日本では“すもも”として

よく知られている“プラム”です。

 

甘酸っぱい果肉と

さっぱりとした食べ心地が

特徴の“プラム”ですが,

 

ちょっと軽く調べてみると

「太りやすい」という

意見もあれば,逆に

「ダイエットに向いている」

という真逆の意見もあるのです。

 

そこで今回は,“プラム”にまつわる

この両方の意見について

まとめてみました。


スポンサーリンク



プラムがダイエットに向いている?1個のカロリーは?

まず,“プラム”について

「ダイエットに向いている」

という意見についてです。

 

この意見の根底には

プラム1個当たりの

カロリーの低さがあります。

 

まず100g当たりのカロリーを

調べると44kcalでした。

 

これは果物全般の平均が

61kcalであるのを考えると

低い値となっています。

 

プラム1個の大きさは

平均的に60~80gほど...

 

プラムは1個当たりでは

26~35kcal程度になります。

 

そう何十個も一気に食べる,

というような暴食をしない限り

カロリーは低く抑えられますね。

 

そしてプラムは糖質も低めで

100gで7.8gほどです。

 

果物全般の糖質平均が

13.5gであることと比べると

低い値だということが

良く分かりますね。

 

また,プラムがダイエットに

向いているといわれる理由には,

間食に向いている

という点が挙げられます。

 

プラム1個の大きさがちょうど

間食に良い大きさなんです。

 

幾らカロリーや糖質が低くても

桃やリンゴのように

1個の大きさが大きくなると

結局高カロリーとなったり

 

反対にサクランボやイチゴなど

1個の大きさが小さいと

何個も食べてしまったりと

なかなか食べ終わりの

区切りが難しいです。

 

大きい場合は何回かに分けて

食べればいいと思ったり

 

小さい場合は何個までと

事前に決めてから

食べればいい,など思うのですが,

 

実際はそれがなかなか難しい...

 

プラムの場合,1個の大きさが

ちょうど小腹を満たす大きさで,

2個目を食べよう,とは

思わない程度の満足感があるんです。

 

プラムには中心側に向かって

どんどん酸味が増していきます。

 

食べたときに甘い→酸っぱい

の順に移行していくことで,

 

「もうこの1個で十分かな...」

と2個目3個目と食べ過ぎるのを

防ぐことが出来ます。

 

また,プラムは食べるまでの

手間が全くないことも間食に

向いているとされる理由の一つです。

 

間食を健康に良い果物にしよう,

と思ってもなかなか出来ない理由に

食べるまでの手間がかかることが

原因の1つに挙げられます。

 

他の果物系と比べて

皮を剥いて切り分けたり

何か用意する必要もなく,

 

プラムの場合は,水で洗って

そのままかぶりついて

食べることが出来るのです。

 

そのため,間食の時にも

面倒な準備が必要なく,

 

高カロリーなお菓子を食べるよりも

低カロリーに少量で十分に

満足が出来るようになるのです。

 

プラムがダイエットに向く

という情報があるのは,

 

大きさのちょうど良さ

甘い→酸っぱいへの変化

食べやすい手軽さ

 

などが間食に向くからでしょう。

 

それでいてそもそものプラムの

低カロリーさもあることから

 

プラム=ダイエットに向く果物

という印象を持つ人が多いのです。


スポンサーリンク



関連記事:グラニュー糖は体に悪い?害があって危険?砂糖はどれがいいの?

 

プラムの栄養価は?どんな健康効果が期待できる?

プラムは低カロリーなだけでなく

貧血や便秘,高血圧などの

改善の効果が期待できます。

 

まずプラムの貧血改善効果です。

 

プラムには鉄分は多少ありますが

それほど多くは含まれていません。

 

貧血改善に効果があるとされる

葉酸やビタミンB6などの栄養素が

多く含まれているのです。

 

貧血は鉄分を補うだけでは

改善しにくいものもあります。

 

プラムには鉄分も多少あり,

葉酸やビタミンB6も

多く含まれています。

 

貧血に効果がある栄養素が

バランスよく含まれているので,

プラムは貧血改善に

効果的に働くのです。

 

便秘改善への効果は,

プラムの豊富な食物繊維が

効果的に働きます。

 

プラムに豊富に含まれる

食物繊維はペクチンと

呼ばれる水溶性のものです。

 

水溶性食物繊維は

腸内環境の改善に効果的な成分です。

 

このペクチンを豊富に

含んでいるプラムは,

便秘を改善する整腸作用が

期待できるのです。

 

高血圧予防の効果は,

プラムに含まれるカリウムによって

体内の余分な塩分を

排出する効果があります。

 

塩分排出に効果のある

カリウムは,高血圧予防のほか

むくみや夏バテへの

予防効果も期待されています。

 

そのほかにも,プラムには

肌トラブルの改善や

細胞の老化防止,

血流の改善などの効果

もあると期待されています。

 

健康への良い効果だけでなく

美容への良い効果もある,

女性に嬉しい果物ですね。

 

ただし,食べ過ぎには

注意が必要ですよ!

