危篤状態は、「いつ死んでもおかしくない状態」の事です。

 

ではもし、友達や上司・ビジネス関係にあたる相手やその家族や知り合いが

危篤状態になった場合、相手にはどんな言葉をかけたらいいのでしょうか。

また、メールを送る時はどんな文面にすればいいのでしょうか。

 

死は人にとって重要な出来事なので、

この時にうっかり不用意な事を言って(書いて)しまうと禍根を残し、

その後の相手との関係も悪くなってしまいます。

 

そこでここでは、友達や上司・ビジネス関係にあたる相手の家族や知り合いが危篤状態に

なった場合の、相手へ言葉のかけ方、またメールの書き方を紹介します。


スポンサーリンク


危篤とは?

友達や上司・ビジネス関係にあたる相手やその家族や知り合いが危篤状態に

なった場合の、相手へ言葉のかけ方、またメールの書き方を紹介する前に、

まずは「危篤について」軽く見ていきましょう。

 

まず危篤の言葉の意味から紹介します。

「危篤」とは、病気(ケガ)が非常に重たくて、今にも死にそうな状態を指します。

 

では実際にはどういった場面で危篤という言葉は使われるのでしょうか。

 

危篤が使われるのは主に病院で、

医師が「回復の見込みがなく、いつ亡くなってもおかしくない」と判断した場合に

「危篤状態です」と告げてその患者の家族を呼びます。

 

つまり、危篤状態の家族は「いつ死に直面してもおかしくない状態」という事ですね。

 

ただ、「いつ亡くなってもおかしくない」とは言っても、

実際にいつ亡くなるかというのは個人差があります。

 

家族が駆けつけてきてすぐ亡くなる人もいれば、

なんと10日以上「危篤状態」が続く人もいます。

 

危篤状態が10日以上続くと、外部の人間からすれば「長生きしてくれて嬉しいだろうな」

「もしかしたら回復するのかな?」と思うかもしれませんが、

当家族からすれば「回復もせずいつ死ぬか分からない状態がずっと続いている」

という事なので、ハラハラした状態が長く続く事になり

むしろすぐ亡くなるよりもよほど辛いとも言えます。

 

ですからもし友達や上司・ビジネス関係の人から

「家族が危篤状態で…」と聞かされてその後「亡くなった」という報告がない場合は、

危篤状態が長期にわたって続いていると考えてください。

 

そして、「亡くなった」という報告はこちら側から催促せず、

相手から言ってくるのを待ちましょう。

 

間違っても、

「危篤状態が長いですね、回復しそうなんですか?」とは聞かないようにしましょうね。

 

人の生死に関わる際の不用意な言葉は、通常の時よりも相手を深く傷つけます。

危篤状態の意味をしっかり理解して、相手にかける言葉は慎重に選びましょう。


スポンサーリンク



危篤時には何を持って駆け付ける?

ドラマなどではよく電話で

「〇〇さんが危篤です、早く来てください」と家族が病院に呼ばれる事がありますよね。

 

実際もそんな感じで、患者の状態を診た医師が「これは危ない」と判断すると

登録している家族や知り合いに電話をします。

 

また危篤で呼ばれた家族がその時に、

当人と親しかった友人などを個人的に呼ぶ事もあります。

 

ではもしあなたが危篤状態の家族や知り合いから「来てくれ」と呼ばれたとします。

あなたはすぐに病院へ向かわなくてはいけません。

 

ここで、ちょっと気になる事があります。

 

普通入院している人の所へ行く場合は「お見舞品」を持っていきますよね。

 

では、もし「危篤ですからすぐ来てください」と言われた場合、

何を持っていけばいいのでしょうか。

 

危篤状態で呼ばれた場合の一番優先すべき事は、「できるだけ早く駆け付ける」です。

 

危篤状態は上でも説明した通り、10日以上生きる事もありますが

すぐに亡くなる場合もあります。

 

悪い方の可能性を考えて、危篤の知らせを受けた場合「すぐに亡くなる」と考えましょう。

 

ですからお見舞品などを用意している暇はありません。

相手の家族もそれは分かっているので、何も持っていかなくて大丈夫です。

 

むしろ何かを持っていくと、「そんなものはいいから早く来てほしかった」と

思われてしまいます。

 

とにかく急いで病院へ行きましょう。

危篤の知らせを受けたら、「何も持たずにすぐに駆け付ける」が鉄則です。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2