ロータスグリルは便利ですが、使うには炭が必要です。

 

でも、ロータスグリル専用の炭は少し高いので、

予算が少ない時は代用品を使いたいな~という時もあります。

 

でも、ロータスグリル専用の炭の代用品に使えるものなんてあるのでしょうか。

 

そこでここでは、ロータスグリル専用の炭の代用として使える

おすすめの代用品などを紹介します。


スポンサーリンク



ロータスグリルって?

ロータスグリル専用の炭の代用として使える

おすすめの代用品などを紹介する前に、まずは「ロータスグリル」について説明します。

 

キャンプやバーべキューなどで外でお肉や野菜を焼く時、

中に炭を入れてその上に網を乗せて焼く道具がありますよね。

 

それをグリルと言いますが、ロータスグリルもその道具の一つです。

ロータスグリルも普通のグリルと同じように中に炭を入れて使い、

上に乗った網に食べ物を乗せて焼きます。

 

ただ、ロータスグリルは普通のグリルとは違う優れた点がいくつかあります。

 

着火が早い

→キャンプで使うグリルは炭を燃やして使いますが、

炭に火が移るまでけっこう時間がかかります。

 

慣れない人がすると、炭がしっかり燃えるまでの1時間くらいかかる事もあります。

 

ですがロータスグリルは内側に直接火が出る着火装置や

炭に空気を吹き付けて燃やしやすくするファンが付属しているので、

時間をかけずグリルをすぐに温める事ができます。

 

煙が少ない

→普通のグリルでは、食べ物を焼くと煙がモクモク出ます。

ですが、ロータスグリルは食べ物を焼いても煙があまり出ません。

 

と言っても、本来キャンプやバーベキュー用のグリルは外で使う事を想定しているので

普通のグリルを使って煙が出ても大して問題ではありません。

 

ですが、例えば家の庭でバーベキューをする場合、近隣の家がすぐ近くにあれば

外とは言え煙がモクモク出てしまえば近所迷惑になってしまいます。

 

ですからできるだけ煙は押さえたいですよね。

また、キャンプをしている時でも人が多い場合は、やはり煙は少なくしたいものです。

そんな時には煙を極力抑えてくれるロータスグリルを使った方が便利です。

 

※ロータスグリルは煙が少ないと言っても、「屋外での使用」のみを想定しています。

ロータスグリルを室内で使うと火災警報器やスプリンクラーなどが反応して危険ですので、

室内では使用しないようにしましょう。

 

外側が熱くならない

→普通のグリルは、食べ物を焼いている時は

グリル全体が熱くなっているので触れると火傷する恐れがあります。

 

ですがロータスグリルは中のファンの作用で外側を冷やしているので、

食べ物を焼いている最中でも外側が熱くなりません。

 

ですから、ついうっかりグリルを触ってしまい

手を火傷してしまうという危険がありません。

 

炭が汚れない

→燃やした炭は、再利用する事ができます。

ですから何回もキャンプやバーベキューをする人なんかは、

使った炭は冷やしてから回収し、次も使います。

 

ですが普通のグリルだと炭を入れているタンクの上に網を乗っけているだけなので、

網で焼いた肉から滴り落ちた油や野菜くずが下に落ち、炭を汚してしまいます。

 

炭自体は再利用できますが、食べ物の臭いなどが移る場合があります。

ですがロータスグリルの場合、

炭を入れる場所はフタがしてあるので食べ物の油やカスが炭にかかる事はありません。

 

ですから炭をキレイな状態のまま、次に使う事ができます。

 

小さいので持ち運びが便利

→普通、キャンプやバーベキューに使うグリルというと、

車の後部座席をいっぱいに占領するくらいの大きさですよね。

 

ですがロータスグリルは、普通サイズだと30センチくらいです。

大人数でやるにはちょっと役不足ですが、家族だけでバーベキューをするのには十分です。

持ち運びやすく、また仕舞う時も場所を取らないので

「そこまでバーベキューが好きな訳じゃないけど、たまには炭火焼きで食べたい」と

いう人にはとても使い勝手の良いグリルになります。

 

七輪がなくてもサンマが焼ける!

 

CMやドラマで「七輪で焼くサンマ」を見た事はありませんか?

