歩いているだけなのに内ももが擦れてなんだか痛い、

座っていると内ももが痒くなる、という方はいませんか?

もしかしたらそれは、またずれの症状かもしれません。

 

実はこのようなまたずれの症状に悩まされているという方は意外と多いのですが、

同時に、太っているから仕方が無いなどとその対策を諦めている方も多いのです。

そこで今回は、またずれの予防と対策についてまとめています。

ぜひ参考になさってくださいね。


スポンサーリンク



またずれの症状と原因!対策は?

まずは、またずれについて押さえておきましょう。

「またずれ」は内ももの皮膚同士の擦れ合いや、

衣類との摩擦などによって起こる皮膚炎の総称です。

 

太ももの筋肉が発達しているスポーツ選手や肥満体型の人に起こりやすく、

中でも、汗をたくさんかく夏場に特に起こりやすいと言われています

汗をかいて皮膚がふやけると、摩擦の際のダメージがより大きくなってしまうからです。

 

またずれの症状としては、まず皮膚が赤く腫れてヒリヒリとした痛みや痒みが生じます。

それ以上に摩擦が続くと滲出液が出てきたり、

酷い場合には出血したりすることもあります。

慢性的にまたずれを繰り返していると、

その部分が色素沈着を起こす場合もあるので注意が必要です。

 

またずれを防ぐためには、内ももの皮膚同士の擦れと衣類との擦れを防ぐ必要があります。

方法の一つは、密着感のある肌着を身につけることです。

足の付け根から太ももにかけて広範囲にフィットする下着を身につけていれば、

皮膚同士の摩擦、皮膚と衣類との摩擦の両方を防ぐことができるのでオススメです。

 

また、マラソンなどのスポーツで太ももの皮膚同士が何度も擦れる場合には、

事前にテーピングなどで保護しておくことも効果的です。

また、ワセリンを塗布することで摩擦のダメージを減らすことができるので、

またずれ防止には非常に有効です。

 

普段の日常生活の中でも、汗で皮膚がふやけないようこまめに拭き取ったり、

吸水性のある下着を使用したりすることでまたずれの防止になります。

また、運動の際には摩擦頻度を極力少なくするよう気をつけることが大事です。

 

また、またずれにもさまざまな症状がありますが、その中でもより辛いのが傷の痒みです。

しかし、またずれがいくら痒くても絶対に掻いてはいけません。

掻いてしまうとその一瞬は楽になりますが、その後は炎症がより酷くなり、

また余計に痒くなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

続いては、辛いまたずれ症状の治療法について紹介していきます。


スポンサーリンク



続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2