夏と言えば海!山!そして川!

暑い日は冷たい水の中で体も気持ちもスッキリさせたいですよね。

 

昔はよく川で飛び込みをしている人を見かけましたが、

今も飛び込みができる川はあるのでしょうか?

 

今回は、関東で飛び込みができる、

おすすめの川遊びスポットをご紹介します。

東京から栃木、群馬まで様々な場所で飛び込みが楽しめますよ。

 

また川遊びに必要な持ち物や、

飛び込みの際に注意したいことも書いていますので、

川遊びの参考にしてくださいね。


スポンサーリンク



川遊びの持ち物や飛び込みの際の注意点

川遊びの持ち物

まずは川遊びの持ち物を確認しましょう。

川に入る際に必要なのは、

 

水着

ウォーターシューズ

ライフジャケット

ゴーグル

タオル

着替え

 

です。

川の底には石がたくさん。

尖った石でケガをする危険もあるので必ず靴を履きましょう。

サンダルでは脱げて流されてしまうこともあるので、

きちんと固定できるウォーターシューズ(マリンシューズ)がオススメです。

 

また、深い・流れが速いなどの危険がない場合も、

万一のことを考えてライフジャケットを装着すると良いです。

 

川から上がった時に体を拭いたり

冷えた体を包んだりするためのタオルも忘れてはいけません。

川にはいる時は水着に着替えますが

洋服が濡れてしまった場合を考えて、

予備の着替えも準備しておきましょう。

 

夏は暑いので、熱中症対策も必要です。

帽子

ラッシュガード

飲み物

などでしっかり暑さ対策を行ってください。

川に入っているから大丈夫!という訳ではないので気を付けてくださいね。

 

更に、持って行くと良いものをして挙げられるのは

救急セット

保険証

日焼け止め

虫よけスプレー

浮き輪や水鉄砲などの遊び道具

です。

 

水遊びの道具があると子供も楽しむことができますが、

ビニールボールは流されてしまうこともあるので

川には持って行かない方が良いでしょう。

 

安全に楽しむため、怪我や熱中症、

冷えによるトラブルが起こらないよう、

服装や持ち物をしっかりと確認してから出かけてくださいね。

 

川遊びで飛び込みをする際の注意点

持ち物が揃ったらいざ川へ!

でも待ってください。

川で飛び込みをする際の注意点、知っていますか?

知っている人は再確認、

知らない人は行く前に必ず覚えてくださいね。

 

ルールを守る

当然ですが、施設や管理者の決めたルールには必ず従いましょう。

ルール違反は事故や怪我に繋がります。

当然、飲酒しての飛び込みは禁止です。

 

またそもそも飛び込みを禁止している場所では飛び込まないでくださいね。

ルールになくても、もしもの時のことを考えて

ヘルメットやライフジャケットなども着用しておくと良いかもしれません。

 

周囲を確認

川へ飛び込むにはそれなりの深さが必要です。

充分な深さがあるか、

飛び込んだ先(水中にも)に岩など危険物がないか、

更に周りに人がいないかもしっかり確認しましょう。

 

危険行為は禁止

ついついテンションが上がってしまうと、

バック転などの安全でない飛び込み方をしたり

頭から飛び込んだり、複数人で飛び込んだり…と危険行為に走りがち。

 

水場でふざけるのは怪我だけでなく、

最悪の場合命に関わる事態を起こしかねません。

危険な飛び込み方は絶対にやめましょう。

飛び込む時は足から、を徹底してください。

 

危険を察知する

普段は大丈夫な川でも悪天候などにより、

増水したり流れが速くなったりすることもあります。

危険だと感じたら飛び込むのはやめましょう。

 

そうでなくても飛び込むときに恐怖を感じたら、

雰囲気に流されて無理をせず、

飛び込むのはやめてくださいね。

 

以上が飛び込みの際に注意したい点です。

飛び込みは楽しいですが、

事故が多発しているのも事実です。

 

そもそも水遊びは気を抜くと思わぬ危険に巻き込まれがち。

「自分は平気」

「ちょっとくらいなら大丈夫」

という考えは捨ててくださいね。

 

事故が起きると自分はもちろん大変ですが、

その場所での飛び込みが禁止になり

ルールを守って安全に飛び込みをしたい人たちの

楽しめる場所を奪ってしまう事にもなりかねません。

 

大切な命を守るため、

そして貴重な遊び場をなくさないためにも、

注意点をしっかり頭に入れておきましょう。


スポンサーリンク



関東の川遊び飛び込みおすすめスポットは?

