ファッション

ムートンコートはいつからいつまで着れる?気温の目安や服装もご紹介!


スポンサーリンク

冬場になると活躍するコート。

なかでも、裏地がボア生地になっているムートンコートは、

柔らかいシルエットと、質感、そしてなんといってもその暖かさで、

寒い冬のコーディネートにはぴったりのアイテムです。

 

その可愛さから、長い間着たいという方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、あまりに早い時期から着てしまうと、

着ていてとても暑くなってしまったり、

周りから見ても「季節感がない」と見られてしまうこともありそうです。

また、冬の終わりもどのくらいの時期まで着られるのか、

気になるところですよね。

 

今回は、そんなムートンコートについて、

着るのに適切な時期を中心に紹介していきます。

また、ムートンコートにおすすめの服装などについても、

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサーリンク



ムートンコートはいつからいつまで着られる? 気温の目安は?

ムートンコートというと、裏地にボアがついている、

とてもあたたかそうなコートですよね。

冬場の寒い時期には大活躍しそうですが、

具体的には、いつからいつまでが着るのにちょうどいいのでしょうか?

 

冬物のコートといっても、コートには様々な種類があります。

トレンチ、ダッフル、ウール、モッズ、ダウンなどなど…。

その中でもムートンコートは、断然暖かいコートになります。

 

ですので、他のコートよりも、着始められる期間は遅めです。

一般的に、寒さが厳しくなる真冬の12月中旬ごろから、2月下旬ごろが

ムートンコートの着用時期だと言われています。

 

他のコートは薄手のものならば10月くらいから、

そうでなくても11月の寒い時期から着用しているのを見かけることができますが、

ムートンコートを着る場合は、それ以上に寒い時期を想定してください。

 

とはいえ、その年によっては、寒さが厳しい年もあります。

また、日によっても暖かさは違います。

時期は12月中旬から2月下旬ごろが基本ではありますが、

着るときには気温も意識するとより快適に着こなすことができます。

 

ムートンコートを着るのに良いとされる気温は、

最高気温が5℃以下、平均気温だと、6℃以下の場合です。

かなり寒い時期、日でも、ムートンコートの暖かさは

寒さをずいぶんと和らげてくれます。

 

ムートンコートにぴったりの季節は、

真冬のとにかく寒い時期。

季節感の強いアイテムなので、時期や気温を見極めて効果的に使ってくださいね。


スポンサーリンク



関連記事:ウールコートはいつからいつまで着れる?時期・気温やおすすめの服装もご紹介!

ムートンコートを着るときにおすすめの服装は?

真冬のコーディネートに最適なムートンコートですが、

どんな服装、コーディネートをすると良いのでしょうか?

 

ムートンコートは、中にボア生地があるため、1枚でかなり分厚く、

もこもことしたシルエットを作ってくれます。

 

真冬はとても寒いため、どうしても重ね着をしてしまい、

全身が着ぶくれしてしまうこともありますが、

ムートンコートを上手に使うと、1枚で防寒をしっかり行いつつ、

他のアイテムはすっきりとさせて、メリハリのついたコーディネートが作れます。

 

ムートンコートをつかった服装で、最もベーシックでおすすめなのは、

スキニーなどの細身のボトムスを使ったコーデ。

画像はこちら

 

ムートンコートのふわふわと分厚い記事は、

手足の細さを強調してくれます。

足の細さが強調できるような、はっきりした色の細身のボトムスは、

かっこよくお洒落に見せてくれ、ムートンコートと相性抜群です。

 

他に、手足のすっきりしたラインを出すのに良いのは、短めのスカートです。

画像はこちら

 

ムートンコートの丈よりも短めか、同じくらいの丈であれば、

足をほっそりと見せてくれる効果が期待できます。

ムートンコートは防寒力が高いため、

あまり寒さに敏感にならずとも、足をすっきり見せるコーデができるのも

ムートンコートの利点ですね。

 

もっとゆるっと着こなしたい!