 

プラムには“ソルビトール”

と呼ばれる成分も含まれていて,

このソルビトールは

便を柔らかくする効果があります。

 

ソルビトールの摂取が

適量であれば排せつの補助的

役割を果たしてくれますが,

食べ過ぎるとお腹を壊して

下痢の症状が起こす危険性も

同時に出てきてしまいます。

 

ソルビトールという成分は

便秘薬や下剤に使われています。

 

プラムの場合は,成分の中に

ソルビトールの消化を促す

カリウムも含まれています。

 

そして消化の際には

体内でガスが発生します。

 

プラムを食べ過ぎると,

お腹は壊さなくとも

 

消化の代償として

オナラが出やすくなる

こともあります。

 

プラムを食べたときに

お腹がゆるくなった

オナラが出やすくなった

 

などがあった場合は

食べ過ぎの可能性があります。

 

何か悪影響を及ぼし始める

ソルビトールの摂取量は

人それぞれで,

 

プラムの場合,何個で

その許容量を超すのかは

それぞれの体質で違います。

 

食べ過ぎには気を付けつつ

 

プラムのダイエットや

健康・美容の良い効果

を期待しましょう。

 

プラムは日本では“すもも”

と呼ばれて販売されています。

旬である夏に郵送される

産地直送便が現在予約受付中です。

 

この商品は山形県で作られる

最高級ブランドのすももです。

 

すももは夏が旬なこともあって

夏ギフトにも最適なので,

自分用にも他の方用にも

おすすめですよ。


スポンサーリンク


 

プラムは「太りやすい」という噂も?

プラムがダイエット向け,

という情報とは正反対に

プラムは太りやすい,

という意見もあるようです。

 

なぜプラムのダイエットに対する

情報が正反対になっているのか,

 

それは生のプラムと

乾燥させたプラムとでは

ダイエット向けかどうかの

話が全く違うからです。

 

生のプラムでは果物の中でも

低カロリーで間食に丁度良く,

 

プラムはダイエット向けの

果物であると

言うことが出来ます。

 

しかし,乾燥プラムである

“ドライプルーン”の場合は

ダイエット向けとは言えないほどの

カロリーを有しているのです。

 

そのカロリーは100gで

235kcalほどになります。

生のプラムでは100gで

44kcalほどなので,

その違いは明確でしょう。

 

その上,ドライプルーンの場合

乾燥させている訳ですから

1個の大きさも小さくなっています。

 

プラムでは1個もしくは数個で

小腹を満たせるのに対して,

 

ドライプルーンは1個の大きさも

小さくなり,1回の間食でも

食べ過ぎてしまうことがあります。

 

結果,高カロリーとなり

「太りやすい」という説が

出てきたのでしょう。

 

ただし,「太りやすい」のは

乾燥させたプラム,

“ドライプルーン”なので,

生のプラムが太りやすい

という訳ではありませんよ。


スポンサーリンク


乾燥プラム“ドライプルーン”は栄養価が高い?

プラムを乾燥させた食べ物

“ドライプルーン”は

つい食べ過ぎで太りやすい

とは言われていますが,

 

適量を食べる分には,

高い栄養価を持っている

体に良い食べ物なんですよ。

 

生で食べるプラムよりも

乾燥させて水分の抜けている

ドライプルーンは,

栄養価が濃縮されています。

 

乾燥させて水分を抜く分

栄養価が凝縮され,

生のプラムと比べて

5~6倍は高い数値となります。

 

栄養成分だけに注目すると

生のプラムよりも

ドライプルーンの方が

乾燥したことで栄養価が高くなり,

貧血,便秘,高血圧などへの

効果の期待は高まるでしょう。

 

ソルビトールも同時に

濃縮され高い数値となるので,

ソルビトールでの悪影響には

より注意が必要ですね。

 

ただし,栄養価の数値は

100g単位の数値なので,

乾燥してプラム1個の

大きさが小さくなった分,

 

100g単位に必要な果実の数が

乾燥させた方が多くなっています。

 

粒の大きさについても

乾燥させた方が小さいので,

食べる分にはドライプルーンは

食べ過ぎることもある

 

ということもあり

太りやすいという話が

出てきているんですね。

 

ソルビトールの摂取量も

必然的に増えてしまうので,

食べ過ぎによる下痢には

注意しましょうね。

 

こちらのドライプルーンは

乾燥させていますが,

弾力のある果肉感や甘酸っぱさ

がしっかりと残った商品で,

 

甘いだけでない酸っぱさも

プラムには大事!という方に

おすすめの商品です。

 

砂糖も不使用なので,健康効果・美容効果を

求める方にも最適ですよ。


スポンサーリンク


最後に

今回は,“プラム”について

ダイエットに向いている?という噂

太りやすい?という噂を

中心にまとめました。

 

プラム自体は健康効果も

高く小腹を満たしやすいので

ダイエットに向いているのでしょう。

 

また,ドライプルーンにすると

つい食べ過ぎてしまいやすく,

太りやすいと言われるのでしょうね。

 

プラムもドライプルーンも

どちらにしても

食べ過ぎは良くありません。

 

プラム・プルーンの

良い効果だけを得られるよう

食べ過ぎには注意しましょうね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!


スポンサーリンク