食べても大丈夫なお米の粘土、子供でも安全に触れるスライム…

ダイソーやセリアなどの100均には、安くて楽しめる面白いグッズがたくさんあります。

 

その中で、「水に溶ける紙」というのを知っていますか?

ここでは不思議な水に溶ける紙がゲットできる場所として

ダイソーやセリアなどの100均やそのほかで売ってる場所を紹介します。


スポンサーリンク


水に溶ける紙って?①水にとても溶けやすい!

不思議な水に溶ける紙がゲットできる場所として

ダイソーやセリアなどの100均やそのほかで売ってる場所を紹介する前に、まずは

「水に溶ける紙」がどんなものか紹介していきましょう。

 

水に溶ける紙とは、文字通り「水につけると溶けてしまう紙」です。

でも、「紙が水で溶けるのは当たり前じゃないの?」と思いますよね。

そこでここでは、普通の紙と水に溶ける紙がどう違うのか、その特徴を3つ紹介します。

 

水に溶ける紙の特徴の1つ目は、「水にとても溶けやすい」ということです。

 

確かに、耐水など特殊な加工をしていない限り、紙は水に溶けます。

ただ、普通の紙を水につけると、溶けはするものの少しずつですし、

ある程度溶けて細かいチリのようになった後はなかなかなくなりません。

 

水に溶けるとは言っても、すぐに消えてなくなる訳ではなく

「ゴミが散乱する」という感じで少し汚い感じになります。

 

一方この「水に溶ける紙」というのは、紙の「水に溶けやすい」という効果を

極限まで高めた特別な紙です。

 

ですからこの紙を水に浮かべると、ものの数秒で文字通り「消えるように」

溶けてしまいます。

 

水に溶ける速度が全く違うという訳です。


スポンサーリンク


関連記事:招き猫体質とは?特徴や高めるには?逆もある?

水に溶ける紙って?②油性で描いた部分だけ残る!

水に溶ける紙の2つ目の特徴は、「油性で描いた部分だけ残る」というものです。

 

さきほど説明した通り、水に溶ける紙は水に一瞬で溶けるように消えてしまうので、

何も書いていない状態の紙を水につけるとそのままスーっと溶けてしまいます。

 

ですがここで、「油性」のペンなどで紙に文字や絵を描いてから

水に浮かべるとどうなると思いますか?

 

何も書かれていない部分はあっという間に水に溶けてしまいますが、

油性で描かれた部分は水をはじくので、なんとそこだけ溶けないんです。

 

つまり、水に溶ける紙に油性ペンなどで文字や絵などを描くと、

文字や絵だけが水の上に残るという不思議な現象を見ることができるのです。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2