生活・雑学

融雪剤の使い方!効果的な撒き方やタイミングを徹底解説!


スポンサーリンク

冬になると、雪がたくさん降り積もる地域がありますよね。

毎日の雪かきは重労働で、とても大変です。

危険を伴う場合もありますので、

できるだけ安全に、楽にすませたいと思われる方は多いと思います。

 

積雪への対処方法の一つとして、

融雪剤を使うという方法があります。

 

この融雪剤、雪の多い地域の方は、

実際に散布しているのを見たことがある人もいるかもしれません。

この融雪剤は、家庭でも普通に購入し、使用することができます。

融雪剤をつかえば、雪の処理がとても楽になります。

 

今回は、融雪剤の使い方について、

効果的な撒き方やタイミングなどにも触れながら、ご紹介していきます。


スポンサーリンク



融雪剤ってどんなもの?

そもそも、融雪剤とは一体どんなものなのでしょうか。

融雪剤とは、その名のとおり「雪をとかすために撒くもの」です。

 

雪が降り積もると、地面が凍結して、

車が横滑りしたり、ブレーキのききが悪くなったり、

歩行者が滑ってしまうということも考えられます。

 

また、雪をとかさずに放置してしまうと、上から踏みかためられた地面が、

鏡のように光を反射する氷のような形状になり、

特に車に乗っているときなどに、視界を大きく遮ってしまう、

「ミラーバーン現象」という現象がおきることもあります。

 

雪をそのまま放置してしまうことには、

単純に「移動しづらい」というだけの問題ではなく、

様々なリスクがあるようです。

 

しかし、降り積もった雪を全部手作業で取り除くのは、大変な作業。

少しでも科学のちからを借りて、

雪に早く対処したいものです。

そんなときに利用するのが「融雪剤」。

 

比較的安価で手に入りやすく、

また、環境への影響も大きくないため、融雪剤は、非常に広範囲で

使われています。

 

この融雪剤は、主に「塩化カルシウム」や「塩化ナトリウム」を

主成分としています。

これらの物質は、水に溶けると、

その水が氷になる温度を下げてくれます。

 

普通の水ならば、氷になる温度(融点)は0℃ですが、

塩化カルシウムの場合、融点は-50℃。

塩化ナトリウムの場合、融点は-20℃程度になります。

雪は氷の粒、つまり水でできているので、

塩化カルシウムや塩化ナトリウムと混ざることによって、

「氷になる温度」が低くなり、雪がとけるという仕組みです。

 

融雪剤の主な成分は、先程紹介した

「塩化ナトリウム」や「塩化カルシウム」がありますが、

これらは名前のとおり、塩化系の成分です。

金属などは塩分がついてしまうとサビや腐食がおきやすくなり、

植物や、土壌に塩分がつくと塩害などの影響がおきます。

 

そのようなデメリットに対応するために、

近年では塩化系以外の成分の融雪剤もあります。

「酢酸マグネシウム」や「酢酸カルシウム」を使った融雪剤や、

「炭酸カルシウム」を使ったものなどが代表的です。

 

また、他の融雪剤と異なり、

太陽の光を吸収し、熱を持つことでまわりの雪をとかす仕組みの

「カーボンブラック・炭素微粒子」タイプの融雪剤もあります。

 

これらの融雪剤は、塩化系と比べて少し効果が低かったり、

価格が高いなどのデメリットもありますが、

塩化系融雪剤の問題点をカバーすることができるものです。

 

どこで融雪剤を使うかによって、

使う融雪剤の種類も変えるようにするのが適切ですね。


スポンサーリンク



融雪剤の使い方! 成分別の効果的な撒き方やタイミングは?

それでは、具体的な融雪剤の使い方についてご紹介します。

融雪剤は、その素材によって、効果的な巻き方や撒くタイミングが変わってきます。

 

塩化カルシウムの融雪剤

融雪剤として最も代表的で効果が高いと言われているのは、

塩化カルシウムの融雪剤です。

原材料は「塩化カルシウム」のみが使われていることが多いです。

 

この塩化カルシウムを使った融雪剤は、

水にとけることによって、氷になる温度を-50℃まで下げてくれるため、

どんなに寒い地域にも使うことができます。

 

塩化カルシウムの融雪剤を利用するのに適しているタイミングは、

降り積もった雪をとかしたいとき

です。

 

このほか、

雪の降りはじめ

降り積もった雪が固くなってしまったあと

にも使うことができます。

 

塩化カルシウムの効果は、

雪に塩化カルシウムをまいてから数分~数十分ほどであらわれはじめ、

だいたい1時間程度でその効果を発揮します。

効果の持続する時間は、半日から1日程度です。

 

このような条件により、

「できるだけ早めに雪に対処したい」という場合は

塩化カルシウムを使うのが適しています。

 

逆に、「予防のために1日前から事前に撒いておく」という使い方をする場合は、

効果の持続時間があまり長くないため、

たびたび撒く必要が出てくるんですね。

 

