膝下が短いのを長くする方法!長さの測り方や平均値についても詳しく解説!

昔から膝下が短いのがコンプレックス・・・脚を長くしたい!と

悩んでいる方は多いと思います。

成長期が過ぎ大人になったら、もう手遅れだと思ってはいないでしょうか。

実は膝下を長く見せ、脚を長くするとういことは誰にでも可能なのです。

ぜひ、脚が短いと悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

さらに、今回は膝下を長くする方法だけでなく、

長さの測り方や平均値についても解説していきますよ。




スポンサーリンク






膝下の長さの測り方は?平均値も紹介!

実際に膝下を長さを測ろうと思ったとき、

膝のどの部分から測ればいいのかわからないという方も多いと思います。

そんな方のために、膝下を長くする方法の前に

まずは正しい長さの測り方から解説していきます。

膝下の長さは1センチ程度の差でも見た目が全く変わってくるので、

正しい測り方で測っておくのが大事になります。

 

膝下を測る時には、膝関節(膝の皿の部分)のすぐ下の部分の、

膝を曲げた時に少しへこみができる部分から、地面までの長さを測るようにしましょう。

椅子に座って、脚を地面と垂直になるように曲げて測ると、測りやすいと思います。

 

次に膝下の長さの平均値についてですが、

日本人の膝下の平均の長さは男性で46.7cm(平均身長170.6cm)、

女性で42.9cm(平均身長158.6cm)となっています。

 

一般的に、理想とされている股下から地面までの脚の長さは

「身長×0.47」で計算することができます。

また、膝から踵までと股下から膝までの長さの割合は5:3が

バランスの良い比率とされています。

 

例えば、身長が160cmの方の場合のそれぞれの長さの算出方法をご紹介します。

まず、理想の脚の長さは160cm×0.47=75.2cmとなります。

そして5:3の比率に当てはめて計算してみると、

股下から膝の長さは75.2cm×3/8=28.2cm

膝から地面までの長さは75.2cm×5/8=47cmという計算になります。

したがって、身長160cmの方の理想の膝下の長さは28.2cmということになります。

ぜひ、あなたも自分の身長に当てはめて計算してみてください。




スポンサーリンク






関連記事:指輪のサイズ直しの期間や料金は?大きく・小さくする方法は?

今日から実践可能!短い膝下を長くする方法!

短い脚をなんとかしたいけど、成人して成長が止まってるんだから無理、

なんて思ってはいませんか?

実は、そんなことはありません。

ここからは、短い膝下を長くする方法をご紹介していきますよ!

 

立ち方や座り方を変える

日々の生活の中で何気ない行動が原因で脚が短くなってしまっている可能性があります。

例えば猫背の方は身体の歪みが原因で脚の長さにも影響を与えてしまいます。

また、よく脚を組んで座る方も骨盤が歪んでしまい、

脚が短くなってしまうこともあるそうです。

膝下を含めた脚の長さを長くする方法としては、

まずはその身体の歪みを解消するということが挙げられます。

 

猫背や足組みは意識して止めるようにすると良いでしょう。

また、自宅で簡単にできる身体の歪み解消方法としては、

正座したままの状態で身体を後ろに倒し、

無理しない程度の体勢で10~20秒キープするという運動が効果的です。

毎日このストレッチを行うことで下半身全体の歪みを改善することができますよ。

 

O脚の改善

膝下の長さそのものを変えるというわけではありませんが、

O脚を改善することで膝下が長く見え、見た目の印象が変わることがあります。

まず、鏡を見ながら少し力を入れて脚を閉じてみてください。膝が付かない方はO脚です。

 

O脚の改善に役立つ方法を紹介します。

まず体育座りをした状態で膝と膝の間をこぶし1つ分あけます。

両膝の外側を両手で内側に向かって押し、

その間もこぶし1つ分の空間はキープするように脚に力を入れます。

次に、両膝の内側を両手で外側に向かって開くようにし、

その間もこぶし一つ分の空間は変わらないように力を入れてください。

 

各10秒ずつ10セットを目安に毎日行うようにしてみましょう。

自宅でテレビを見ている時などでも簡単にできるのでぜひ実践してみてください。

 