では、いよいよ関東の飛び込みおすすめスポットをご紹介します。

今回ご紹介するのは9か所!

都内から北関東まで色々な場所に飛び込みを楽しめる川がありますよ。

早速見て行きましょう!

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット①鳩ノ巣バンガロー(東京都西多摩郡)

 

 

View this post on Instagram

 

sayaさん(@ogino94)がシェアした投稿

 

東京駅から約2時間、JR青梅線「鳩ノ巣駅」から徒歩5分の場所にある

鳩ノ巣バンガロー。

 

バンガローへ行く途中の木の橋が

飛び込みスポットとして人気を集めています。

高さは4メートルほどで、大人も危険なく飛び込めます。

 

川遊び以外にもバンガローでの宿泊はもちろん、

道具があるので手ぶらで日帰りバーベキューも可能です。

 

公式サイト:http://www.hatonosu.com/

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット②伊奈キャンプ村(東京都あきる野市)

 

 

View this post on Instagram

 

Kiyoko Yoshidaさん(@kiyokoy_613)がシェアした投稿

 

こちらも東京都のおすすめスポットです。

秋川渓谷沿いのキャンプ場で、目の前を流れる秋川の深瀬で

飛び込みを楽しむことができます。

秋川は川幅も広いので安心ですね。

 

伊奈キャンプ村も宿泊・日帰りバーベキューが選べます。

JR五日市線の「武蔵松戸駅」から徒歩10分、

東京駅から約90分の場所なので、日帰りでも充分遊べそうですね。

 

公式サイト:http://www.inacamp.jp/

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット③氷川キャンプ場(東京都西多摩郡)

 

 

View this post on Instagram

 

なかやまゆうかさん(@yuyu_disney_0619)がシェアした投稿

 

東京駅から約2時間10分。

前述の鳩ノ巣バンガローより更に奥ですね!

JR青梅線「奥多摩駅」から徒歩7分の場所にあるキャンプ場です。

 

こちらは川幅が広く深さも充分なので、

飛び込みスポットが何か所かあるのが特徴。

高さ3メートルから5~6メートルまで、

飛び込みやすい場所を選ぶことができますよ。

 

しかし!氷川キャンプ場は川の流れが比較的穏やかなので、

小さなお子さん連れのお客さんも多くいます。

お子さんが真似しないよう、また事故につながらないよう、

しっかりと注意しましょう。

 

氷川キャンプ場はテント泊ができ、

バーベキューはもちろんですが

近くにお肉屋さんやコンビニもあるので、

キャンプが初めて!という方も楽しむことができますよ。

 

公式サイトhttp://www.okutamas.co.jp/hikawa/


スポンサーリンク


関東の川遊び飛び込みおすすめスポット④神之川キャンプ・マス釣り場(神奈川県相模原市)

 

 

View this post on Instagram

 

Satoshi Kawabeさん(@satoshi.kawabe.96)がシェアした投稿

 

続いて神奈川県。

飛び込みができるポイントのある神之川に面したキャンプ場です。

こちらでは川遊び以外にも、

釣りやマスのつかみ取りができることでも有名です。

ワンちゃんと遊びに来るお客さんも多くいますよ。

 

こちらのキャンプ場は残念ながら公共交通機関ではいけません。

日帰り利用500円、テント泊は800円からあるので、

色々な道具を持参して車で行くとお得かもしれませんね。

 

公式サイト:http://www.tanzawa.or.jp/~kanogawa/index.html

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット⑤豊英大滝(千葉県君津市)

 

 

