お寿司と言えば昔は高級品でしたが、

今はたった100円で食べられる100円寿司がありますし

スーパーの総菜コーナーでも安く売られていますよね。

 

ただ、例えお寿司を安く買えても、

結局賞味期限切れになって食べずに捨てる事になってしまっては意味がありません。

 

そこでここでは、そんな家に持って帰ってきたお寿司の賞味期限や

常温や冷蔵庫で保存した場合のもつ期間などを徹底解説します。

 

お寿司の賞味期限や保存方法が気になる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


スポンサーリンク


お寿司の賞味期限は?

お寿司は最近安く買えるようになりました。

しかし、生魚を扱っているという事で賞味期限はそんなに長い感じはしませんよね。

 

実際お寿司の賞味期限はどうなっているのでしょうか。

 

その前にここで少し、「賞味期限」という言葉について説明します。

同じような意味で使われる「消費期限」と合わせて一緒に見ていきましょう。

 

賞味期限も消費期限も、売られているほとんどの食品につけられている期限です。

(ないものもありますが)

 

ですが、その意味は若干違います。

どういう違いがあるのかというと、以下のような違いがあります。

 

・賞味期限→その期限までなら「おいしく」食べる事ができる期間。

この期間が少し過ぎても、おいしくはないかもしれないがまだ安全に食べられる。

 

・消費期限→その期限までなら「安全に」食べる事ができる期間。

この期間が過ぎるとその食品は急速に傷み出し安全が保障されないので、

この期間が少しでも過ぎたものは破棄するのが望ましい。

 

いかがですか?

賞味期限と消費期限は似たような言葉ですが、意味は少し違いますよね。

 

賞味期限と消費期限の一番の違いは

「その期間が過ぎても安全に食べられるかどうか」です。

 

賞味期限なら少し過ぎても大丈夫ですが、消費期限は少しでも過ぎていればアウトです。

 

ですからその食品に記されているのが賞味期限なのか消費期限なのかは、

しっかり確認しておく必要があります。

 

そこでお寿司の話に戻りますが、持ち帰る事にできるお寿司というと

よくあるパターンとしては

 

・スーパーの総菜コーナーにあるパックのお寿司

・回転寿司屋の持ち帰りお寿司

・宅配で注文したお寿司

がありますよね。

 

パックのお寿司は賞味期限の場合と消費期限の場合があります。

ですが、回転寿司屋や宅配で注文したお寿司はほぼ消費期限です。

そしてお寿司の賞味期限、消費期限どちらの場合も期限は購入してから

12時間~24時間です。

 

賞味期限の猶予は本来の賞味期限からプラス1.1~1.2倍の期間ですから、

購入したお寿司に書かれていたのが賞味期限だったとしても

プラス2~4時間ほどです。

 

お寿司を買ったら、その日の内や翌朝などできるだけ早く食べるようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事:お寿司の保存方法!冷蔵庫で固くなるのを防ぐには?

お寿司を常温・冷蔵庫で保存した場合は賞味期限はどうなる?

お寿司はできるだけ早く食べるように、と言われても

注文(買い)過ぎて食べきれず残してしまったという事はありますよね。

 

そんな時はやむを得ずお寿司をとっておく事になりますが、

その時お寿司はどう処理したらいいのでしょうか。

 

お寿司を保存する最適な温度は、10℃以下です。

普通の家庭なら、そのような温度を保っているのは冷蔵庫ですね。

 

ですからお寿司が余ってすぐに食べきれない場合は、

すぐに冷蔵庫に入れるようにしましょう。

 

また、お寿司は生ものなので、常温ではすぐに傷んでしまいます。

その部屋の室温にも影響されますが、具体的には冬場の割とひんやりした部屋で数時間、

夏だと例え冷房を効かせていても1時間くらいでお寿司は悪くなります。

 

また常温の部屋ではカビや細菌が活発に活動しているので

生ものが乗っているお寿司は特に取りつかれやすく、

それもお寿司が早く傷む原因になります。

 

ですから、食べている最中から冷蔵庫にしまう必要はありませんが

食事がひと段落して「あー、お腹いっぱい。お寿司が余っちゃった」

となった時は、お寿司だけは早めに冷蔵庫に避難させるようにしましょう。

 

ただ、冷蔵庫に入れるとお寿司の刺身の部分は大丈夫になりますが、

下のシャリの部分、

つまりご飯は固くなっておいしくなくなってしまうという欠点があります。

 

よく、「お寿司を冷蔵庫に入れておいたので悪くなってはないけど、

ご飯の方がカピカピになって食べられたものじゃなくなってしまった」

という話をよく聞きますよね。

 

ご飯にはでんぷんが含まれていますが、このでんぷんは熱を加えると活性化します。

炊き上がったご飯がふっくらしておいしいのは、

このでんぷんが暖かさで元気に働いているからです。

このでんぷんは逆に寒くなると老化して働くのをやめてしまいます。

 

例えば炊き立てのご飯でも冷蔵庫などで冷やされてしまうと

固くなってしかもおいしくなくなってしまいます。

 

また、冷蔵庫の中でご飯の水分が蒸発してしまう事も、

ご飯が固くなってしまう原因になります。

 

お寿司は熱を加えて食べるという事はしませんので、

この辺の扱いが少し難しいですね。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2