膝下が短いのを長くする方法!長さの測り方や平均値についても詳しく解説!

昔から膝下が短いのがコンプレックス・・・脚を長くしたい!と

悩んでいる方は多いと思います。

成長期が過ぎ大人になったら、もう手遅れだと思ってはいないでしょうか。

実は膝下を長く見せ、脚を長くするとういことは誰にでも可能なのです。

ぜひ、脚が短いと悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

さらに、今回は膝下を長くする方法だけでなく、

長さの測り方や平均値についても解説していきますよ。




スポンサーリンク





膝下の長さの測り方は?平均値も紹介!

実際に膝下を長さを測ろうと思ったとき、

膝のどの部分から測ればいいのかわからないという方も多いと思います。

そんな方のために、膝下を長くする方法の前に

まずは正しい長さの測り方から解説していきます。

膝下の長さは1センチ程度の差でも見た目が全く変わってくるので、

正しい測り方で測っておくのが大事になります。

 

膝下を測る時には、膝関節(膝の皿の部分)のすぐ下の部分の、

膝を曲げた時に少しへこみができる部分から、地面までの長さを測るようにしましょう。

椅子に座って、脚を地面と垂直になるように曲げて測ると、測りやすいと思います。

 

次に膝下の長さの平均値についてですが、

日本人の膝下の平均の長さは男性で46.7cm(平均身長170.6cm)、

女性で42.9cm(平均身長158.6cm)となっています。

 

一般的に、理想とされている股下から地面までの脚の長さは

「身長×0.47」で計算することができます。

また、膝から踵までと股下から膝までの長さの割合は5:3が

バランスの良い比率とされています。

 

例えば、身長が160cmの方の場合のそれぞれの長さの算出方法をご紹介します。

まず、理想の脚の長さは160cm×0.47=75.2cmとなります。

そして5:3の比率に当てはめて計算してみると、

股下から膝の長さは75.2cm×3/8=28.2cm

膝から地面までの長さは75.2cm×5/8=47cmという計算になります。

したがって、身長160cmの方の理想の膝下の長さは28.2cmということになります。

ぜひ、あなたも自分の身長に当てはめて計算してみてください。




スポンサーリンク





続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク

サブコンテンツ
error: Content is protected !!