融雪剤の使い方は簡単です。

パッケージの裏面などに書かれている量にしたがって、

(主に1平方メートルあたり30~100グラム程度です。)

適切な量を、雪の上にまんべんなく撒くだけ。

 

融雪剤の仕組みは「水と反応する」というものなので、

全部氷になってしまっている様子の場合は、上から軽く水をかけると、

効果が高まります。

 

適切な量を守るのは重要で、

足りないと当然効果を発揮しませんし、

量を超えてしまうと、塩化カルシウムが触れたコンクリートや鉄が、

塩化物質により腐食してしまう可能性が高まります。

 

また、塩化カルシウムは人体に直接触れると

皮膚が炎症をおこしたり、やけどのような痛みが残ることがあります。

これは、塩化カルシウムが水分と反応するときに

熱を発する性質を持つためのものです。

直接素手で触らずに、ゴム手袋や、コップなどの容器で取るなどの

工夫をしてください。

 

塩化マグネシウムの融雪剤

塩化カルシウムではなく、塩化マグネシウムをつかった融雪剤もあります。

 

塩化マグネシウムをつかった融雪剤は、

水にとけることで、水が氷になる温度を-20℃程度まで下げてくれます。

 

塩化マグネシウムは人体への影響が少ないと言われており、

食用としても、お豆腐をつくるときの「にがり」などに

利用されるので、安全に使うことができる融雪剤です。

 

塩化マグネシウムの特徴は、効果時間が長いこと。

一度まけば、1日以上は効果を持続させることができます。

 

よって、使うタイミングとしては、

雪が降り始める前

に、「凍結防止剤」として使うのが適していると言えるでしょう。

 

また、通常通り

雪が降り積もったあと

の融雪剤としても使えます。

即効性は塩化カルシウムに少し劣りますが、十分に効果的です。

 

使い方などは、塩化カルシウムのときと全く同じです。

 

塩化ナトリウムを利用する

塩化ナトリウム、聞いたことはないでしょうか。

そう、「食塩」の成分です。

 

塩化ナトリウムも、融雪剤の代わりとして使うことができます。

海の水がほとんど凍らないのも、塩化ナトリウムなどの塩分が含まれているからです。

塩化ナトリウムを使った場合、

-20℃くらいまで氷になるのを防ぐことができ、

1日程度効果が持続します。

 

食塩として売られているものなので、

あまり融雪剤として使うことは多くありませんが、

もしも緊急に必要だ、という事になった場合は、

塩化ナトリウムを用いるのもおすすめです。

 

その他の融雪剤

融雪剤には、他にも

酢酸系の融雪剤

炭素カルシウムの融雪剤

ブラックカーボンの融雪剤

などがあります。

 

酢酸系の融雪剤や、炭素カルシウムの融雪剤などは、

使い方としては塩化カルシウムなどと同じで、

適量を、雪をとかしたい部分に撒くだけです。

効果は塩化系よりも低くなりますが、

全く何もしないよりは、とけやすくなります。

 

塩化系と違い、これらの融雪剤は

土壌や草木などへの影響が少ないので、

塩害を避けたい部分などには、これらの融雪剤を使うと良いですね。

 

また、ブラックカーボンの融雪剤については、

太陽の光を利用して温めるタイプの融雪剤です。

よって、太陽の光が当たるように融雪剤を撒く必要があります。

必然的に、予防のためではなく、雪の上に撒く形になりますね。

 

それぞれの融雪剤の特徴を覚えておき、

実際に使うときに、効果的に使えるようにしましょう。


スポンサーリンク


関連記事:路面凍結の条件や時間帯は?気温の目安や対策も詳しく解説!

雪を溶かす以外の融雪剤の利用方法はある?

融雪剤とは、その名のとおり雪をとかすことが一番の目的ですが、

ほかの用途にも使うことができます。

 

その一つが、「粉塵を防止する」ことです。

グラウンドや運動場など、砂埃が撒いやすい場所に

塩化マグネシウムや塩化カルシウムなどをまくことによって、

粉塵が舞い上がるのを防ぐことができます。

 

もう一つの利用方法として、「除湿剤」があります。

水分を吸収する性質が融雪剤にはあるので、

乾燥剤として使われることがあります。

クローゼットやタンスなどの除湿剤には、

演歌系の融雪剤と同じ成分が使われていることが多いです。

 

ご家庭でも、融雪剤を単純に撒いて

砂埃があがるのを防いだり、

クローゼットに直接触らないような形で置くことで

除湿効果を発揮することができます。

融雪剤を中途半端に使ってしまって、余ってしまった、

という場合には、このような方法も試してみてください。


スポンサーリンク


 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

日常的に雪かきをする必要がある地域だけでなく、

突発的に大雪が降ったときの対策として、あまり雪がふらない地域でも

持っておくと安心なのが、融雪剤です。

 

今回ご紹介した使い方を参考に、

雪が降り積もった際も、安全に、比較的手軽に

雪の処理ができるよう、ぜひ融雪剤を活用してくださいね。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!