どんな季節でも、

サッと食べられるおにぎりは

定番のお弁当ですよね!

 

夏の暑い時期でも

職場や学校で食べたり

夏休みのおでかけにもピッタリ。

 

そんな、みんなが大好きなおにぎりですが

夏場は食中毒が心配になることも・・

 

いつでも美味しく、安心して食べたい!

 

今回は、夏のおにぎりの保存方法や

夏場でも安心して食べられる方法を

ご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



おにぎりは夏に常温保存で何時間持つ?保冷剤は必要?

あまり腐るイメージのないおにぎりも

注意しなければ

傷んでしまう食べ物です。

 

どんな食べ物でも、あっという間に

傷んでしまう、夏の暑い時期は

おにぎりも傷むスピードは早くなります。

 

おにぎりの常温保存で何時間大丈夫なのか

お弁当として持ち歩く場合

保冷材は必要なのかを

ご紹介したいと思います。

 

夏のおにぎりの常温保存

夏の常温保存と言っても

外の炎天下や暑い車内

クーラーの効いた室内など

条件は色々ありますよね。

 

おにぎりだけでなく

ほとんどの食べ物が

腐りやすくなる共通点は

気温が30℃~40℃

そして、湿度が高いこと。

 

この状態で、菌が繁殖しやすく

とても腐りやすい条件になります。

 

夏場は、外や暑い車内では

常温での保存しないことを

おすすめします。

 

また夏場の室内でも

温度は29℃~30℃と

高くなります。

 

できれば握ってすぐに

食べた方がいいのですが

最低でも、半日以内には

食べた方が安心です。

 

おにぎりを保存する時の温度は?保冷剤は必要?

おにぎりを、常温保存する場合

菌が繁殖しにくい温度の

10℃以下を目安に温度管理をしましょう。

 

しかし室内で、10℃以下というのは

なかなか難しいですよね。

 

その場合は保冷剤を上手く使うと

便利ですよ!

 

私がよくする方法は

 

おにぎりを作った後

ラップに包んだおにぎりを

金属のトレイに乗せます。

 

金属トレイの下には

保冷剤を敷き一旦温度を下げます。

 

そして、保冷剤と一緒に

保冷バッグに入れて

お弁当にして持っていきます。

 

保冷剤は、溶け出すと水が出てくるので

ビニール袋などに入れておくといいですね。

 

また、冷やしすぎると

おにぎりはパサパサになるので

冷やしすぎも注意してください。

 

腐りにくいおにぎりの握り方

いくら温度管理に気を付けていても

素手で握っては、菌がおにぎりに

いっぱい付いてしまいます。

 

おにぎりの食中毒の原因は

握った人の手についている

黄色ブドウ球菌が原因の可能性が高くなります。

 

黄色ブドウ球菌は

10℃以上で繁殖しやすくなります。

 

菌が増えると

食中毒の原因となる

「エンテロトキシン」という

毒素を作りだします。

 

このエンテロトキシンが付着した

おにぎりを食べると2~3時間ほどで

激しい吐き気、嘔吐、下痢などを

引き起こします。

 

そうならないためにも

素手で、おにぎりは握らず

ラップを使うなどして握りましょう。


スポンサーリンク



関連記事:ポメロとはどんな果物?栄養や食べ方も詳しく解説!

おにぎりは夏は冷凍が便利?

夏のおにぎりの持ち歩きは

食中毒の心配がありとても怖いですよね。

 

そんな時に冷凍したおにぎりを

持っていくことをおすすめします。

 

余ったご飯と同じように

冷凍庫に入れて冷凍するのですが

ちょっとしたコツを掴めば

美味しく食べることができます。

 

おにぎりを冷凍する方法や

解凍方法をご紹介したいと思います。

 

おにぎりの冷凍方法

1、熱々のご飯をラップに乗せ、おにぎりを握る。

 

2、ラップのまま粗熱を取る。

 

3、フリーザーパックに入れて

冷凍庫に入れ冷凍する。

 

ポイントは

 

熱々のご飯のまま握り

湯気まで一緒に包むこと。

 

粗熱が取れたら

すぐに冷凍庫に入れて冷凍すること。

 

湯気を一緒に閉じ込め

完全に冷める前に冷凍すると

解凍した時に、ふっくら美味しい

握りたてのような、おにぎりが復活します。

 

ちょっとしたコツで

美味しいおにぎりが食べられますよ。

 

おにぎりの解凍方法

冷凍したおにぎりは自然解凍だけでは

パサパサして美味しくありません。

 

職場や学校などに

電子レンジがある場合は

冷凍して持っていきましょう。

 

解凍方法は

 

1.冷凍のまま保冷バッグに入れて持っていき

電子レンジで温める。

 

2.持ち歩きの時間の間に自然解凍されたものを

電子レンジで温める。

 

どちらも大丈夫ですが

しっかり中まで温めてください。

 

中の方だけ冷たかった!なんてことも

あるので気を付けてくださいね。

続きは次のページへ

PAGE 1 PAGE 2