海のミルクとも言われている、牡蠣。

美味しいですよね!

 

だけど牡蠣って、ちょっと

「とっつきにくい」イメージがありませんか?

 

消費期限が短くて急いで食べないといけない!

加熱用・生食用の違いが分からない!

保存方法が不安でとにかくあたると、怖い!

などなど。

 

そこで今回は、牡蠣の加熱用と生食用の違いや

消費期限は3日や1週間過ぎたら

危険なのかなどを調べてみました。

冷凍による保存方法なども合せて紹介していきます。

 

きっと牡蠣への「とっつきにくい」イメージが

解消されはずですよ。

 

一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク



加熱用の牡蠣と生食用の牡蠣の違いは?

美味しいことはわかっていても、

何となく繊細で扱いにくいイメージがある牡蠣。

 

何を隠そう私自身、

牡蠣をあまり自分で料理した経験がありません!

 

だけど牡蠣は好きです。

 

生牡蠣はもちろん、お鍋に牡蠣フライ、牡蠣のグラタン

中華味やバターでソテーするだけでも美味しいですよね!

 

そんな和洋折衷万能な牡蠣ですから本当はもっと食べたい!

 

そこで、もっと牡蠣を安心して堪能できるように

牡蠣のあれこれをひとつずつ解明していきたいと思います。

 

まずは、スーパーなどで

売られている牡蠣には加熱用と生食用とがあると思います。

 

その違いを解明していきましょう!

加熱用と生食用と聞くと

 

「生食用の方が新鮮で加熱用の方が新鮮さに欠ける」

などと思いますよね!

 

ところが、牡蠣についてはそうではないそうです。

 

牡蠣は「あたりやすい」と昔から言われていた為に

厳しい基準が保健所で定められているそうです。

 

その基準とは、プランクトンの量!

 

保健所は、プランクトンの量の違いで海域を指定していて

「プランクトンの量が多く含まれている

海域の牡蠣は、加熱用の牡蠣とする」

と、定めているそうです。

 

だからといって

プランクトンが多く含まれている=海水が汚い=加熱用の牡蠣

になるのかというと、決してそういう訳ではないそう。

 

加熱用だからからといって

「汚い海域で獲れた鮮度が低い牡蠣」

とういことでもないそうですよ。

 

私は、新鮮な牡蠣は「生食用」

鮮度がよくなかったり落ちてしまった牡蠣を

「加熱用」として出荷しているのかと思っていましたが

そうではないのですね!

 

加熱用と生食用の牡蠣の違いは新鮮さとは無関係のようです。

 

・・ということは、

加熱用と生食用の牡蠣の消費期限は

どのようになってくるのでしょうか。

 

加熱用の方が長い?生食用はやはり短い?

でも鮮度が関係ないということは・・?

気になりますよね!

 

次に牡蠣の消費期限についてさらに掘り下げて見ていきましょう!


スポンサーリンク


関連記事:りんごを皮ごと食べる時の洗い方!農薬は大丈夫?

牡蠣の消費期限!加熱用と生食用で違う?3日や1週間過ぎたら危険?

牡蠣で一番気になるのが、消費期限!

 

あたりやすいと言われている牡蠣なので

美味しく安心して食べるには

いつまでに食べるのがいいのかが気になるところです。

 

イメージとしては

加熱用の牡蠣の方が消費期限は長く

生食用は短いような気もしますが、実はこれも大きな間違い!

 

基本的には牡蠣を購入した際にパッケージなどに記載してある

消費期限を確認することが大前提!

 

購入後や購入の際に記載されている

消費期限をチェックすることが大切なのですが、

一般的に、多くの牡蠣の消費期限としては

 

加熱用の牡蠣も生食用の牡蠣も

消費期限は冷蔵で保存した状態で2~3日!

 

3日を過ぎたら危険になることが多いそうです。

 

加熱用と生食用の消費期限が

同じくらいなのが意外な気もしますが

先の加熱用と生食用の牡蠣の違いでも見てきたように

加熱用の牡蠣と生食用の牡蠣との違いは

「新鮮さ」ではありません。

 

よって、生食用の牡蠣であっても

加熱用の牡蠣であっても鮮度に差はないので

消費期限の長さに違いは生じないそうです。

 

その為

 

「生食用の牡蠣が消費期限を過ぎたから火を通して加熱して食べよう」

などもNG!

 

この考えの元には、

「生食用の牡蠣は鮮度がいいはずだから

少しくらい消費期限を過ぎても、加熱すれば問題ない」

 

ということがあることと思いますがここが大きな間違い!

 

私もそうなのですが主婦あるあるの

何でも「加熱すれば大丈夫!」は牡蠣については通用しないそうです。

 

ただし!

 

この消費期限は「むき身」の牡蠣の場合!

殻付きの牡蠣の場合は牡蠣の状態が良く、

きちんと保存をすれば少しだけ消費期限が長くなるそう。

 

とはいえ、生で食べる場合はやはり2~3日以内が安心!

2~3日を過ぎた牡蠣は加熱して食べればもう少し長く

楽しめるもののやはり、5日前後が目安になるそう。

 

1週間を過ぎたら、食べるのは諦めたほうが

安心のようですよ。

 

殻付きであってもむき身であっても

牡蠣は出来る限り早めに食べることが

望ましいようですよね。

 

記載されている消費期限を守り消費期限を過ぎた牡蠣は

 

3日であっても

1週間であっても

加熱しても

 

食べないほうがいいそうです。

 

牡蠣にあたってしまうと、腹痛や嘔吐や発熱などの症状が出る他

子供やお年寄りは命の危険に関わることもあるそうなので

注意をするようにしましょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2