皆さんは、「暑気払い」という言葉、知っていますか?

 

暑い時期にする飲み会のことでしょ?と思った方は、半分正解です。

確かに、現代の暑気払いは飲み会として行われるのがほとんどです。

しかし、昔から伝わる本来の暑気払いの目的とは少し異なるのです。

 

職場の上司から、そろそろ暑気払いの時期だなぁなんて話を振られたときに

ポカンとしていては、常識知らずなやつだなと思われてしまうかも。

 

この記事では、暑気払いの文化についてまずは簡単にご紹介。

そして、現代の暑気払いには欠かせない飲み会について、

基本的な幹事進行をわかりやすくまとめました。

 

これ読めば、暑気払いについての常識を一通り押さえられますよ!


スポンサーリンク



暑気払いとは?今と昔で、意味が少し違う暑気払い

まずは、暑気払いとは一体何なのかを考えていきましょう。

現代ではただの飲み会の口実にしかなっていませんが、暑気払いにも歴史があります。

 

その昔、冷蔵庫もエアコンも全く無いような時代では、

夏の暑さに対抗する術はほとんどありません。

冷たい水でさえとても貴重で、氷を食べるなんていう贅沢は

一部のお金持ちにしか許されていませんでした。

 

そんな中、庶民達は暑さを乗り切るために、

身体を冷やす効果のものを食べたり飲んだりするようになりました。

この、食で夏の暑気を払う行為を

「暑気払い」と呼ぶようになったのです。

 

江戸時代などでは、ビワやモモも葉っぱを煎じた薬湯

好んで飲まれていたようです。

 

他にも、みりんに少量の焼酎を加えたものを飲むのも

暑気払いの一つとして人気だったようです。

 

 

でも、現代に生きる私たちは、

ビワの葉を煎じて飲むことはほとんどありませんよね。

そもそも暑ければエアコンを使えばいいですし、アイスも食べ放題です。

わざわざ身体を冷やす効果のある食べ物を

狙って食べることも少ないでしょう。

 

 

現代における暑気払いとは、昔のように暑さを払うというよりも、

「とにかく元気を出して暑さを乗り切ろう!」

というくらいの意味合いで使われています。

 

そうして代わりに行われるようになったのが、

みんなで団結を深めて盛り上がるための「飲み会」なのです。


スポンサーリンク



関連記事:関東の海水浴場で電車で行けるおすすめスポット26選!

暑気払いの時期はいつ?

 

暑気というくらいですので、当然暑気払いは夏になります。

ただし、暦で明確に期間が定められているわけではありません。

 

基本的には、梅雨が明けた頃から

8月のお盆の前辺りまで(細かく言うと立秋)

暑気払いのシーズンと言えるでしょう。

 

ただし、体感的に暑ければ暑気払いの本来の意味としては当てはまりますので、

残暑の強い9月などでも、暑気払いと言っても差し支えはありません。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2