パタパタ団扇で仰ぎながらチリチリ焼けるサンマの身が、なんともおいしそうですよね。

 

でも、実際に七輪でサンマを焼こうとすると用意も片付けもとても面倒です。

また、煙もものすごい事になりますので、場所も気を遣いますよね。

 

ですが、ロータスグリルなら大丈夫です。

ロータスグリルならポンとひとつ用意して炭を入れるだけで簡単に装置が出来上がります。

 

また、煙も少ないので近所に迷惑をかけず、ベランダや庭でコソっと焼く事もできます。

サンマだけでなく焼き鳥やステーキも簡単に「炭火焼き」ができるので、

たまにはこんな贅沢を楽しんでみるのはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



 

ロータスグリルの炭がない時のおすすめの代用品は?①備長炭

ロータスグリルは便利な道具ですが、ロータスグリルだけでは熱源が足りないので、

食べ物を焼くには絶対に「炭」が必要です。

 

そして、ロータスグリル用にはロータスグリル用の炭というものがありますが、

ロータスグリル用の炭と言うのは普通の炭と比べるとやや割高です。

 

また、ロータスグリルを使うには

絶対にロータスグリル用の炭でないといけないという事はありません。

(勿論効率はロータスグリル用の炭が一番良いです)

 

そこでここでは、色々な理由でロータスグリル用の炭がない時の

おすすめの代用品の炭を紹介します。

 

ロータスグリルは炭であれば基本的にはどんな炭でも大丈夫なのですが、

ロータスグリルは普通のグリルと比べると炭が箱に入って燃えている状態なので

炭の入れ替えが面倒です。

 

ですから、1回のバーベキューでできるだけ炭を代える必要のない

「長く火持ちのする炭」を代用品として使うのがおすすめです。

 

そこでロータスグリルに入れる炭がない時、まず代用可能なのは「備長炭」です。

備長炭と言えば空気清浄に使ったりインテリアにしたりと色々用途の多い炭ですが、

炭なので当然燃やす事もできます。

 

備長炭は火持ちがしやすいので、ロータスグリルの炭の代用品になります。

 

備長炭ならコレ♪

 

こちらは普通のキャンプ用グリルでも使用する事ができる備長炭です。

またこちらの備長炭は普通の炭よりも火力が強く、

強力な赤外線を放つ為食材をおいしく焼く事ができます。

 

さらに火持ちもよく出る煙も少ないので、

ロータスグリルと合わせればかなり快適なバーベキューができます。

 

普通の炭と比べるとやや割高ですが、それでもロータスグリル用の炭よりは安いので

予算が気になる人はぜひこちらを使ってみてくださいね。


スポンサーリンク


関連記事:バーベキューの食材ランキング!人気でおすすめの食材をご紹介!

ロータスグリルの炭がない時のおすすめの代用品は?②オガ炭

ロータスグリルの炭がない時のおすすめの代用品、2つめは「オガ炭」です。

オガ炭とは、オガクズを圧縮・加熱して成形したものです。

 

オガ炭もかなり火持ちがし、しかも火力も安定しやすい炭です。

さらにオガ炭は安いのも特徴です。

 

できるだけ安く炭を手に入れたい場合は、オガ炭を使う事をおすすめします。

 

オガ炭ならコレ♪

 

安く炭を手に入れたいなら、こちらのオガ炭がおすすめです。

こちらのオガ炭の良さは何と言ってもその安さ!

 

なんと10kgで1490円という、ロータスグリル用の炭より安いと紹介した

 

備長炭よりかなり安い値段になっています。

 

そして安いからと言ってあまり性能は良くないという事はなく、

しっかり火持ちしてくれますし、火力も安定しています。

 

飲食店などでもかなり使われている愛用者の多い炭です。

ロータスグリル用の炭が高すぎる、と思ったらまずはこちらの炭で試してみましょう。

 

ロータスグリルで使うおすすめの炭は?

