生活・雑学

夏に夕立が多い理由は?前兆や特徴も詳しく解説!


スポンサーリンク


夏の風物詩ともいえる夕立。

家や建物の中にいれば、夕立が来たな~となんだか風流な気分になる余裕もありますが、

出先で、傘を持っていない状態で夕立に降られてしまうと本当に悲惨ですよね。

ものすごく強い雨なので、避難をするのにもやっとという感じです。

 

ふと、夕立はどうして夏におきるんだろう?と思ったことはありませんか?

しかもあの雨の勢いの強さにも疑問です。

そこで、今回は夕立に関して夏に多い理由から、夕立の前兆や特徴などを

解説したみたいと思います!

 

夏はキャンプやドライブなど外に出る機会も多いので、

知っておくと夕立を回避することができるかもしれませんよ!

アウトドアが好きな方は必読ですね。


スポンサーリンク


夏に夕立が多い理由を解説します!

冒頭でも少し触れましたが、夕立というのは夏に多い気がしますよね。

それは気がするだけでなく実際に、夕立の起きる条件が

夏に揃うので夏の気象現象となっているのです。

では、さっそくどうして夏に夕立が多いのかを見ていきましょう!

 

まず夕立が起こるメカニズムは簡単に言うと、

地面付近の湿った空気が日差しによって暖められ、上昇気流が起きます。

それによって積乱雲が形成され、そこに雨が降るというイメージです。

 

そしてこのメカニズムが起こるのに必要な条件はというと

強い日差し、高温多湿の環境、そして地表と空との温度差!

 

地表の湿度の高い空気を温めるのには、意外と時間がかかるんです。

夏の強い日差しで暖まったころには、正午を過ぎており夕方くらいの時間帯になると

空との気温差が大きくなるので、空の状態が不安定になり、

夕方に雨が降りやすくなる、すなわち夕立になるということなんです。

 

カラッとしたカンカン照りの日や、風が強い日というのは

湿気が少ないため、夕立が起きる条件としては不十分なんですね。

 

しかも梅雨明けから8月中旬くらいの夏真っ盛りという時期には

あまり夕立が起きていないということにお気づきでしたか?

この時期は高気圧がメインで、お天気もカラッと晴れた日が多くなります。

そのため湿度が比較的低いので、雲ができにくいんですね。

 

しかし8月下旬から9月に入ったころになると、高気圧が弱まり

上空に寒気が入りやすくなります。

このときに湿った空気も入りやすくなるため、夕立に欠かせない

高温多湿の環境になるんですね!

 

このように、夏の強い日差しや湿った空気によって、

夕方に起こりやすい現象なので

夕立=夏の夕方に起こりやすいというイメージになり

夏の風物詩的な印象になっているんです。

 

ちなみに「夕立」という言葉は気象用語ではないことをご存知でしたか?

どちらかと言えば文学的な表現で、気象庁では使われていないそうです。

 

そもそも夕立というのは気象学的に言うと、にわか雨や集中豪雨、驟雨

などといった現象にあたります。

その中でも、正午過ぎから日没後数時間の間に起こるものを夕立と言いますが、

これは例えばニュース番組のお天気コーナーなどで

気象予報士さんが視聴者に分かりやすく表現するために、夕立と言っているんですよ!


スポンサーリンク


関連記事:台風の名前、アメリカで女性名をつけるのはなぜ?

夕立の前に前兆はあるの?夕立の特徴は?

夕立が夏に多い理由はわかりましたが、

夏の間中ずっと夕立を警戒しているのは疲れますし不可能ですよね。

しかしせめて自分が外に出ている間くらいは、夕立を回避できるならしたいもの。

そこで夕立が起こる前兆や特徴などを把握して、生活の中で役に立てましょう!

 

まず夕立の起こる前兆というのは、とっても簡単で単純。

一番わかりやすいのが、強く冷たい風が吹いてくること。

今まで蒸し暑かったのに、急に冷たい風が吹いてきたなと思ったら

天気が大きく変わる前ぶれと思っておきましょう。

 

そして空の様子を観察することでも、夕立を予測できるかも。

西の方角を見て、積雲があればこれが積乱雲に発達するか可能性があります。

またおぼろ雲という、空を広範囲に覆うベール状の雲にも要注意。

なぜかというと、おぼろ雲は低気圧が接近しているときに発生しやすく

乱雲に成長することもあるのです。

 

このように風の強さや温度、空の雲の様子は、

外に出ていればわかることなので

とってもわかりやすくて助かりますよね!

もしちょっとでも怪しいな?と感じたら、

折りたたみ傘を持って出かけるようにしましょう。

 

もしくはお子さんを連れて外で遊んでいる場合には、

早めに切り上げてお家に帰ることをおすすめします!

