居酒屋などでオシャレに殻ごと出されることの多いバイ貝。

そんなバイ貝はスーパーやネットで安価に手に入れることができます。

 

ですが、バイ貝はアサリやサザエと同じように扱ってはいけません。

なぜならバイ貝には毒があるからです。

ですから必ず特別な下処理が必要です。

 

ただ、下処理やゆで方に気をつければ

家でもおいしい貝として食べることができます。

 

そこでここでは、毒のあるバイ貝の下処理やゆで方の方法、

どんな食べ方があるかなどを説明したいと思います。

 

家でバイ貝を調理したい!と思っている方はぜひ参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



バイ貝とは?

バイ貝は縦長の巻貝です。

 

バイ貝はツブ貝と同じく肉食性の巻貝ということで

よくツブ貝と混合されがちですが、

はっきりした違いがあります。

 

ツブ貝はエゾボラ、ヒメエゾボラという貝が分類されるのに対し、

バイ貝と呼ばれるのはクロバイやシロバイと呼ばれる貝です。

 

食べ方としては大きいものだと刺身として出てくることもありますが、

よく見るのは居酒屋などで煮つけとして殻ごと出される食べ方ではないでしょうか。

 

バイ貝はあまり目にしたことがない人もいるかもしれませんが、

地方によっては身近な食材として普通にスーパーで売っていたり、

今ではネット通販で簡単に手に入れることもできます。

 

バイ貝は見た目が「いかにもな巻貝」なので

おいしいだけでなく目で見るのにも楽しむことのできるお得な貝ですよ。


スポンサーリンク



 

バイ貝には毒がある!

気軽に食べられるバイ貝ですが、

実はバイ貝やツブ貝などの肉食性の巻貝には毒があります。

 

ですから、ひょんなことからバイ貝が手に入ったからと言って、

すぐ食べようとしてはいけません。

 

バイ貝やツブ貝には唾液腺という線があり、

そこからテトラミンという毒が出ます。

この毒を人が摂取してしまうと、一時的に頭痛やめまいなどが起きます。

 

毒としては軽度でバイ貝の毒を受けて死亡したという報告はまだありませんが、

だからと言って「毒を食べても大丈夫」ということではありません。

 

きちんと処理すれば取り除けるので食べないに越したことはないですね。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2