皆さんは食事に玄米を取り入れていますか?

健康が気になる方や美容意識の高い方は

玄米を食べる機会も多いと思います。

 

食物繊維が豊富でガン予防にも効果があると

言われる玄米ですが子供の食事に取り入れる場合

何歳から大丈夫なのでしょうか?

成長や身長に何らかの影響を与えるのでしょうか?

消化やアレルギーも気になりますね。

 

今回はそんな玄米についてまとめてみました。

玄米についてしっかり学び上手に食事へと

取り入れていきましょう。ぜひ参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク


玄米って何?デメリットはあるの?

玄米とは稲の果実(籾)からもみがらのみを取り除き

精白されていない状態のお米の事です。

ちなみに玄米からぬかや胚芽を取り除き

精白されると皆さんよくご存じの白米になります。

 

精白されていない玄米は白米よりビタミンやミネラル

食物繊維などが多く含まれているため

現在は健康志向の方に愛されていますね。

 

ダイエット食品として取り入れている方もいると

思いますが実は白米とのカロリーにさほど違いはなく

ダイエットに必要な栄養素は多く含まれていますが

白米を玄米に変えただけでは痩せる事はできません。

 

しかし玄米は白米の5倍も食物繊維が含まれており

また水分を含んだ食物繊維は腸内でふくれ大きくなり

腸の働きを促してくれるので便の出が良くなります。

 

そんな健康にいいとされる玄米ですが

実はデメリットも少し存在しています。


スポンサーリンク


玄米にもデメリットはある!

1農薬が残っているかも?

白米にする過程で取り除かれている米ぬかには

農薬が残っている事があり米ぬかを取り除かない玄米では

2,3倍の残留農薬が含まれると言われています。

 

しかし玄米はデトックス効果もある為食べても

体内に残りにくいとも言われているという意見もあります。

気になる方は無農薬を選ぶようにしましょう。

 

無農薬にこだわるならこちらがオススメです。

こちらの商品は無農薬はもちろん無肥料で自然栽培、

お米のお味は最高峰で日本一とも言われます。

 

ササニシキとコシヒカリの祖先と言われている

こちらの「旭1号」は生産者が少なく

九州では幻の米とも呼ばれているとか。

 

真空パックなので鮮度も保たれ収納にも便利です。

あっさりとしたお米本来の味を楽しめるこちらの玄米

ぜひ一度試してみたいですね。

 

2消化が良くない?

玄米には食欲を抑える効果があると聞いたことはないですか?

これは腹持ちが良い為お腹が空かないという事です。

逆に考えると消化に時間がかかるという事になりますね。


スポンサーリンク


3フィチン酸でミネラル不足?

玄米に含まれるフィチン酸は身体の中にある

ミネラルと一緒に排出されミネラル不足が懸念されています。

 

ミネラルが不足すると貧血や骨粗しょう症などが

心配になりますよね。

しかし玄米自体はミネラルが多く含まれていますし

フィチン酸は玄米だけに含まれるものではないので

ミネラル不足に陥る心配はないとも言われています・

 

4美味しくない?

一度食べてみたけど味が良くなかった!

という声も多く聞きます。

そんな方は普通の炊飯器で白米と

同じように炊いていませんか?

 

実はこれでは玄米は美味しくないです。

玄米に対応した炊飯器や最近では玄米がふっくらする

圧力鍋などがあるのでそちらを使って調理してみて下さい。

 

圧力鍋なら電気タイプが便利で簡単です。

こちらの商品はガスと違い時間や火加減を気にせず

ほったらかしで様々な料理が作れちゃいます。

 

材料を入れてタイマーセットするだけの簡単操作!

玄米や雑穀米だって美味しく炊けちゃいますよ。

ぜひ忙しい方に使って欲しい商品です。

 

玄米のオススメの炊き方(2合)

1玄米を水で流し2、3度もみ洗いする

2水分をしっかり切り塩をひとつまみ入れる

3しっかりと浸水させ水を3.5に合わせ炊き上げる。

 

食べきれなかった玄米は冷凍することもできます。

また玄米を利用して豆乳ヨーグルトを

作ってみるのもいいですね。

その際は必ず無農薬玄米を使って下さいね。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2