 

夕立の雨というのは非常に強いので、傘では防げないことも多いですが

それでも屋内に避難するまでの間に傘がないと全身で雨を受けることになるので大変。

そんな時には、やっぱり折りたたみ傘があると重宝します。

 

しかも梅雨から夏の間ずっと使える晴雨兼用タイプなので

晴れた日でも雨の日でも、いつ持ち歩いていても邪魔にならない傘です。

気になる紫外線対策と、咄嗟の雨に対応できる便利な傘は

女性にとっては夏のマストアイテムですね!

 

では、次に夕立の特徴を知っておきましょう。

夕立の一番の特徴というと、短時間で強い雨が降って止むこと。

これは夕立を降らせている積乱雲の形に関係しています。

 

積乱雲というのはモクモクと縦に長い形の雲。

そのため雨の降る範囲はかなり局地的になります。

そして1時間程度、長くても2~3時間で積乱雲は消えるので雨が止みます。

降る時間が短い雨なので、災害が起こるというほどではありませんが

地形によっては鉄砲水などの被害に注意しなければなりませんね。

 

夕立のように強い雨がいきなり降ると、洗濯物の取り込みに焦りますよね。

大粒の強い雨と風で屋根のあるベランダなどに干していても

気づくのが遅れるとあっという間に、せっかく乾きかけていた洗濯物の台無しに。

 

そこで少しでも早く取り込めるように、

引くだけで洗濯物がはずれる設計のピンチがおすすめ。

お天気の急変に焦っているときはもちろんですが、

普段のお洗濯も格段に楽になるので、時短、効率アップでストレスフリーに!

 

また夕立は雷や突風、もしくは雹(ひょう)を伴うことも非常に多くあります。

そのためこういった激しい夕立が降ってきた場合には、速やかに屋内に避難しましょう。

落雷も心配ですが、突風で飛ばされてきた看板などが当たってけがをする恐れもあるので

風だけだからとあなどってはいけませんよ!

 

そして先ほど少し触れましたが、夕立を起こす積乱雲というのは

カバーしている範囲が非常に狭いので、かなり局地的な雨になります。

そのため、雨が降る場所降らない場所というのがくっきり分かれているのも特徴。

 

例えば、空の様子を見ていて西の方の景色がかすんで見えるという場合には、

そこのエリアで夕立が起きている最中ということも。

天気は西から東へ変わっていくので、そんな光景が見られたらちょっと注意しましょう。


スポンサーリンク


関連記事:公益財団法人の給料は低い?平均はどれくらい?

ゲリラ豪雨と夕立はどう違う?

夕立の特徴として、局地的な雨とご紹介しましたが

最近では「ゲリラ豪雨」という言葉もよく耳にしますよね。

これは夕立とは全然違う現象なの?と疑問に思う方も多いはず。

ここでは夕立とゲリラ豪雨の違いを解説してみたいと思います!

 

ゲリラ豪雨というのは、急に降る局地的な大雨のことを指しますが、

これのメカニズムも、湿度や地表と空の気温差によって起こるものなので

夕立の起こる原因と同じ。

 

ではどうしてゲリラ豪雨と呼び分けられているのかというと、

ゲリラ豪雨は時間帯を問わずに発生することがあるからです。

まさしくゲリラ的ですよね!

 

現代では、温暖化やエアコンの室外機が発する熱によって昼間から夕方にかけての

時間帯以外にも、空気が暖められることがあり、それによって突然の大雨が起こることが。

この夕方以外にも発生する大雨のことをゲリラ豪雨と呼んでいます。

また夕立が災害につながることが少ないのに対し、ゲリラ豪雨は水害などを引き起こす

可能性を持っているのが怖いところです。

 

ちなみに、ゲリラ豪雨という言葉も夕立と同じく気象用語ではありません!

この言葉はマスコミが作り上げたものと言われています。

局地的な大雨による災害が多かった2008年の夏をきっかけに

報道関係に広まるようになった言葉で、

さらにその年の流行語大賞にノミネートしたことで、より広く知られる言葉となりました。

関連記事:フリーフォールで日本一怖いのは?高さランキング!

最後に

いかがでしたか?

夕立が夏に多い理由というのは、高温多湿な空気と、空との温度差、

そして強い日差しが作り出した不安定な空の状態ということです。

しかもゲリラ豪雨もメカニズムは同じということで、少し意外に思ったかもしませんね!

 

夕立は思いがけずいきなり降るというイメージも強かったと思いますが、

冷たい風や、雲の状態などである程度、予想はつけられるということもあるので

ぜひ夏の間はこの前兆を頭の片隅に入れておき、

夕立に降られてビショビショという事態は回避したいものですね!


スポンサーリンク


error: Content is protected !!