ロータスグリルでは備長炭やオガ炭が代用品として使えます。

ですが予算があるのなら、やはりきちんとした「炭」を使うのがおすすめです。

 

そこでここでは、ロータスグリルで使うおすすめの炭を紹介します。

 

ロータスグリル用ブナ木炭

 

ロータスグリル用のきちんとした炭を買いたいなら、こちらの炭を使ってください。

こちらはブナの木を炭にしたものですが、ロータスグリルに最も適した炭になります。

 

火持ち・火力等申し分なく、

さらにロータスグリルは炭を入れる場所が普通のグリルより格段に小さいため、

炭が大きい場合は砕かなければならないのですが、

こちらの炭はロータスグリルに入れる事を想定してありますので

全て小さい状態で入っています。

 

ロータスグリルが使いやすいように作られた炭なので、せっかくロータスグリルを

使うのだからこれ以上よけいな手間をかけたくないという人は

やや割高ですがこちらの炭を使う事をおすすめします。

関連記事:バーベキューの炭の量の目安!10人・20人・30人・40人の場合は?

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材♪

家で作った普通のおにぎりでも、

外で食べるとなぜか「すごくおいしい!」と感じますよね。

 

外で食べるというのは、それだけで人の味覚に特別なパワーを与えてくれます。

外で食べるだけでおいしいのですから、

外で調理(焼く)してそれを食べればさらにおいしい事間違いありません。

 

という事で、次ではせっかくロータスグリルを手に入れたなら

焼いて食べないと損なおすすめの食材を紹介します。

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材♪①サンマ

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材、まずおすすめはサンマです。

 

昔の人はよく七輪でサンマを焼いて食べていたらしいですが、

今は一周まわって七輪でサンマを焼いてその場で食べるなんて逆に贅沢ですよね。

 

でも、ロータスグリルがあれば簡単に炭火焼きも可能なので、

ぜひサンマ焼きはやってほしいです。

 

できれば、旬の秋に脂のたっぷりのったサンマを焼くのがおすすめです。

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材♪②肉

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材、次は肉です。

 

バーベキューと言えばやはり肉ですよね。

ロータスグリルでも肉を焼くのは勿論おすすめです。

 

カルビやトントロなどもいいですが、ホルモンなどの内臓系もおすすめです。

家のフライパンで焼くより何倍もおいしく感じますよ。

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材♪③ホタテ・ハマグリ(貝殻付き)

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材、次はホタテやハマグリです。

ロータスグリルで焼くなら、貝殻付きでグツグツ煮るのがおすすめです。

 

何かの記念日や何かのお祝いしたい時に、その人の為だけに焼いてあげると

さらにプレミア感がアップしていいですよ。

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材♪④おにぎり

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材、次はおにぎりです。

 

おにぎりを焼くというのは意外かもしれませんが、

おにぎりをあらかじめ握っておいて、ロータスグリルで焼くと、

こんがりとした焼きおにぎりができます。

 

バーベキューをすると肉や野菜、海鮮類などおかずは問題ありませんが

「ご飯はどうする?」となりがちです。

 

かといって焼きそばなんかは、

ロータスグリルでは狭すぎて作るのは少し難しいです。

 

ですが焼きおにぎりにする事で、ご飯問題も見事に解決できます。

 

おにぎりの具は何でもかまいませんが、おにぎりの具に定番の梅干しがありますよね。

 

梅干しはそのまま食べても健康に良いのですが、

なんと焼くとその健康効果がさらにアップするんです。

 

おにぎりの具にする梅を少し残しといて、「焼き梅干し」にするのもおすすめです。

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材♪⑤マシュマロ(サンドでも♪)

ロータスグリルで焼くとおいしいおすすめ食材、最後はマシュマロです。

と言ってもマシュマロは熱を加えすぎるとドロリと溶けてしまうので、

マシュマロをロータスグリルで焼きたい時は、箸や竹串など棒に突き刺して、

網から少し浮かせるようにして焼きましょう。

 

マシュマロの表面が所々黒っぽくなって焦げたら食べごろです。

焼き過ぎるとドロリと溶け落ちてしまうので、その前に網から離してください。

 

焼いたマシュマロはそのまま食べてもおいしいですが、

市販のクッキーを用意しておき、

そのマシュマロをサンドして食べるのもおいしいのでおすすめですよ。


スポンサーリンク


最後に

ロータスグリルは煙が少なく着火も簡単、炭も汚れず火傷もしにくいという

とても便利な道具です。

 

「バーベキューをしたいけど、手間が面倒だし汚れそう」と考えている人には

もってこいの道具なので、ぜひ使ってみてくださいね。