雨の日にできるおしゃれ、それがレインブーツです。

憂鬱な雨の日も、可愛いレインブーツが1足あると

それだけで外出がワクワクしたものになりますよね。

 

最近レインブーツをファッションに取り入れる人が増えてきたので

おしゃれで可愛いレインブーツも種類がかなり増えました。

 

ただ、たくさんの中から選べるのは嬉しい反面、

どれを選べばいいか難しくなってしまいました。

 

そこでここで、レインブーツのサイズや色の選び方、

オススメのおしゃれで可愛いレインブーツを紹介します。

 

ぜひこの記事を読んで、

自分に合ったレインブーツ選びに役立ててくださいね。


スポンサーリンク



レインブーツって長靴とは違うの?

レインブーツに似た言葉で、長靴がありますよね。

レインブーツと長靴は違うのでしょうか?

 

いいえ、レインブーツと長靴は同じものです。

雨の日や濡れた場所を歩くときに履く、防水性の高い靴の事を指します。

 

ではなぜ呼び方が違うのでしょうか?

それは簡単です。

 

ズボンをパンツ、チョッキをベストという風に

長靴をちょっとファッショナブルな言い方に変えたのがレインブーツです。

 

言葉の響きも、“レインブーツ”の方がとっても可愛くておしゃれですよね。

 

昔は長靴というと色が黒っぽいものしかなく、

「雨の日に仕方なく履く」というような

おしゃれとはほぼ遠い靴でしたが、

ファッション性を取り入れたことで

最近はおしゃれで可愛いデザインのものが増えました。


スポンサーリンク



レインブーツのサイズの選び方は?

レインブーツのサイズはどうやって選べばよいのでしょうか。

 

レインブーツのサイズ表は、基本的には靴と同じです。

「~センチ」と書いてあったり「フリーサイズ」と書いてあったりします。

 

ですから、基本は自分の足の足のセンチサイズに合わせれば大丈夫です。

でも、「そっか!私の足のサイズは23センチだから23センチのを買えばいいんだ!」

と思うのは少し早いです。

 

レインブーツは靴と少し違うところもあります。

それは素材です。

 

レインブーツは水を弾くために、ゴムや塩化ビニールなどでできています。

その為普通の靴と違い足にくっつきやすいです。

またレインブーツのほとんどは紐やボタンもついていない為、

それをゆるめて脱ぐということもできません。

 

ですからレインブーツは一度履くと非常に脱ぎにくくなります。

 

つまり、足にピッタリしたものは確かに履きやすいですが、

脱ぐ時にとても大変だということです。

 

脱ぐ時を考えたら、

自分の足のサイズよりやや大きめも見た方が良いですね。

 

ただ、脱ぐ時のことを考えてあまりに大きいサイズにすると、

今度は足に合わずガポガポしてしまったり水が入ってきたりしてしまいます。

 

レインブーツのサイズを選ぶには「履いて履き心地を確かめる」のが一番ですが、

通販などの場合で履き試しができない場合は

自分の足のサイズよりほんの少しだけ大きいものを選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク


続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2