった場合であれば、

20,000~30,000円くらいが相場になってきますので

覚えておくといいですよ。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2