ドライアイスは今は簡単に手に入るようになりました。

 

「あのモクモクを体験してみたい!」「物を冷やしたい!」などの

ドライアイスの色んな特性を求めて

ドライアイスを購入してみようと思う人も増えたと思います。

 

ですが、ドライアイスの保存方法については

よく知らないという人も多いと思いのではないでしょうか。

 

氷に似ているからと言って、

ドライアイスを冷凍庫やクーラーボックスで

安易に保存しようとすると大変なことになりますよ。

 

ここではドライアイスの正しい保存方法や溶ける時間について説明します。

ドライアイスを購入しようと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



ドライアイスって?

ドライアイスの保存方法や冷凍庫・クーラーボックスに

入れた時の溶ける時間を説明する前に、

まず「ドライアイスとは何なのか」について軽く見てみましょう。

 

ドライアイスとは、二酸化炭素を凍らせたものです。

 

二酸化炭素って凍るの?と不思議に思いがちですが、

二酸化炭素はマイナス79度で凍ります。

 

0度で凍る氷と比べてドライアイスはとても冷たく、

元はただの二酸化炭素ということで人体に害のあるものでもない為、

物を冷やすのにとても便利なものです。

 

また、ドライアイスというと足元に広がるモクモクとした煙のようなものが有名ですが、

あれは厳密にはドライアイスが溶けたものではありません。

 

あのモクモクの正体ですが、あれはドライアイスが溶けた際に周りの空気(水)を冷やし

その水が凍って氷の粒(霧のような状態)になったもの、

つまり「水」ということになります。

 

ドライアイスが気化して発生した二酸化炭素は無色なので、

気化したとしても見えません。

 

このように面白い性質を持つドライアイスですが

取り扱いには注意も必要です

 

まず、ドライアイスは冷たすぎる為素手で持つと軽い凍傷になってしまいます。

 

ですからドライアイスを移動させたり持ったりしたい時は直接手を使わず、

トングや軍手を使うようにしましょう。

 

また、ドライアイスはマイナス78.5度以下になると溶けて気化し始めますが

私たちの暮らす日常は全て78.5度以下の気温ですから、

すぐにドライアイスは溶け始めて気体に戻ろうとします。

 

そしてドライアイスは気化すると元の体積の750倍にまで膨れます。

 

ですから安易にドライアイスを

蓋をした瓶やペットボトルなどの「密閉された狭い所」に入れると、

ドライアイスが気化した圧力で瓶やペットボトルが破裂しますので危険です。

 

ドライアイスは煙の演出や物を冷やすのに便利な道具ですが、

持ち方や保存方法など取り扱いなどは注意しなければいけません。


スポンサーリンク



関連記事:ドライアイスの購入はイオンやスーパー・コンビニでできる?買える場所について詳しく解説!

ドライアイスの保存方法は?

ドライアイスは色んなことに使われます。

 

例えば氷よりずっと冷たいので物を冷やすにもドライアイスは優秀ですが、

イベントなどで足元に広がるモクモクを演出するにもドライアイスが欠かせません。

 

ですが、「使う機会」は今日ではない為ドライアイスを

「とりあえず保存」しておきたいという場合がありますよね。

 

では、ドライアイスの保存方法はどんなものがあるのか見てみましょう。

 

ドライアイスの保存方法としてまず前提にあるのが、

業者でもない限り「ドライアイスを全く気化させずに保存することはできない」です。

 

ドライアイスが気化し始めるのはマイナス78.5度です。

 

つまり、ドライアイスを完全な凍った状態に保つにはマイナス78.5度より

冷たい場所でないといけません。

 

ですが、一般家庭にそんな場所はありません。

 

ドライアイスは業者の倉庫を出た時点で溶け始めます。

 

ですから、ドライアイスの保存方法としては

「いかに溶けるのを遅くするか」というのが大事になります。

 

一般家庭で冷たい場所と言えば、まずは冷凍庫です。

次にあげるならば、クーラーボックスでしょうか。

 

では次に、冷凍庫やクーラーボックスに入れた場合の

ドライアイスの保存方法や溶ける時間を見ていきましょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2