という方には、逆に少しだぼっとカジュアルに着こなすのもおすすめ。

画像はこちら

 

ワイド系のデニムのボトムスを使うと、

カジュアル感がぐんと増します。

画像はこちら

 

このように、柔らかい素材のワイドパンツもカジュアルな着こなしと愛称が良いですね。

近年は「カジュアルに着崩す」というスタイルもおしゃれの上級テクニックとして

人気が高く、おすすめの服装です。

 

カジュアルに着こなすため、ワイドパンツなどのアイテムを活用する場合は、

髪をまとめてアップにする、パンプスなどで足首や足の甲をみせるなど、

体の一部がすっきりみえる服装づくりを心がけてくださいね。

 

以上が、ムートンコートを使うときのおすすめの服装となります。

ムートンコートの季節は真冬でとても寒いので、防寒には気をつけつつ、

ムートンコートの特徴である「手足がすっきり細く見える」という特徴や

ふわふわもこもことしたかわいらしい質感を生かした服装を探してみてください。


スポンサーリンク


関連記事:長袖はいつから着る?子供・大人別の気温の目安は?

使いやすくおすすめのムートンコートは?

ムートンコートをつかったおすすめの服装をご紹介しました。

こんな服装を楽しむために、

新しくムートンコートを購入しようという場合は、どんなものがおすすめでしょうか?

 

ムートンコートには、本物のムートンとフェイクムートンがあります。

そもそも本物のムートンって何?

という方もいるかもしれません。

ムートンの元々の意味は、「羊の毛皮」です。

 

ムートンコートは、羊の毛皮の裏側を加工してスエード状に仕上げたもので、

本物の毛皮を使ったムートンコートは、長く使っていると独特の風合いになります。

ムートンコートの内側がふわふわになっているのは、

羊の表面部分のファーだからです。

 

本物のムートンは、価格も当然相応に高くなります。

しかし、その分長持ちしますし、使えば使うほど年季の入った風合いになります。

長く使われているリアルムートンコートは上品で使い心地もとても良いため、

長年使うことを想定して、リアルムートンを選ぶのも良いかもしれません。

 

しかし、こんなに高いものではなく、手軽にムートンコートを楽しみたい、

という方も多いと思います。

そんな方には、フェイクムートンのコートがおすすめです。

 

最近はいろいろなフェイク素材があり、

フェイクファー、フェイクレザーなど、ファッションアイテムでも

いろいろなものを見ることができますが、

フェイクムートンのコートもその一つです。

 

こちらのように、ベーシックでシンプルなデザイン、形のムートンコートは、

幅広いコーディネートで使うことができます。

裾があまり広がりすぎない形は、

大人っぽい服装をするときでも、逆にスカートなどと合わせるときでも、

シルエットがアンバランスになることがなく、おすすめです。

 

少しカジュアルな雰囲気にもしてみたいという場合には、

フード付きのムートンコートもおすすめ。

特に近年は、様々な雑誌にフード付きのムートンコートが取り上げられているため、

トレンドを抑えた服装にすることができます。

 

ムートンコートとひとくちに言っても、

リアルムートンとフェイクムートンの違いや、

カラーやフードなどの有無、シルエットなど、さまざまな違いがあります。

流行と実用性、どんな服装で着こなしたいかを考えつつ、

ベストなムートンコート選びをしてくださいね。


スポンサーリンク


関連記事:薄手・厚手のニットはいつからいつまで着れる?時期の目安は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

ムートンコートは、寒さにとっても強いコートです。

着始める期間が遅くなるため、シーズンは他のコートよりも短めに思えますが、

真冬の寒い時期にも、かわいいシルエットで季節感に合ったコーデを作れる

ムートンコートは、寒さに厳しい季節の強い味方。

 

もこもことしたシルエットも、すっきりとしたアイテムとの愛称抜群。

寒さに負けて全身メリハリのないもこもこになってしまいがちな真冬コーデですが、

ムートンコートをつかえば、すっきりとスタイリッシュに見せることができます。

 

冬のコーディネートのお供として、

ムートンコートはぜひ活用していきたいアイテムです。

時期や気温を見極めて、寒い冬もおしゃれに乗り切ってくださいね。


スポンサーリンク

error: Content is protected !!