スーパーで肉を購入した後、つい冷蔵庫に入れっぱなしにして忘れていた、

そんなことはありませんか。

肉も野菜も生ものですから、冷蔵庫に入れて保存していても、

時間が経てばだんだんと悪くなってしまいます。

 

ただ見た目にあからさまに変化があれば別ですが、

どこでもう食べられないのか、捨てた方がいいのか、

判断する方法が分からないと困ってしまいますよね。

 

かといって、大丈夫だと思って食べたら、

古くなっていて腹痛を起こしたり、最悪食中毒になることも考えられますので、

腐っていないか、食べられるかそうかその基準を知っておくことは必要です。

 

そこで今回は、牛肉の独特の臭いは腐っているからなのか、

また食べてはいけない牛肉の状態はどこで判断すればいいのか、

その基準について詳しくご紹介します。


スポンサーリンク



牛肉にすっぱい臭いが?腐りかけなの?

買ってきた牛肉を調理しようとしたら、

なんだか臭いがして、「買ったばかりなのに?」と思ったことはありませんか。

肉は生ものですから、買ってきてすぐに冷蔵庫に入れないと悪くなりますし、

冷蔵庫でも万全ではありません。

まずは臭いごとに、その原因について詳しくご紹介します。

 

危険度No.1!ヨーグルトのようなすっぱい臭い

きつい臭いではなく、すっぱいヨーグルトのような酸味のある臭いがした場合、

これは牛肉の脂が酸化している状態です。

腐っているわけではないのですが、腐りかけ進行形という状態であり、

このまま放っておくと、腐敗臭となってダメになります。

 

ただしそれほど強く臭いを感じないのであれば、

しっかり火を通せば食べることはできます。

ただしお腹の弱い人は反応してしまう可能性もあります。

 

すっぱい臭いに加え、色が緑色になっている、

また触るとぬめりがあり、糸を引くという場合には腐っているので捨てましょう。

 

危険ではないけれど独特の臭いがする

すっぱい臭いでもなく、腐った臭いでもありませんが、

肉の臭いが強く、それが苦手で牛肉が食べられない、という人もいます。

臭いとしては草の臭い、乳のような臭いなどがあります。

 

外国産の肉、特にオーストラリア産の牛肉は臭いが強いといわれています。

これは牛肉自体が悪くなっているのではなく、飼料で牧草を与えているためです。

牧草はコストが安いため、結果的に牛肉の価格が安くなります。

国産の牛肉は、穀物を使っており、ブランド牛を作っているところでは、

飼料によって肉質が変わるため、飼料にこだわっています。

 

そうはいっても国内で飼育されている牛の飼料に使われるトウモロコシなどは、

そのほとんどが輸入品となっているのが現状で、

そのために価格が高くなっている現状があります。

臭いの強いオーストラリア産の牛肉でも調理次第で臭いは消すことができますので、

調理する料理によって選ぶのがおすすめです。


スポンサーリンク


なんだか牛乳のような臭いがする

牛肉だけど価格が比較的安い牛肉で、乳臭い臭いがする肉があります。

こういった肉の場合、廃牛といって乳を出すことができなくなり、

年をとった牛が処分されて加工された肉である可能性があります。

 

こちらも腐っているわけではありませんが、臭いが気になるという人はいます。

焼肉店など飲食店でこういった肉が出されることはないので、

スーパーなどで買った場合には、購入する可能性があります。

 

これらの肉は、どれも腐っているわけではないので、

きちんと加熱をしたり、臭いを取るための調理法によって、十分食べられる肉です。

 

ただし腐った肉を食べて食中毒になるのではなく、

通常は加熱することで菌は殺菌できます。

食中毒になるのは、菌を触った手で、

調理器具や食器、また他の食品に触れたことによるものです。

食べなくても腐った肉を触ってしまった場合は、しっかり手を洗いましょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2