View this post on Instagram

 

Akira Onoderaさん(@akira5300)がシェアした投稿

 

清和県民の森の中にある滝です。

飛び込みはもちろん、自然のウォータースライダーもあり

水遊びの穴場として密かに人気が高いスポットです。

ワイルドな遊びを楽しみたい人に特におすすめしたいですね。

 

清和県民の森には滝以外にもバーベキュー場やキャンプ場、

ロッジやスポーツ広場など施設が充実しているので、

家族皆で楽しむことができます。

 

公式サイト(清和県民の森):http://www.chiba-forest.jp/seiwa/

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット⑥せせらぎキャンプ場(埼玉県飯能市)

 

 

View this post on Instagram

 

山田健人 Kentさん(@yama_ken225)がシェアした投稿

 

せせらぎキャンプ場の側には埼玉県の清流「名栗川」が流れています。

名栗川は川幅が広く、浅瀬も深瀬もあるので

小さなお子さんも楽しく遊ぶことができます。

 

もちろん、川岸の岩からの飛び込みも可能!

3~5メートルの高さから飛べます。

このキャンプ場は、宿泊を子どもの団体、ファミリー、

カップルなどに制限しているので夜は静かに過ごせます。

 

公式サイト:http://seseragi-camp.com/

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット⑦大鳩園キャンプ場(埼玉県飯能市)

 

 

View this post on Instagram

 

Hiroshi Oshitaさん(@hiroshi_oshita)がシェアした投稿

 

こちらも名栗川での水遊びが楽しめるキャンプ場。

名栗警告沿いにある広いキャンプ場です。

 

バンガロー前にある高さ2メートルほどの木の橋から

飛び込むことができますよ。

もちろん流れの緩やかな場所もあるので、

お子さんも川遊びを楽しむことができます。

 

公式サイト(奥むさしガイドマップ):http://okumusashi.life.coocan.jp/obato.html

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット⑧大芦川「天王橋」(栃木県鹿沼市)

 

 

View this post on Instagram

 

acoさん(@acoooacooo)がシェアした投稿

 

東京駅から車で約2時間。

栃木県鹿沼市にある大芦川にかかる橋で飛び込みができます。

 

この「天王橋」は、大芦川の

「出会いの森総合公園オートキャンプ場」から

更に上流にある橋です。

 

天王橋からはもちろん、

橋付近の岩場からも飛び込みが可能です。

 

地元の子供たちもよく遊ぶ穴場的なスポットですが、

ポイントによってはかなりの高さがあるので

飛び込み上級者向けかもしれません。

初めての方は決して無理はしないでくださいね。

 

公式サイト:なし

 

関東の川遊び飛び込みおすすめスポット⑨神流の涼(群馬県多野郡)

 

 

View this post on Instagram

 

reiさん(@re_blue24)がシェアした投稿

 

こちらは群馬県。

関東一の清流とも言われる神流の涼では、

神流町観光協会主催で毎年夏に川遊びができるスポットを開設しています。

 

その中で飛び込みも楽しむことができます。

土日には川魚のつかみ取りや川流れの体験もできますよ。

 

神流の涼は利用料駐車料金のみ。

更衣室や休憩所は無料でとても良心的です。

 

美しい川で、お子さんも安全に遊べるのも嬉しいですね。

 

公式サイト(神流町観光サイト):

http://town.kanna.gunma.jp/kanko/index.php?page_id=86


スポンサーリンク


最後に

今回は、関東で飛び込みができる

おすすめの川遊びスポットを9か所ご紹介しました!

電車で日帰りできる場所にも飛び込みスポットがあるので、

忙しい方も休日を利用して足を運べそうですね。

 

時間のある方はバーベキューなども楽しみつつ、

のんびりとキャンプを楽しむのも良いかもしれません。

 

飛び込みが可能なスポットでもルールを守り、

安全面に充分考慮しながら遊びましょう。

 

準備が整ったら、楽しい川遊びへ出発!

仲間と、家族と、大切な人と、最高の思い出を作って来てくださいね。