ふくらはぎを細くする

スカートや短パンなどを履くと、特に膝下の長さが目立ってしまいますよね。

そんなときでも、ふくらはぎなどがスッと細くなると膝下を長く見せることができます。

 

ポイントは、アキレス腱を伸ばして長くみせることです。

方法はとっても簡単で、つま先立ちの状態で全力で真上にジャンプするという運動です。

膝を曲げずに真っ直ぐ上に飛ぶことがコツになります。

10秒間程度を目安にして一度やってみてください。

 

あまりやり過ぎると、筋肉が疲労して効果が減ってしまいます。

まずは10秒間×5回を1日2~3セット行ってみてください。

しかもこの運動は、ふくらはぎがスリムになるだけでなく、

継続して行うことで実際に膝下の長さが数ミリ伸びるということもあるようです。

もちろん人により結果に差はありますが、試す価値はありますよ。




スポンサーリンク





関連記事:マスクにファンデーションがつかない方法!おすすめのファンデやマスクをご紹介!

むくみを取る

仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしの仕事をしていると、

1日の終わりにはもう脚がパンパンだという方は多いのではないでしょうか。

脚は心臓から遠い場所にあるので血液の流れが悪くなりやすく、

重力によって水分が溜まりやすいのです。

この下半身のむくみを改善することで、脚をスッキリ長く細くみせることができます。

 

まずは、日常生活の中でむくみに効く成分を摂取するように意識してみましょう。

カリウムやクエン酸、ビタミン、ポリフェノールは特にむくみに効果があります。

しかし、食事だけで栄養の必要量を摂取するのはなかなか難しいもの。

そこでおすすめしたいのが、サプリメントです。

仕事が忙しくて食事が不規則になりやすい方でも続けやすいですよ。

 

メグリスリコピンプラス

この商品はむくみに効果があるとされている成分が豊富に含まれています。

また、すべての成分の含有量が明記されているので、安心感も高いですよね。

高配合だからこそ、自信をもって記載されているということです。

国内工場で製造されており原料はJAS認定されているので安全にも考慮されています。

 

骨盤の歪みを改善

骨盤の歪みは歩き方や脚の形に大きな影響を与えてしまいます。

骨盤矯正も、脚を長くする方法として効果的です。

簡単なストレッチをすることでも、骨盤矯正をすることができます。

まず、両膝を立てた状態で仰向けに寝ます。

上半身は上を向いたままの状態で両膝をつけたまま片側に両脚を倒します。

倒した状態で10秒キープし、反対側に倒しましょう。

これを5セット繰り返します。

寝る前に数分行うだけでも効果があるので、習慣にしてみてください。

 

また、寝ている間に骨盤を矯正することができるショーツも近年流行しています。

運動する時間がなかなかとれないという方でも、

寝るときに履くだけなので問題ありませんよね。

 

フライビシット

骨盤整体シェイプアップショーツ【フライビシット】※発送は一週間ほどを予定しております骨盤矯正_下着_骨盤ショーツ_矯正_ダイエット_加圧下着_着圧_下半身_骨盤補正

履いているだけで簡単に骨盤ケアができる着圧型ショーツで、

通気性も良いので暑さで寝苦しくなることもありません。

履いているだけで、O脚の改善や猫背、美脚、

さらにはウエストのシェイプアップまで効果があるのです。

 

骨盤が正しい位置に矯正されると、下半身の血行の巡りが良くなり、

脚に溜まった不要な老廃物も体外へ排出されるのでむくみも良くなります。

脚を長くするにはうってつけのアイテムですよ!




スポンサーリンク





関連記事:悪い夢ばかり見る原因・理由は?悪い夢を見ない方法も徹底解説!

最後に

まずは、自分の膝下の長さを測ってみることから始めてみてください。

自分でうまく測れない方は家族や友達に手伝ってもらうといいでしょう。

理想の長さは膝から踵と股下から膝が5:3の比率と言われていますので、

参考にしてみてください。

 

実際には、膝下の長さを極端に長くするというのは難しいですが、

ほんの数ミリ変わるだけでも見た目の印象は大きく変化します。

また、脚の形を矯正するだけでよりシャープに見え、

実際に長さは変わっていなくても膝下を長く見せることもできます。

今回ご紹介した膝下を長くする方法を

自分に合った形でぜひ今日から実践してみてください。



スポンサーリンク

サブコンテンツ